« Bandengとの出会い | トップページ | 懐かしいP4とSARA »

2011年6月14日 (火)

バタビア1930 (10) バタビアの海水浴

「海水浴が好きな人は朝一番の列車でタンジュンプリオクに行けば良い。海岸までは馬車等が借りられる。バタビアから東へドライブでは1時間である。海水浴場は河口にあり、コロコダイルも入ってこない様に仕切ってある。そこの海沿いに“Petit Trouville”がある。飢えとのどの渇きにはそこでリフレッシュできる。」
1930年のバタヴィア・ガイドの一節である。
Petit Trouville とはレストランであろうか。一昔前はシーフードレストランもあったが、その先代であろう。確か古い写真もあったはずだが。Trouvilleトゥルーヴィルとはノルマンディー海岸にあるリゾート地で一世風靡したポスター画家サヴイニャックの展示の美術館が有名である。

|

« Bandengとの出会い | トップページ | 懐かしいP4とSARA »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バタビア1930 (10) バタビアの海水浴:

« Bandengとの出会い | トップページ | 懐かしいP4とSARA »