« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月の投稿

2011年8月30日 (火)

夏逝く

ジャカルタがレバランに入った先週は日本では夏の終わりの夏祭りの最後であった。今年は江戸川や市川市の花火大会は取りやめになったが土曜の夜は墨田川の花火大会の夜であった。00p8270016


00p8270021


近くの町内会ではあちこちで子供達夏休みの終了を告げるべく小さな夏祭りが開かれている。町内の酒屋さんや全ての商店は奉納を要請される。 近くの和菓子メーカー菓子匠京山(きょうざん)さんなどトップの3万円であるが、周りには6-7個の町内会があるので付き合いで大変であろう。
京山は「明治神宮で行われる「全国菓道敬神会」において、ここの店主、佐々木勝さんが「練りきりの技」(明治天皇、昭憲皇太后へ奉献する銘菓を神殿前で作るという儀式)を行うなど、和菓子界では大変有名なお店です。」との紹介文が妙典地域情報Webにあった。
明日お菓子のお土産に合うかどうか見に行こう。
蝉もめっきり静かになった。足元から飛び立つ蝉がいたが多分木から落ちて休んだ後の最後のひと飛びだったのであろうか。 あちこちに8日目の蝉があおむけにあがいているのを目にする。 取り上げて木に載せてやるがじっと待つだけである。そばをアリが通るが見向きもしない。大きな楽器でも抱えて足腰がカスカスに弱まった蝉はアリ族のエネルギーにはならないらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年8月29日 (月)

ガトット・スブロト陸軍病院とウエルトフレーデン宮殿

00800pxweltevreden_country_house


先日のブログで、財務省横のKalilioの運河の話をしたが、その運河が出来たのは総督モッセルの時代(1735年)だと言うのには少し補足がいる。当時この辺りはスネン地区の開拓者であり地主であったJustinus Vinckが所有しており、この年にこの部分を購入したのが後に総督になるJacob Mosselで、かれがここWeltevreden宮殿を作ったのは1761年であった。 運河もその頃であろう。この宮殿はモッセルの死後次の総督Van der Parraが1767年に引き継いで更に繁栄を極めたが 19世紀になって1821年に宮殿は廃止された。
00p7300120


そしてこの地にオランダ政府は軍の病院を立てたがそれが現在のGatot Subroto陸軍中央病院(RSPAD)の源流である。場所はJl.Abdul Rahman Saleh 24 電話(3441008、 3840702)となっているがKalilioのスネン・ラヤ道路を挟んだ反対側になる。正面は本館に続く道が長い。
00p7300127


も一つ右の道を入ると本館からの出口(入口も?)やRumah Duka(弔問)や各種寮などがある。
スカルノ以下多くの将官が陸軍の力を信じて此処で亡くなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月28日 (日)

ジャカルタの高速道路建設計画 ブカシへ

00sep307_016


政府は、長い間暗礁に乗り上げている東ジャカルタ・ブカシ高速道路の開発業者・KKDMの支援に乗り出すとの報道があった。これはカンプン・ムラユからブカシ迄の21kmの計画線である。そう言えばこの間のラスナサイド下のアンダーパス水没騒ぎはこれと関連した工事が近くに有ったのであろう。スデルマンを超えるカサブランカ道路は大掛かりな道路工事中でありチプトラワールドからパクオン・ワールドに掛けてずっと工事中の様に感じる。 それの延長がジャティネガラでありカンプン・ムラユとなる。そこからブカシ迄、多分東洪水運河(BKT)に添って東進するものではないか 更にブカシとはどこか、多分他の高速道路に接続するとせばチクニルからの北進高速か西ブカシのチカンペック線につながるだろう。21kmは丁度この西ブカシで、ブカシと言うならせめてブカシの西端にタッチしないと言えないからである。
一方他のニュースソースによるとDKI政府は6つの高速道路計画、総延長75kmに40兆ルピアを予算化しており政府の許可を待っている。この6つの高速とはKampung Melayu-Kemayoran; Pasar Minggu-Casablanca; Kampung Melayu-Duri Pulo; Pulogebang-Sunter; Ulujami-Tanah Abang; 及び Semanan-Sunterとのことだ。これらはインターシティ故ブカシ線は中央線府案件となるのではないだろうか・。 公共事業省はジャカルタからスラバヤ迄の高速も2014年までに完工予定という。
どこまで確実なのやら。。ただ土地収用についての新法案が審議されておりこれが国会通過すると3ケ月で収用できるという。写真は関係ないが 南部のアウターリング。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月27日 (土)

