« タマン・シスワは現代にも | トップページ | 今さらのチマレメ事件 »

2011年7月 5日 (火)

パサジュマでは何のことやら

インドネシアの原発を調べている時、http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?の大論文の中に次の文章があった。「1965年に原子力研究所は大統領直属の機関である原子力庁(BATAN:Badan Tenga Nukir Nasional)に昇格し、原子力行政と研究開発を担当することとなった。その後、BATANは、(1)アイソトープ・放射線利用研究所(ジャカルタ・パサジュマ地区)、(2)原子力技術研究所(バンドン)、(3)ジョグジャカルタ原子力研究所―を中心として研究施設の拡充を図った。」
地名となるといざ行かねばならぬといきり立つ小生であるがパサジュマと外国語臭い地名には攻める手もなく沈黙していたのである。所が、先日の「パッサール・ジュマートはどこ」を書いた後だからかパサジュマとはパサール・ジュマートに違いないとひらめいたのである。
00p6190149


BATANは写真の通り、確かにPasar Jumatにあるからである。ここは2階建てを超える建物はないようで、見た目はさみしいが広大な敷地であるので放射能の心配はないであろう。
あの時引用した有名な筆者もジュマッとか必ず最後の子音を消してしまうがこれがいくつもあると訳が判らない。日本人は日本人らしく言語の発音は口の端にとどめ文体は文語体で行きたいものである。元々カタカナにするからイケないのであろうが、今もって吹き替えない英語の映画は理解できない小生のつぶやきである。


|

« タマン・シスワは現代にも | トップページ | 今さらのチマレメ事件 »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

九州大学同窓生、大分県立臼杵高校出身の戸川英二です。先日の同窓会でこのブログを知りコメントいたしました。現在は北九州市で不動産鑑定士をやっております。私も75才まで現役を続けるつもりです。機会がありましたらお会いしたいものです。

投稿: 戸川英二 | 2011年7月 5日 (火) 09時28分

>日本人は日本人らしく言語の発音は口の端にとどめ文体は文語体で行きたいものである。元々カタカナにするからイケないのであろうが、

同感です。これにさらに誤植が加わるともうめちゃくちゃ。
「タイルヘルミナ公園」と昭和17年発行の本にあったので、ジャカルタの古老に写真を見せて尋ねてみると、しばらく考えた末、「写真を見て、ウィルヘルミナ公園じゃないか」と。
今度はこちらがしばらく考えた末ようやく結論に達しました。
「タ」と印刷してあった原稿は「ヰ」の読み間違いだったんです。

同じ本に「 さあ、最初から難しい場所です。どこでしょうか?
 本の説明ではライスウエーク通りとあります。今のジャカルタコタ駅の近くかもしれません。
 早速、庵浪郎氏から連絡をいただきました。この写真はは今のJl.ZainalArifinと Jl.GajaMadahの交差点付近だそうです。(2003-3-14)

ところが、そうではなかったことが1921年ジャカルタ生まれのお年寄りから聞いてわかりました。
実は、この写真はパサールパルーの東側にあるJuanda駅南端の踏み切り(今は連続立体交差になっている)付近から西の方角を撮影したものでした。写真奥に続いているのが、Jl. Veteranで、右角にある商店の裏側は川です。
また左角にあるのが由緒あるホテルでしたが、いまではショッピングモールに変わってしまいました。(2006-5-13 Mr. Prawoto)
S6 10'05", E106 49'50"
今でも汚さはあまり変わっていないパサールスネン付近
カリ・ブサール。

日本人会館と日本人小学校はソーランウエにある。
現在の地名ではJl. KH Hasyim AshyhaiのKali Krukutにかかる橋の西詰めの南側です。(2006-10-02 石居日出雄さんから)
同氏のご母堂がここにあった日本人会の建物を1935年に改築して小学校を開校し、同氏はこの学校に1941年まで通学していた。
S6 09'56", E106 48'55"

この建物はLindetevesと呼ばれていたもので、再開発のために壊されてしまいました。場所は、ジャカルタコタ駅から北西に約500mの付近です。「ソーラン・ウエ」の「ソーラン」はChaulanと綴ります。
(2006-5-13 Mr. Prawoto)
「ソーラン・ウエ」のウエは道を意味するオランダ語のウエイのようです。

同じ本に「ビトゥン・クイチイル」とありましたのも理解に苦しみました。前後の文章を訳して伝えると、「それはPintu Kecil(ピントゥ・クチル)では」と。
ではでは。お笑いまで。

投稿: 度欲おぢさん | 2011年7月 6日 (水) 00時04分

ごめんなさい。字句を張り付けたつもりがページの文章を貼り付けてしまって。
この記事は上のリンクをご覧ください。

投稿: 度欲おぢさん | 2011年7月 6日 (水) 00時06分

[ヤシネドンイ、編バヤジ]はお宝ですね。
傑作集ありがとうございました。
chaulanはソーランと読むのですね

言い忘れましたが 「ジュマッ」と促音を入れると
最後の子音は何だろうと考えるので未だよいでしょうかなぁ。

戸川君メール入れましたよ

投稿: | 2011年7月 6日 (水) 10時59分

>言い忘れましたが 「ジュマッ」と促音を入れると
>最後の子音は何だろうと考えるので未だよいでしょうかなぁ。

最も日本語に近い発音はやはりジュマッでしょうね。ジュマットというとJumattoになってしまいますから。

先日火曜日と木曜日の名前の付いた市場がないとお知らせしましたが、Pasar Kemisというのがありました。語源を調査中です。

投稿: 度欲おぢさん | 2011年7月 7日 (木) 23時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パサジュマでは何のことやら:

« タマン・シスワは現代にも | トップページ | 今さらのチマレメ事件 »