« ガルーダから復興日本へ | トップページ | 花見とブリューゲルの徳目 »

2011年4月 5日 (火)

建設能力高いインドネシア

コタのファラテハンに行く場合、グランド・インドネシア/ガジャマダ/ピントゥブサールと渋滞ポイントを通るのは嫌なので、エスパルマン/アンケ/トゥバガス・アンケを通ってコタ駅に出る道を取ることが多い。 1月にこのトバガス・アンケを通っている時、陸橋建設が行われているのにぶつかった。
00p1300119t00p4020106t

そんなに渋滞する所ではないナとの印象を持っていたので、どうしてこの程度の道に作るのだろうと不審であった。この3月には完成、既に使用されていた。この道路自体が2級クラスの大きくない道なので路の中央に横たわる陸橋も狭いので予算は小さくてスンダであろう。 実際にカウントしていないがこの道は半年ぐらいで完成したのであろうか。 知らぬ間に出来上がった印象である。インドネシアもたいしたものである。現在市のあちこちでこのような陸橋建設が進んでいるが、建設による渋滞もちょっとの間故辛抱できるが、完成したらすぐ渋滞になるイタチごっこであろうか。 これも1歩1歩の前進のため必要な事だ。

|

« ガルーダから復興日本へ | トップページ | 花見とブリューゲルの徳目 »

ジャカルタ(人)の暇つぶし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 建設能力高いインドネシア:

« ガルーダから復興日本へ | トップページ | 花見とブリューゲルの徳目 »