金融危機再来への準備

昨日、インドネシアの財務相が企業の外貨借り入れの警報を発した。 弱くなったUSドルの為多くの民間企業がドルの資金調達に走っているようだ。インドネシアの債券も金利が高く且つインドネシアの経済耐靭性から海外からの投資家がインドネシア民間部門に金融を誘惑していることも大きい。
グローバルな世界経済の不安定さ、不確実さから外貨収入のない企業にとってはリスクは高いとしている。 投資家は世界経済スローダウンを懸念しており、欧米諸国の債務返済トラブルを契機とした金融市場での混乱を警戒しており、いつ逆流が始まるかのリスクは増大している。
これはバンク・インドネシアで行われた政府連絡会議で語ったもの。
外貨借り入れの動きは今年でもプルタミナの10億ドル、Medokoの50百万ドル、PLNは20億ドルがあり、政府も25億ドルの国債を発行したばかりである。
国の外貨借り入れは1997年当時は1300億ドルであったと記憶するが、現在は2,145億ドル(内859億ドルが民間)である。国民総生産の拡大でこの規模はGDP比26%(欧州諸国は70%)である。
将に1997年/1998年の金融危機の再来を懸念するものであるが、またのルピアのフリーフォールがありうるのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2011年8月25日 (木)

レバラン休暇も未だラマダン規制

00p7240109


もう今日・明日からレバランの長期休暇となる企業も多い。殆どの企業が9日間連休となる。
本当のレバランは8月30日、31日の二日間なのでそれまでは未だラマダンの規制が続く。
数日前か、ブロックMにも規制の手入れが入ったニュースが流れた。普通はニュースにならないほど頻繁に有るのだろうその日は警察とSatpol PPと南市役所の観光振興部署合同の50人体制であった。Raid(らじあ)にあったのはV カラオケ、M カラオケ、M ホテルとあったのでここから小生の推定が始まる。
Vで始まるカラオケは6月に閉鎖したあのカラオケしかないが閉鎖を確認しに来たのであろうか。ただ、Vそのものでなく前に冠詞が付いている。Mカラオケはいくつもある。B-Mに限るとMORE、Matusri、Melody、Mitsubachi、Maimuとなる。V カラオケに近いのはMaimuとなるが ニュースではオペレーション上の問題でなくDomicile Permitのチェックだとしていた。M ホテルは間違いなくMelawai Hotelである。ここには昔Pubがあったが今もあるのであろう。休業を命じられているのはnight club, discotheque, sauna, massage, pub及びbilliardである。Pubは悪いがカラオケがいいのはFamily Karaokeのおかげであろう。
写真の右端に「祭」が見える。その後ろMelawai Raya通りのMelawai Hotelである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月24日 (水)

GelaelはAmos & Cozy

00p7240114


昔、ブロックMのスーパー・グラエルのあった所は今はホテルである。名前はアモス コージ、意味は分からないが、Amos & Cozy、Hotel & Convention Hallと名付けられている。旅行会社のWebによると「全91室のゲストルームにはモダンなアメニティーが揃っています。その他のアメニティーとして、各客室内に禁煙ルーム, エアコン, 書斎デスク, バスローブがあります。また、ホテル内施設としてランドリー/ドライクリーニング, 24時間ルームサービス, 会議/パーティー設備を有します。ホテル内でスポーツ・レジャーを楽しみたいゲストはマッサージ, スパを利用することができます。ホスピタリティーに満足のいく滞在を望むのであれば、アモス コージー ホテル が提供する様々なサービスに満足するでしょう。」として日本円で4,860となっている。
Hotelのブロシュールによると更にFree Higy Speed Internet、Business Center、Jewellery Shop、Car RentalL、CDTV、Safty Box、Mini Bar。。一番安いClassic Room でRp770,000++である。 番地はMelawai Raya No.83-85 ,Tel 7280-1368である。
00p7250072


