« バタビア1930 (10) バタビアの海水浴 | トップページ | 「インドネシア企業経営」5月号案内 »

2011年6月16日 (木)

懐かしいP4とSARA

00bp7_trim


ウェブからの写真集に元BP7の建物の写真があったので紹介しておこう。併せてBP7のもじりに度欲おぢさんから修正が入った。Pergi PagiでなくBrangkat Pagiだそうである。つまりBrangkat Pagi、Pelang Petang、Pekerja、 Penhasilan, Pas PasanでまさしくB+Px7となる。
正式な方ははBadan Penyelenggara Pelaksanaan Pendidikan Pedoman Penghayatan Pengamalan Pancasila で後ろの4つを4Pとして4Pの講習会があったようだ。最近又この様な機関の設置を要望するような動きがある。
根拠はこの機関が無くなってSARAと言われる対立が又生じてきてアナーキーな動きが出てきたというものである。SARAとはsuku部族、 agama宗教、ras民族および antargolongan階級グループであるが、スハルト体制を脅かすであろう対立を表現したもので、まだこのような言葉が生きていた。BP7も国家による思想統一であるが、パンチャシラなど小中学校での歴史教育程度で十分なはずである。

|

« バタビア1930 (10) バタビアの海水浴 | トップページ | 「インドネシア企業経営」5月号案内 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

理想のP4はご指摘の通りですが、実際には
Pemimpin
Pergi
Pegawai
Pulang
なんだそうです。
インドネシア人はごろ合わせが好きですね。

投稿: 度欲おぢさん | 2011年6月17日 (金) 00時10分

もうひとつ

Two in One: シャンプー
Three in One: ジャカルタの交通規則
Four in One: これは大人なら誰でも知っている
Five in One: これを知らなきゃインドネシア人じゃない。

投稿: 度欲おぢさん | 2011年6月17日 (金) 00時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしいP4とSARA:

« バタビア1930 (10) バタビアの海水浴 | トップページ | 「インドネシア企業経営」5月号案内 »