« シティホールから歴史博物館へ 日本軍も接収 | トップページ | メンテン31も接収 »

2011年7月16日 (土)

ルーテルの3大原理

002010jan24dpr_tebet_082


「世界一のクマヨランのメシア・カシドラル」の教会のドームの鉢巻きに文字が書かれているのを知っていながらブログで後回しにした。読める範囲で読むとそこにはSola Scriptura、Sola Gatia、 Sola Fide, Kasihi Allahmu dan Sesamamu、Solus Christusとある。なんとか今日は意味が判りそうだ。最初のSolaはOnlyという意味で
ScriputuraはScripture聖書、次のGratiaはGracia 恵み、FideはFaith 信仰でいずれもラテン語ながらフムムトと言える。次はインドネシア語だからその通りである。最後にまたラテン語であるがキリストの救い的な意味が感じられる。
最初の三つを一つにしてOnly Oneと言うのはプロテスタントの教義、ルーテルの三大原理である。免罪符に象徴された善行なければ天国に行けないと説いたカトリックの乱れに対し信仰こそが救いの道と言った教義なのである。
それぞれがOnlyでなく三つが一つのものの様でSola Fideで全部を代表する事が多い。

|

« シティホールから歴史博物館へ 日本軍も接収 | トップページ | メンテン31も接収 »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18815/40842170

この記事へのトラックバック一覧です: ルーテルの3大原理:

« シティホールから歴史博物館へ 日本軍も接収 | トップページ | メンテン31も接収 »