入ると何やら怖そうなお兄さんが立っていたりする。と言うのはここは未だ建築許可の問題で市と協議が出来ていないため未だグランドオープンしていないのである。従い上記アメニティも電話で確かめないとがっかりするかもしれない。本当かどうか、多分本当の様であるが団体がはいっており、その日はフル・ブッキングと言っていた。 バーの兄さんにオーナーの名前を聞いたが今は失念。婦人の名前であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月22日 (月)

terowonganの水はけ

00tanahbang_079


いつも雨の日、車でトンネルを通る時、いつもの疑問が湧いてきて自分ながらいつもいやになる。(いつもを強調したがそれは小生は今、日本だからである) 何歳なっても疑問は尽きぬが、このブログの動機であるから仕方ない。運転手にトンネルを通るかどうか指示するのにいつも言葉が判らずGelanggangとか叫んでいたが、これは運動場とかグラウンドの意味で辞書を引くとTunnelはTerowonganであった。
これでは語感が似ていて覚えられないはずだ。長いトンネルだけでなく渋滞防止のためのアンダーパスもTerowonganであることは昨日クニンガンのTerowonganでの浸水ニュースで確認できた。 このニュースはこのアンダーパスで浸水が起こり、ポンプトラックが6台出動し15回とか汲み上げている最中のニュースであった。原因はエクスカベーターが(工事でもしていたのであろうか) PAM水道のパイプを(トンネル内の?)掘り上げ引きちぎったからの浸水であった。パイプから出る水とパイプで吸い上げる水では互角に近いから何回やっても減らないのでは?と疑問が増え続ける。 パイプからの水は留めらる事が出来たと考えるしかないが、普通でもトンネルに入ってくる雨水はどうやって排水するので有ろうかとのいつもの疑問は解けなかった。
近くに河があるのでそこまで流すにも河の水位の方が高いので無理がある。今日の結論は自然の雨は地下水となって大地球が吸い取ってくれる自然の成り行きにまかしているとする。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月21日 (日)

立ち直れスーパーRimo

ジャカルタではミニマートやコンビニが流行っているが、それが少し大きいスーパーとなると元気がなくなる。 昔飛ぶ鳥を落とすHeroやMatahariあたりも心配だが、Ramayanaはうまくやっているようだ。 BlockMでお世話になったGraelは今どこにいってしまったのだろうか。Rimoも記憶にもあるが、小生の写真集には見つけられない。もう閉鎖の歴史に入っている。
Rimoは上場会社であるがこの2011年第一四半期の売上は63%も下落しほんの24億ルピアに過ぎない。理由は数少なくなった店舗の内 BogorとMenadoを閉鎖したからである。
0020100327_dsc00386


ジャカルタはGajah Mada Plazaにもあったが今はMatahariのHypermartに変わっている。インドネシアは中間層の着実な発展で消費需要に牽引され活況を呈しているがその一方で競争も激しい。中国とのFTA締結で多くの中国品が入って来ていることも一つの原因に上げる人もいる。 Rimoは衣料品中心であったが食品もなければスーパーと言えまい。インドネシアでは安いだけでは勝てなくおしゃれとトレンディを追求していかなければ飽きられてしまう。一旦飽きられたら一貫の終わりである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月20日 (土)

国内ドル取引禁止の通貨法

インドマルコ社の月刊誌「インドネシア企業経営」2011年7月号を遅ればせながら紹介する。当月に発行・入手したインドネシアの会計・税務・輸出入手続き等の法令の紹介など下記の目次の通りである。詳しくはメールアドレスrisa@indomalco.com又は k2433@ae.auone-net.jp或いはwww.indonesialink.net/indomalco/に照会下さい。
7月号には$取引などできなくなる通貨法が出ています。
2011年7月号
               
