« ガルーダの決算は好調 | トップページ | Kongres Bahasa インドネシア語の発展 »

2011年5月 8日 (日)

アセアン・サミットと元ヒルトン

00p5070029


昨日・今日とジャカルタはアセアン・サミット会議が行われ、空前の警戒態勢だと言われていたのであるが街を動いても殆どその緊張はなかった。1976年から行われるようになったサミットはもう第18回目で最近は年2回も行われている。2015年の共同体設立に向かって急ピッチと言う感じである。今年はインドネシアが輪番国で10月にバリでも開かれる。昔コンベンションホールに行く地下の近道が元ヒルトン(今スルタンホテル)から行けるように有ったと聞いていたので探して見たのであるが、これはスハルト時代のもので秘密の近道だそうで発見は出来なかった。スルタンホテルはお客の姿を見る事も少なくな閑散としていた。
00p5070016


その理由の一つがその名前の変更なのか知らないが中庭のジャワ・レストランは取り壊され、奥のバリ・コーナーの池辺のイタリヤレストランも廃業、日本館はちゃんとやっているものの、このバリ・コーナー(?)の当たりは憂愁をただよさせている。

|

« ガルーダの決算は好調 | トップページ | Kongres Bahasa インドネシア語の発展 »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アセアン・サミットと元ヒルトン:

« ガルーダの決算は好調 | トップページ | Kongres Bahasa インドネシア語の発展 »