« 首都脱出・首都移転 | トップページ | 6月、未だ続くインドネシア投資 »

2011年7月10日 (日)

オランダのお金と技術で

ジャカルタとオランダを結ぶニュース2題
00110


一つはファタヒラーのジャカルタ博物館であるが、荒廃が激しいためオランダのお金で保存工事が始まることになった。提案書は既に出されたと言うが工事開始は2012年からで完了が2014年という。
2012年までは準備期間なのか、とにかく、エニー館長によると2014年迄閉鎖されるそうだ。何時からなのか4年間とは理解しがたい。

ジャカルタは地盤沈下と海水レベルの上昇が激しくジャカルタ湾岸防備戦略の調査によると203,0年には海の下になると言われている。提案としてはジャカルタに干拓地を作る事でそれには50km2もの広大な地域に海水の貯水池を作るため巨大な護岸の建設が必要になる。これこそオランダの技術が必要とされている。オランダの国際関係担当大臣は調査チームを派遣済みで4百万ユーロを準備に用意しており、20年内に終わらねばならないとの事である。

|

« 首都脱出・首都移転 | トップページ | 6月、未だ続くインドネシア投資 »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オランダのお金と技術で:

« 首都脱出・首都移転 | トップページ | 6月、未だ続くインドネシア投資 »