         
1. 今月の経営情報・事例研究 枚 頁
  1 ) インドネシアの 今月の税務法令アップデート 4 2
  2 ) インドネシアの 今月の経済法令アップデート   6 6
  3 ) インドネシアの 会計原則 145 (無形固定資産 1) 5 12
  4 ) インドネシアの 新NIKの取得手順 4 17
  5 ) インドネシアの 法人税の要約2008年(その2) 4 21
  6 ) インドネシアの 会社設立前に決めておくべき事項 5 25
  7 ) インドネシアの 公認鑑定人の登録と義務 3 30
  8 ) インドネシアの 通貨法 その1 7 33
  9 インドネシアの 税務調査に関する規則(その2) 7 40
  10 ) インドネシアの 建設業駐在員事務所の許可規定アップデート 5 47
  11 ) インドネシアの インドネシアと日本の外為法体系 広沢勉 2 52
  12 ) インドネシアの 今月の労働関連トピックス 2 54
  13 ) インドネシアの 旅行業の登録 2 56
  14 ) インドネシアの 宿泊施設提供事業の登録 2 58
  15 ) インドネシアの 2012年の祝日と一斉年休取得日 1 60
   
2. 今月の政治・経済情報  
  1 ) 2011年6月度 下旬 政治・経済トピックス メール配信 3 61
  2 ) 2011年7月度 上・中旬 政治・経済トピックス メール配信 5 64
  3 ) 物価・貿易2011年7月発表 メール配信 1 69
   
3. 暮らしの随筆・その他  
  1 ) 橋本政彦 「明日の街角67~忙中閑あり」  2 70
  2 ) 西見恭平 オランダ人の為のバタヴィア記念塔懐古 3 72
  3 ) 西見恭平 インドネシア 今日は何の日 8月のクロニクル 2 75
   
4.今月の金融・経済関連データ  
  1 ) 今月の月次経済指標 2010-2011トレンド メール配信 2 77
  2 ) 今月の会計・税務用換算レート メール配信 1 79
  3 ) 今月の為替株式金利の動き メール配信 1 80
      ニュース性のものについてはご希望の方にメール配信もしています。    
表紙写真:東ジャワ州マドゥラ島スメナップの王宮近くに建つ大マスジッドの正門。    


発行:PT. Indomalco Info Center
Plaza Sentral 3rd , Jl.Jend.Sudirman No.47,Jakarta 12930 Indonesia
TEL: (-62-21-)570-9767, 570-9768(直通), Fax:570-9769, 574-1923
Handphone:0816-726585, 0811-996071 E-Mail: risa@indomalco.com 主幹:西見、兼松
ホームペイジ:www.indonesialink.net /indomalco/


CORPORATE MANAGEMENT IN INDONESIA

月刊 インドネシア 企業経営

2011年6月号
               
         
1. 今月の経営情報・事例研究 枚 頁
  1 ) インドネシアの 今月の税務法令アップデート 3 2
  2 ) インドネシアの 今月の経済法令アップデート   6 5
  3 ) インドネシアの 会計原則 144 (キャッシュ・フロー計算書 3) 3 11
  4 ) インドネシアの 税務調査に関する規則(その1) 5 14
  5 ) インドネシアの 輸入急増に対するセーフガード措置 3 19
  6 ) インドネシアの 株式会社における年次株主総会 2 22
  7 ) インドネシアの 徴税令書 STP 3 24
  8 ) インドネシアの 日本食品輸入に求められる非放射能汚染証明書 2 27
  9 インドネシアの 改訂 許認可チェックリスト 3 29
  10 ) インドネシアの 法人税の要約2008(その1) 6 32
  11 ) インドネシアの 地方政府による投資許認可サービス 2 38
  12 ) インドネシアの 今月の労働関連トピックス 2 40
  13 ) インドネシアの 輸出港湾サービス業者の税務 2 42
  14 ) インドネシアの 土地の権利認定と不動産登記の管轄機関 2 44
  15 ) インドネシアの 化粧品産業 関連規則一覧 1 46
  16 ) インドネシアの 高所得層も拡大~インドネシア長者番付150 3 47
  17 ) インドネシアの 従業員の定期健康診断 3 50
   
