« DephankamのSudirmanとSumoharjo | トップページ | 場末のシーフードSantiga »

2011年7月24日 (日)

ユニレバーも投資活発

前回世界トップのネスレのインドネシア投資に驚いたが世界第2位のUnileverも負けてはいない。現在スラバヤ工場建設に4兆ルピアを投資推進中であるが更なる建設計画もある。(中身は未公表)、これは2012年迄のユニレバーの5億ドルの投資計画の一環である。

スラバヤ工場は石鹸の生産、チカランではSkin Care用品を担当する。ユニレバー・インドネシアの売上は2010年20兆ルピアで、利益は3.4兆であった。 この7月SWA社のBest Public Companies 2011を受賞している。

このような複合消費財大企業は何を作っているか良く知らない事が多いが将に手にするブランドを良く見ると知らないまま使っているのが多い。食品では、Bango ケチャップ, Blue Bandマーガリン? 、Buavitaフルーツジュース、Royco、Sari Wangi、Taro Snack Wall’s、個人・家庭日用品ではDove、Axe、Clear、Dove、Lifebuoy、Lux、Pepsodent、Pond's、Citra、(どちらもSkin Care)、Rexona、Sunsilk、Vaseline、Rinso、Sunlight、Viso、Vixal、Wipolなど切りが無い。

|

« DephankamのSudirmanとSumoharjo | トップページ | 場末のシーフードSantiga »

現代企業・人物フーズフー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユニレバーも投資活発:

« DephankamのSudirmanとSumoharjo | トップページ | 場末のシーフードSantiga »