« 場末のシーフードSantiga | トップページ | インドネシアの15大観光地開発 »

2011年7月27日 (水)

ガルーダ食品とサントリー

4月に「Tudung Groupガルーダのスナック」としてインドネシア食品大手のTudung Groupのガルーダ・フードを取り上げ、彼らの世界ネットワーク作りの戦略を紹介したがそのパートナーがなんとサントリーだったことが判明した。7/15のニュースで サントリーがこの会社と合弁を設立した事が報道されたのである。サントリーは、子会社のサントリー食品インターナショナルでこの地場ガルーダ・フードと合弁で清涼飲料事業を開始すると言うのである。ガルーダの清涼飲料は健康飲料 Super O2があるが、この合弁はサントリー側が51%出資と言うのでサントリーの飲み物を展開するのであろう。
プレスリリースを今読むとガルーダの清涼飲料はオッキー(ゼリー飲料)、マウンティー(茶飲料)らしく最初はこれらガルーダの飲料水をこの合弁に移しサントリーブランドの展開は将来の様である。国内販売会社はガルーダグループの販売会社(これにもサントリーがシェア―取得)が行うのでガルーダのSudhamek社長の思う坪なのであろうか 

|

« 場末のシーフードSantiga | トップページ | インドネシアの15大観光地開発 »

現代企業・人物フーズフー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガルーダ食品とサントリー:

« 場末のシーフードSantiga | トップページ | インドネシアの15大観光地開発 »