2. 今月の政治・経済情報  
  1 ) 2011年5月度 下旬 政治・経済トピックス メール配信 3 53
  2 ) 2011年6月度 上・中旬 政治・経済トピックス メール配信 4 56
  3 ) 物価・貿易2011年6月発表 メール配信 1 60
   
3. 暮らしの随筆・その他  
  1 ) 橋本政彦 「明日の街角66~スーパーコンピューター「京」」  2 61
  2 ) 広沢勉 蘭印時代の石油産業 2 63
  3 ) 西見恭平 インドネシア 今日は何の日 7月のクロニクル 2 65
   
4.今月の金融・経済関連データ  
  1 ) 今月の月次経済指標 2010-2011トレンド メール配信 2 67
  2 ) 今月の会計・税務用換算レート メール配信 1 69
  3 ) 今月の為替株式金利の動き メール配信 1 70

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2011年8月19日 (金)

Kalilioの歴史

運転手たちのモスクのある道として紹介したスネンラヤ4通りは(  )してKalilioと地図には記載がある。Kaliであるから運河があったのであるが、それは総督モッセル(1735年頃)の時代の話である。ダンデルス宮殿より以前にここに宮殿があったのであるが,ウエルトフレーデンの名前の元になったウエルトフレーデン宮殿でその宮殿用と言うかバンジール防止の為にプジャンボンの辺りのチリウン河から運河を引いたと読んだことがある。その運河は今のGatot Suburoto病院の横のKwini通りを通りこのSenen Raya通りに流れてくる。このSenen Raya 4通りがKalilioであるが、Atta Ibin(At Taibin)モスクの正面は財務省新ビルの裏手に当たる。00p8070107

写真の右手先、並木で見えないがAtta Ibinがあり、左が財務省の裏(本ビルに向かって右)庭である。道の両サイドにびっしりブルーバードタクシーが駐車している。 先にBalai Pustakaがある。
00p8070122


00p8070106


運河はその角地のバライ・プスタカを囲むように左折しグヌン・サハリのチリウン運河に戻るのである。
ここにHotel Allsonがあるが写真のMitra Oasisと一緒のコンプレックスの様である。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月17日 (水)

BPUPKIの英雄たち

インドネシアの政府機関にBadan-Pが多いことBP-7で紹介したが、その走りとも言えるのがBPUPKI( Badan Penyelidik Usaha Persiapan Kemerdekaan Indonesia 独立準備調査会)である。
00pancasila_yoko


Radjimanが会長でR.P. Soerosoが副であった。調査会は2回行われたが、場所は今のパンチャシラ記念館である。
Soerosoはチキニに行く時のGondandia通りの名前になっており、昔纏めた伝記では;
Raden Pandji. Suroso(1894年~1981年)は独立後は中部ジャワ州長官、Bakin長官、50年にはナッシール内閣で労相、後55年まで歴代内閣で人事省、社会省、公共事業省を任じる。1950年人事相として数万の農園労働者のストライキを鎮めたり、労働紛争解決委員会(P-4) を設置した。1962年、地方分権委員会の委員となり、地方自治法の立案に参加。1966年スカルノ末期の国民協議会でスカルノ大統領の責任を追及した終身大統領としての地位を剥奪することとなる。
00cidurian_veteran_pluit_043


1972年には初めて、インドネシア公務員住宅(188戸)の建設を行った。1986年国民英雄となる。
BPUPKIは60人がインドネシア人、4人中国人、7人日本人であった(アラブ系なども60人の中にいる)日本軍が指名したこの委員の中から何人も国家英雄が生まれている。 写真は本文に関係ないがGondandia Raya通り(Jlalan R.P.Soeroso)にあるGODIRA ホテルである。Go-diーRaと略している。      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月16日 (火)

独立英雄候補No.1

うっかりしていたら終戦記念日も過ぎ、今日はインドネシアの独立宣言前夜である。
1945年8月11日スカルノ、ハッタ、ラジマンの3人がサイゴンから300km離れたダラットで寺内元帥・南方軍総司令官から「インドネシア独立」の確約を得、8月14日午后5時バタビア空港に戻ってきた。
Anaskah_prokramasi_aug_16_083


