« トルノジョヨの名所 | トップページ | 裕福な南ジャカルタ市庁舎 »

2011年5月25日 (水)

BP-7の所在

政府官庁の略語を続けるとBP-7で思い出すのはちょっと?古いがBPUPKIである。これは日本語では独立調査会と言うのでBadanではないと思うとやっぱりBadanで次の様にいう。
BPUPKI : Badan Penyelidik Usaha-usaha Persiapan Kemerdekaan Indonesia
日本軍の敗北決定的な時代に日本軍の手で独立を達成させるために設置されたもので設置は1945年4月29日、委員長はRadjiman Wediodiningratで、ここからパンチャシラ宣言が生まれ独立後の1945年憲法が生まれた。スカルノがパンチャシラ宣言を演説したのは現在のグドゥング・パンチャシラである。ジャカルタ市の保存史跡とし00bp2009_1101dsc08856


00pancasila_yoko


てここは登録されているがその隣だと思うがGedung BP-7も登録されているのである。
• Gedung Departemen Luar Negeri (Volksraad, Gedung Pancasila) Jl Taman Pejambon No 6
• Gedung BP 7 Jl Taman Pejambon No 2
どちらもごっちゃで論じているものもあるが、別物だとおもわれる。今日はいい写真がないがこれがグドゥング・パンチャシラの隣のBP-7の筈だが。。

|

« トルノジョヨの名所 | トップページ | 裕福な南ジャカルタ市庁舎 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BP-7の所在:

« トルノジョヨの名所 | トップページ | 裕福な南ジャカルタ市庁舎 »