« あすは何の日 Bidan-Midwife | トップページ | 5月の投資環境関連トピックス »

2011年6月24日 (金)

曜日市のPasar Jumatはどこ

インドネシア情報ラインの「ジャンブレッ(上)」にPasar Jumatが出てくる。単に地名として出てくるわけで余り意味はない。 いわく
「たとえばタングランのビンタロ地区に住み、都内スディルマン通りの会社に通勤しているガマルの場合はこうだ。自分のオートバイにプレミウムガソリンを1万ルピア分入れておけば、一週間の通勤がほぼまかなえる。バスを使う場合だと、バスが通る往来までまず徒歩で行く。そしてパサルジュマッ(Pasar Jumat)やルバッブルス(Lebak Bulus)まで3~4千ルピアで乗合いに乗る。一回2千ルピアのメトロミニ(Metromini)を一度乗り継いで、やっとスディルマン(Sudirman)通りに。あるいはエアコン付きパタスバス(bis patas)だと乗り換えの必要はないが、一回6千ルピアを払う。」と言う通勤状景であるが、
00p6190113


ここに出てくるPasar Jumatはこの間運ちゃんが口にしたので覚えたのであるが昔ここには金曜だけ開かれる市場があったが現在は市場のかけらもなくなり地名だけが残ったと言う話であった。丁度ルバック・ブルスのターミナルのある近辺である。そこからPasar Jumatと名付けられた地下道がありジャラン・ジュアンダ(旧Ciputat Raya)に続く。
ジャカルタにはこのような地名はあちこちにある。Pasar MingguやPasar Senen、Pasar Reboがパートナーである。どうもオランダ時代からあったと思うが。。


|

« あすは何の日 Bidan-Midwife | トップページ | 5月の投資環境関連トピックス »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

またまたお邪魔虫。

ジャカルタ圏にあるpasarという名前がつく地名は火曜日と土曜日以外はすべてあるようです。
Pasar Minggu(日曜市場)は南ジャカルタ市に
Pasar Senen(月曜市場)は中ジャカルタ市に
Pasar Rebo (水曜市場)は東ジャカルタ市に
Pasar Kemis(木曜市場)はタンゲラン市の西にあります。
Tangerangの西に広がる工業地帯にご用のない方にはあまり知られてはいませんけど。
Pasar Jumat はご指摘の通り。

すばらしい日曜日を

投稿: 度欲おぢさん | 2011年6月26日 (日) 15時42分

友達に尋ねてみたら、火曜日と土曜日の市場がないのは、一週間にこの二日は商売が禁止されていたからだそうです。
ネパールは土曜日が休みなので、多分ヒンドゥー教の影響でしょうね。

投稿: 度欲おぢさん | 2011年6月26日 (日) 23時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 曜日市のPasar Jumatはどこ:

« あすは何の日 Bidan-Midwife | トップページ | 5月の投資環境関連トピックス »