« ガルーダ食品とサントリー | トップページ | ラマダン ようこそ »

2011年7月28日 (木)

インドネシアの15大観光地開発

00bromo_08_souhuwat_3


インドネシアの観光地でバリは独立国としてもやっていけるほど地力があるが、これと同じ様な観光地にしたいと言うのであろうか、文化観光省では15の目的地を設定し推進している。列挙してみると
1. Pangandaran (West Java),
2. Lake Toba (North Sumatera),
3. Komodo - Kelimutu - Flores (East Nusa Tenggara),
4. Java Promo - Borobudur (Central Java),
5. Bunaken (North Sulawesi),
6. Lake Batur (Bali),
7. Rinjani (West Nusa Tenggara),
8. Kota Tua (DKI Jakarta),
9. Toraja (South Sulawesi),
10. Bromo - Tengger - Semeru (East java),
11. Raja Ampat (West Papua),
12. Wakatobi (Southeast Sulawesi),
13. Tanjung Putting (Central Kalimantan),
14. Derawan (East Kalimantan),
15. Sabang (Aceh)
である。バリもLake Baturが上がっているので.少し狭い地区を言うのであろう。
00may_09_batavia_150


ジャカルタはKota Tuaで去る22日、関係者が集まって推進母体が発進した。予算がつかないとだめであろうが全ての関係者がアイデアと資金を持ち寄ってと言う感じである。ちなみにインドネシアには50もの国立公園がありその内下の6つが世界遺産である。
ボロブドゥル寺院遺跡群、ウジュン・クロン国立公園、コモド国立公園、プランバナン寺院群

サンギラン初期人類遺跡、ロレンツ国立公園、スマトラの熱帯雨林遺産

写真はブロモ、世界遺産クラスである。

|

« ガルーダ食品とサントリー | トップページ | ラマダン ようこそ »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18815/40989108

この記事へのトラックバック一覧です: インドネシアの15大観光地開発:

« ガルーダ食品とサントリー | トップページ | ラマダン ようこそ »