既に16日には独立準備委員会の手配を整えていた中でスカルノ(グントールと家族3人)とハッタは独立宣言を急ぐ急進青年団にデンガスデンクロックに誘拐されたが前田精海軍武官府のスバルジョの説得でジャカルタに戻ることが出来16日夜、最後の宣言文が整い17日朝の宣言にこぎつけたのである。そして18日以降、憲法、内閣、自治体、治安軍等矢継ぎ早に導入されたがそんなに簡単に独立が達成できるのかと驚くが、それは日本軍により独立への準備過程があったのである。1945年4月29日(天皇誕生日)に独立準備調査会(BPUPKI メンバー73名)が設置され、5月末の第1回会議が開かれ6月1日にはスカルノによるパンチャシラ宣言も行われた。憲法草案は7月10日からの第2回会議で討議され16日に完成していたのである。そして8月7日に準備調査から愈々準備ということで独立準備委員会(PPKI、メンバー27人インドネシア人のみ)が設定され16日に会議を行うことでメンバーは全国からホテル・デス・インデスに集まりかけていたのである。これがスカルノがあわてて独立宣言を発する事なく準備の延長で行うとした背景である。しかし拉致がなければ17日でなく16日で独立宣言が行われたのでは
ないかとの観測もある。 ラジマンとはBPUPKIの会長を任じられていた人で伝記を読むとジョクジャの貴族でなんと蘭仏英米で学び、1914にはブディ・ウトモの会長またVolksraad議員を務めている。 最後は1950年単一共和国達成後のDPR議長であるが、何故未だ独立英雄になってないのであろうか
Dr. K.R.T. Radjiman Wedyodiningrat (lahir di Yogyakarta, 21 April 1879 – meninggal di Ngawi, Jawa Timur, 20 September 1952 pada umur 73 tahun)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月15日 (月)

ラマダンのインドネシア語

ラマダン前日の街からラマダンの言葉を伝えたのがMarhaban yaa Ramadhan であったが前日二つ目の言葉Semarak RamadhanのSemarak自体は特にラマダンに関する言葉でなくやはりにぎわいを意味する用語が多い。Semarak Senja teluk Jailolo(ヌサンタラのジャイロロ港の夕べのにぎわい)、Semarak Disco Party、Semarak Belanja BerhadiahからSemarak Cintaもあった。
00p8080059


00p8080068_2


Marhaban yaaに次いで次の様な言葉も付け加わる。
Selamat menunaikan Ibadah Puasa 奉仕 (Ibadatは信心) を遂行しよう
Saatnya meraih Ampunan dan Surganya Allah その時神は許し神の国が近づく
そして長いのになるとハディ-スからの言葉もある。
Barangsiapa yang berpuasa Ramadhan atas dasar iman (信仰に基づき断食する者)
Dan mengharap ridha Allah(そして神の慈愛を望むものは誰も),
Maka dosa dosa nya yang telah berlalu Akan di ampuni(犯した咎は許される:HR.Muhatagun Alaih)
00p8070124


そして次は先の運転手ののモスク Jami AT TAIBANに掲げられていたものある。
Barangsiapa yang menberi buka kepada orang yang berpuasa
Maka baginya pahara(称賛・勲功) sebagaimana pahala orang yang berpuasa tersebut
Tanpa mengurangi pahala orang yang berpuasa itu sedikitpun
その下のスパンドックには「ここでは放浪者(Musafir)も含め共にBuka Puasa Bersamaを行っておりその為にお金でも食べ物でも」と奉仕を呼び掛けていた。
運転手が集まる理由が判る様な気もしたが、ラマダンの間はインドネシア人の間には東日本大地震後の日本人の連帯感に劣らぬ助け合い精神がわいている。敬虔にならざるを得ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月14日 (日)

