« ISCI 国際スポーツクラブ | トップページ | タマン・シスワは現代にも »

2011年7月 1日 (金)

イ投資はこのように トップのネスレ

ネスレが相次いでインドネシアへの投資を増強している。今月カラワン(西ジャワ)にミルク工場で1億ドルを投じるニュースがあった。この工場は来年稼動予定だがさらに1億ドル投じて増強計画も持っている。昨年1億ドル投じてクジャヤン(東ジャワ)のミルク工場を増強したばかりだから合計3億ドルと巨額である。
ネスレとは昔ネッスルの名前で有ったが、1994年本社のフランス語読みに変更したそうで、ネスカフェの違いが判るでコマーシャルには辟易したものである。ネスレはスイス人のアンリ。ネスレが1866年にベビーフードを手掛けたことから時流の波に乗りミルク、チョコレート、ミネラル分野でM&Aを繰り返し世界トップになった本社スイスの企業である。
先般アジアにおけるプレゼンスを中心に世界のトップ食品企業をリスト(①位 Unilever 56438、②PepsiCo 39,474、③Kraft Food 37,241、④CocaCola 28,857、⑤Danone したが世界ランンクではトップのユニリーバを圧倒しているのがこのネスレなのである。Webによると
1位 ネスレ (9342億円)
2位 ユニリーバ (5224億円)
3位 ペプシコ (3979億円)
4位 クラフトフーズ (3854億円)
5位 コカ・コーラ (2939億円
で大事な1位が漏れているだけで5位迄は変わらない。

|

« ISCI 国際スポーツクラブ | トップページ | タマン・シスワは現代にも »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イ投資はこのように トップのネスレ:

« ISCI 国際スポーツクラブ | トップページ | タマン・シスワは現代にも »