« Falatehanはワリソンゴ | トップページ | Buddah Barはギャラリーへ »

2011年4月24日 (日)

Tudung Groupガルーダのスナック

00gery20odonuts20chocomilksmall_c_2


Garuda Foodの経営者が雑誌Globeで取り上げられた。航空会社ではないがインドネシアの代表的菓子・スナックメーカーで、経営者は2代目のSudhamek 、54歳である。既に売り上げは2009年で4兆を越え、今後特に世界の市場の6割を占めるアジアで飛翔する為、2015年までに20兆ルピアを目指している。過大としてネットワーク作りの為にもアジアのネットワーク作りとして世界的戦略的パートナーとの提携を計画している。世界に通用するブランド作りである。1958年設立のGaruda Foodグループは持ち株会社Tudung Groupの傘下に属し、ピーナッツ、ビスケット、ジェリー、チョコレート、飲料水など、全国11工場で作っている。従業員18,000人、彼の夢の一つは会社を仏教の精神に根差した精神な者にするということのようだ。
Tudung Groupaは売上高は2008年 272m$で全国68位の売上高であったが、現在はその倍の規模であり、同じく、Sudhamek AWS自身、2010年資産$218Mでインドネシアの富豪第68位である。

|

« Falatehanはワリソンゴ | トップページ | Buddah Barはギャラリーへ »

現代企業・人物フーズフー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Tudung Groupガルーダのスナック:

« Falatehanはワリソンゴ | トップページ | Buddah Barはギャラリーへ »