« Cari kerja ジャカルタ求人サイト | トップページ | ひっそりあったバライ・プスタカ »

2011年4月18日 (月)

National Geographicネシア版

だいぶ前、日本に戻る日、スカルノハッタの雑誌・コーナーで上記の雑誌を買ってみた。店の人がインドネシア語ですよと注意してくれた通り中身は全てインドネシア語、おまけに付録が二つ付いておりこれもインドネシア版に直している。大したものである。ちなみに近くのieonイオンの大型書店に出かけたが日本版は置いていなかった。00img_0001


付録の一つは「70億人の顔」と言うタイトルの、新聞紙見開き2枚大の上質紙に7,000人の人間の姿がびっしり、その濃淡で人間の顔が浮き出る仕掛けの作品である。 2011年地球上の人口は70億に達し標準的生活の人々の比率も今までの最高となるが、たった2%の人口で世界の富の50%以上を保有すると言う不平等は未だ続く。
2050年には地球は90億人の人間であふれ、益々増える人間の安寧と地球の行く末を守るにはどうすべきかの挑戦に立ち向かわねばならない。70億の人口で10億が年収Rp108.85 百万の国々が占め、次の10億は中の上(35.22から108.85)、次が40億のグループで年収Rp8.91-35.22百万、最下位が10億、年収8.91百万以下である。インドネシアの人口2.42億で「中の下」に属する。平均寿命は富裕国ほど高く男77歳、女83歳でインドネシアは男69歳、女73歳で中の上に属する。以下次の様に記載する。
5歳以下での死亡率 
最下位国12%-中下 6%(インドネシア3%) 中上 2.4%-富裕国 0.7%
清潔トイレ アクセス: 35%-50%(都市67%、村36%)-84%-99%
流行病死亡者:36%-14%-11%-7%
非文盲リテラシー:66%-80(91)-93-98%
婦人出産:4人-3(2.4)-2-2人
移民出入1000人当たり:-0.58人(出超)--0.36(-1.23)--055-2.57人(入超)
固定電話100人当たり:1-14(14)-22-46
携帯電話100人当たり:22-47(65)-92-106
インターネット利用100人当たり:2.3-13.7(12)-29.9 -68.3
自動車1,000人当たり:5.8- 20.3(42) -125-435
どうもインドネシアはデータが古いかもしれない。

|

« Cari kerja ジャカルタ求人サイト | トップページ | ひっそりあったバライ・プスタカ »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: National Geographicネシア版:

« Cari kerja ジャカルタ求人サイト | トップページ | ひっそりあったバライ・プスタカ »