7月の企業ニュース

7月はニュースが多いが進出企業ニュースだけでもいくつか紹介しよう。

*首都高速道路会社、ジャカルタに駐在員事務所開設。
*西日本高速道路会社、ジャカルタに駐在員事務所開設。
*シロキ工業、デルタマスに進出、資本金250万ドル、従業員約70人の雇用計画。
*グラメディアとシナールマス・ランド、BSDに最大規模の「インドネシア・エキスポ」建設計画で合意、投資1.5兆ルピア、15万平米。
*三洋インドネシアの白物家電事業がハイアールに譲渡される。
*クラカタウ・スチール、年産120万-150万トンの高炉建設計画、投資5.9兆、中国が建設
*韓ハンコック・タイヤPLNと契約。他社より高い料金で、20年間契約額は5.5兆ルピア。
*7/29 ローソン、イ進出1号店がクマンにオープン、アルファ・グループ傘下企業とライセンス契約、向こう1年間に50店舗開設計画。
*シンガポール航空、ジャカルタ便を増便、9/15から。
*北ジャカルタ・タンジュンプリオク港アクセス高速道路チリンチン~シンパン・ジャンペア間(1.9km)の円借款事業、大林組とジャヤ・コンストラクシ・マンガラ・プラタマのJO(大林組70%)と契約、受注額1.16兆ルピア。
*パナソニック、カネカ、日揮、東芝、三井物産、双日連合、太陽光発電
案件の受注模索へ。日経報道。
*サムスン・エレクトロニクス・インドネシア、スマートフォン「ギャラクシーS2」 発表。23日から販売へ、価格600万ルピア以下。
*パラ・グループ、オンライン・メディアのデティックコム買収へ。
*ジャカルタにモフタル・リアディ総合がん病院オープン。
*東海ゴム工業、ジャバベカに二輪車用樹脂ホース製造・販 売会社設立
*ダルマワンサ・ホテル、エコホテルとして独機関から認証受ける。
*イオン、同社の環境財団がイで1,500人参加の植樹活動、岡田会長も参加。
*濃飛インドネシア、タンゲラン(バンテン)に検品センター設立。
*フリーポート・インドネシア、労使交渉妥結で9日間にわたったスト終了。
*サントリー食品が地場ガルーダ・フードと合弁で清涼飲料事業に参入へ。
*オーシャン・メディカ、バタムに輸血バッグ工場建設計画、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月13日 (土)

Alfamartは赤字か

昨日Investor誌で奇妙な記事を見た。2009年ー2010年で上場企業の中で赤字の企業はたった35銘柄しかないのであるがその中にAlfaの字が見えたのである。
記事には「そしてこのスーパーマーケットの企業のマネジメントは上場を辞退する(go Private)ということである。多分この戦略はこの企業の99%を保有する PT Carefourの依頼によるものであろう。と言うのは投資家にこれ以上の損を掛けないために適当な価格で買い戻すべくである」と結んでいる。
00p6050014_2


Alfamartと言えばローソンが提携した先であるが、ここに出てくるのはこのALFAとは少し違う様だ。 Alfaはスーパーマーケットの部門とミニ・マーケットの部門があり、スーパーマーケットの部門(ここに出てくる上場会社)はCarefourに既に売却したようで既にメインはミニ・マーケットのSumber Alfaiaに移っており、且つその子会社がアルファ・ミディとアルファ・エクスプレスを担当する会社があり、ローソンはこのミディと提携したのである。そしてALFAグループは既に全国5,000店を展開している様であるので提携する理由も余り判らないが、街で見るのはこの写真の様なものしかないのでブランドの区別を付けなかったのが判りにくくする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月12日 (金)

運転手たちのモスク Atta-Ibin

ラマダンに敬意を表しマスジッドシリーズを続けると、スネンのAtta Ibinであるが、ここに行くにはクラパ・ガデンからの帰りにスプラプト通りからスネンラヤに入って来てそこの先を右に折れてスネン・ラヤ4通りに入ると良い。スネンラヤが北への一方通行だからである。或いはアンチョールからのパサルセネンに下って来てプラザアトリウムの所をUターン北上しスネンラヤに入れるかは試していない。
00p8070109


