« 余震と原発へ対応 | トップページ | BKTはどこを通る »

2011年4月13日 (水)

UOBも迷惑、このタムリンのビジネス・ビル

00p4020064
00p4030127

タムリンがスディルマン通りに代わるジャカルタ一のメーンストリートに立つビルが改装中である。知らずのその傍を通った時車の上から投げ網をかぶされたような錯覚に陥った。改装中のビルの塵芥飛散防止ネットが風で覆いかぶさったのである。こんな工法が認められるのであろうか。日本帰国前の1週間で2~3回、ここを通ったが改善はされてなかった。 ロケーションはいいのでここに中規模のビルではもったいないが、改装状況を見ると建て替えではないようだ。 
00dsc01564


元々あったビルは、印象薄いが写真を探して見るとかろうじてあった。隣の高層UOBビルと比較すると貧層である。特徴は正面に窓がない設計である。なるほど窓を作るのかなと思われるが今頃どうなったであろうか。 名前がないのでとなりの立派なビルのUOBについて書くと、UOBは元Buana Bankであるが現在はUOBグループが99%以上で従い上場も離脱している。 ランキングも上位でジャカルタでもあちこちに支店を見かける。UOBとはUnited Overseas Bank(大華銀行)シンガポールで世界堂々100位である。100位内にはインドネシアの銀行はない。

|

« 余震と原発へ対応 | トップページ | BKTはどこを通る »

現代企業・人物フーズフー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: UOBも迷惑、このタムリンのビジネス・ビル:

« 余震と原発へ対応 | トップページ | BKTはどこを通る »