« ウオータールー・プレインの疑問 | トップページ | MoojenとBerlage »

2011年5月 2日 (月)

インドネシア・トップお菓子メーカーMayora

1977年兄弟でお菓子会社Mayora Indahをジャカルタで設立、既に上場を果たしている。
スナック、ビスケット、チョコレート、ワッファー、ぺパミントが主力商品であるが最近は米飯・メンのカップ・フードにも進出している。売上はインドネシアの消費者の旺盛な消費需要に支えられ毎年順調な伸びである。2009年 4.8兆、従業員6,200人、株価は2010年で3倍と急伸した。
先のGarudaFoodと比較するとグループもオーナーJogi Hendra Atmadjaの資産も若干上を行く。以下のブランドは聞いた事がある。Roma、Kopiko、Kis、Beng-Beng、Torabika、Vitazone、こちらは写真が撮れない。ウェブサイト利用の優劣差は大きいかもしれない。

|

« ウオータールー・プレインの疑問 | トップページ | MoojenとBerlage »

現代企業・人物フーズフー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インドネシア・トップお菓子メーカーMayora:

« ウオータールー・プレインの疑問 | トップページ | MoojenとBerlage »