« サムパンに寄って菊川へ | トップページ | バタビア1930 (10) バタビアの海水浴 »

2011年6月12日 (日)

Bandengとの出会い

00p2110009


今年の2月、インドネシアからのお土産にBandengという魚の煮つけ風燻製を買った帰った。 もう昔から見かけたのであるが、なぜか目にとまったのである、プラスティックの袋はご覧の写真に撮っておいた所、昨日それが日本名サバヒ、英語名Milk Fishなることが酒のテーブルで話で判明した。 教えていただいたのはインドネシアの巨人と博学見識人のお二人である。肝心の話のポイントはミスしたが、東南アジアでは有名な食材で古くから美味でも有名なのでインドネシアから日本向けに出す養殖業のことだったであろう。日本の我が家では昔のインドネシアのイメージしかなく自分で食べる羽目になったが、サバの煮つけ風だったか味は忘れてしまった。それにしても昨夜の巨人と見識人の博学には舌を巻いた。

|

« サムパンに寄って菊川へ | トップページ | バタビア1930 (10) バタビアの海水浴 »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18815/40371578

この記事へのトラックバック一覧です: Bandengとの出会い:

« サムパンに寄って菊川へ | トップページ | バタビア1930 (10) バタビアの海水浴 »