« Taman Ayodia タマン・バリトーORマハカム | トップページ | ラワサリの緑地化の現状 »

2011年6月 5日 (日)

「インドネシア企業経営」4月号案内

インドマルコ社の月刊誌「インドネシア企業経営」2011年4月号を遅ればせながら紹介する。3-4月に発行されたインドネシアの会計・税務・輸出入手続き等の法令紹介など下記の目次の通りである。詳しくはメールアドレスrisa@indomalco.com又はwww.indonesialink.net/indomalco/に照会下さい。
1. 今月の経営情報・事例研究
  1 ) インドネシアの 今月の税務法令アップデート
  2 ) インドネシアの 今月の経済法令アップデート  
  3 ) インドネシアの 会計原則 141 (キャッシュ・フロー計算書 1)
  4 ) インドネシアの 新付加価値税申告書の修正方法の例示
  5 ) インドネシアの 通関サービス利用者の関税総局登録
  6 ) インドネシアの 水質管理・汚濁防止に関する政令
  7 ) インドネシアの 誤って過払いとなった所得税の還付申請書
  8 ) インドネシアの 保証のための保険証券を発行できる保険会社
  9 インドネシアの 賃金体系についての注意
  10 ) インドネシアの 原価計算の元帳システムのプロセス
  11 ) インドネシアの 中間層の爆発的拡大とその問題
  12 ) インドネシアの 今月の労働関連トピックス
  13 ) インドネシアの 過払いが不足となるVAT申告書の修正2法
  14 ) インドネシアの 刑事訴訟法の概要(3)
  15 ) インドネシアの 道路交通法の罰則規定
  16 ) インドネシアの 恒久的施設に対する帰属主義課税
  17 ) インドネシアの 首都の主な地方税と地方課徴金
 
2. 今月の政治・経済情報
  1 ) 2011年3月度 下旬 政治・経済トピックス
  2 ) 2011年4月度 上・中旬 政治・経済トピックス
  3 ) 物価・貿易2011年4月発表
 
3. 暮らしの随筆・その他
  1 ) 橋本政彦 「明日の街角64~漢字文化、言葉の力」 
  2 ) 広沢勉 「1960年代のジャカルタ」
  3 ) 西見恭平 インドネシア 今日は何の日 5月のクロニクル
 
4.今月の金融・経済関連データ
  1 ) 今月の月次経済指標 2010-2011トレンド
  2 ) 今月の会計・税務用換算レート
  3 ) 今月の為替株式金利の動き

ついでに3月号も
1. 今月の経営情報・事例研究
  1 ) インドネシアの 今月の税務法令アップデート
  2 ) インドネシアの 今月の経済法令アップデート  
  3 ) インドネシアの 会計原則 140 (収益 その2)
  4 ) インドネシアの 法人税申告書8A-1 財務諸表要約抜粋表
  5 ) インドネシアの BKPMが許可する外国駐在員事務所の開設
  6 ) インドネシアの ジャムソステック法令の変遷 アップデート
  7 ) インドネシアの 移転価格の事前確認の取得手続
  8 ) インドネシアの 一般輸入業者登録証 邦訳
  9 インドネシアの 今月の労働関連トピックス
  10 ) インドネシアの 所得税法 補足政令 その2
  11 ) インドネシアの ジャカルタ特別州の排水許可
  12 ) インドネシアの 刑事訴訟法の概要(2)
  13 ) インドネシアの 恒久的施設の税後利益の課税
  14 ) インドネシアの 医薬事業の認可
  15 ) インドネシアの 2011年33州・主な県/市の最低賃金一覧
 
2. 今月の政治・経済情報
  1 ) 2011年2月度 下旬 政治・経済トピックス
  2 ) 2011年3月度 上・中旬 政治・経済トピックス
  3 ) 物価・貿易2011年3月発表
 
3. 暮らしの随筆・その他
  1 ) 橋本政彦 「明日の街角63~深刻な危機から」 
  2 ) 広沢勉 「1970年代のジャカルタ」
  3 ) 西見恭平 「インドネシアの国会議事堂 その機能」
  4 ) インドネシア 今日は何の日 4月のクロニクル
 
4.今月の金融・経済関連データ
  1 ) 今月の月次経済指標 2010-2011トレンド
  2 ) 今月の会計・税務用換算レート
  3 ) 今月の為替株式金利の動き

|

« Taman Ayodia タマン・バリトーORマハカム | トップページ | ラワサリの緑地化の現状 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「インドネシア企業経営」4月号案内:

« Taman Ayodia タマン・バリトーORマハカム | トップページ | ラワサリの緑地化の現状 »