« Dapur Wisata の蚊よけ草 Zodiak | トップページ | UOBも迷惑、このタムリンのビジネス・ビル »

2011年4月12日 (火)

余震と原発へ対応

政府は福島原発事故を最悪の事故と言うチェルノブイリと同じレベルへのランク付けを発表した。世界から日本は楽観的だと言う非難の声に押されたのか、或いは想定外の不可抗力の事件として責任を弱める布石なのだろうか。我々にとっては一歩も解決にはならない。 どちらがひどいかでなく、我々が予測しえない最悪の事件は何か、その回避のシミュレーションを明示する事である。
一時的生活資金にも予算がでなく、義捐金を充てにするようでは、強制避難も口だけで人々を追いやり、避難の人々を一層苦衷に追いやるだけである。自衛隊は国民の自衛隊であるとすれば、政府のやったことで人々を力づけたものはない。
世界からも正しい情報がない、修復が後手後手だと非難されっぱなしであるが、この余震続きの中、どれだけ修復を難しくしているか、そう言うことも理解させる情報伝達が必要だ。この難しさを知らない国には乱暴だが、実際に体験してもらい、或いはやってもらう事だ。昨日からの余震は30回以上だろうか。余震と言うより本心である。
風呂をするとか何をするとかも出来ず、頭は常時ふらふらである。きっとこれでプレートがきれいにたたまれ5,000年はもう、ずれたりすることはないのではないだろうか そのような気象学者の声を聞きたいものだ。

|

« Dapur Wisata の蚊よけ草 Zodiak | トップページ | UOBも迷惑、このタムリンのビジネス・ビル »

ジャカルタ人の日本日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 余震と原発へ対応:

« Dapur Wisata の蚊よけ草 Zodiak | トップページ | UOBも迷惑、このタムリンのビジネス・ビル »