このスネンラヤ4通りは周りの環境から一変、車の通行もなく静かな一角である。両サイドに何故か多くのブルーバードが止まっている。多くの運転手がそこにあるこのモスクにお祈りしているのである。Jakarta Heritageにはこのホテルは1815年にパサル・スネンのモスリム商人が建設したと説明している。
00p8070127


建築の特色はヨーロッパとインドネシアの建築様式を取り入れたミックスチュアとあり、商人がヨーロッパ人のなんたるかを示す商人の良心をがポイントとなっており、植民地主義者と被植民者との間の違いを理解する機会を与えてくれるとある。熱心なモスリムの小生の運転手には出来るだけこのような由緒あるモスクに来たらお祈りの許可を与えるので有るが喜んで20分ほど祈ってくる。彼によると数年前はこのモスクは非常に汚くリノベーションをしたものだとコトールに力が入っていたが良く知っているものだと感心した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 9日 (火)

最近のスカルノ・ハッタ

今回のジャカルタはラマダンの最中で、レバラン前に逃げる者を逃すまいとTHRのおねだりラッシュであった。常用雇用しているものはいないので、出来るだけ仕事をさせチップをはずむことも評価してほしいのであるが、そうもいかなかった。敵も色々気を利かしてサービスにこれ務める。 
最近のスカルノハッタはパーキングが満杯で今回の入国の時は、小生自身が車から出て他車をさばきやっと渋滞から出たほどであったが、今回運転手は入国時1階でなく2階にリフトで回るとそこで待っているというアイデアを出してきた。それはだめだと断った。
今回の出国時はラマダンと関係あるのか逆にガラガラ、チェッキングカウンターは二人くらいしか並んでなく、出国審査も二人、驚いたことに業績不振でプラザバリが閉鎖されていた。もともとプラザバリはスペースが広く、うどんのレストラン部や350円コインでビンタンビールも飲めるカウンターがあったが、これらを取り外し、奥のマネーチェンジャーの方の狭い部分のみのDFSをやる縮小のようだ。 残念至極である。
そこまで行くと美人人妻をやっているブックショップがあり、いつも寄るので顔見しりであるがビールが飲めなくブックショップの薬品売り場を覗きながら飲み物がないかと言ってみると、なんと自分のバックからテ・ボトルのパックを飲みなさいと差し出してくれた。代金を受け取らないので、雑誌を二つ買った。
又いつもの店でお土産のDFも買った(おまけのミニ・パフュームをもらった)が未だ時間はたっぷりある。仕方なく搭乗待合室に向かう。 そのエスカレータの切れた手荷物検査するすぐ前に飲み物のボトルを売るショップがあったが、当然ここで飲み干すしかない店となる。
乗客は少なく、全員が集まったら定刻より早く自由乗機となり、定刻23:15より2分ほど早く機は動きだし、機体が回れ右したと思ったら、17分にはテイクホフしていた。
成田でもちょっと小用をしたからか荷物のターンテーブルに着いた時はテーブルは止まっており、トランクは下ろされていた。ちょっと動くと初めてのことばかりが起こった1日であった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月 8日 (月)

Sapta Pesona 観光の7つのモットー

15大観光地開発で思い出されるのは文化観光省が掲げた観光産業のモットーであるSapta Pesona 7つの呪文である。観光省が運輸省などから分離した1983年以降出来たものと思われるが昔はその看板は良く見かけたものである。00taman_mini_016


写真に撮ったものはもう大分前のミニインドネシアの中の標識のみである。7つの要素は以下の通り。

1. 安全(keamanan)
2. 秩序(ketertiban)
3. 清潔(kebersihan)
4. 涼感(kesujukan)
5. 美観(keindahan)
6. 友好(keramahan)
7. 思い出(kenangan)
観光客には、旅先で得た美しくて大切な思い出をたくさん持って帰ってもらいたいものだ。例えば;
・清潔で気持ちのよい、サービスの行き届いたアコモデーション
・高いクオリティの芸術・文化のデモンストレーション
・その土地を代表する、美味な料理の堪能
・魅力的で、簡単に持ち帰ることのできる土産品の準備
Wisatawan dapat memperoleh kenangn yang indah dan mendalam dari tempat yang telah dikunjungi seperti :
• Akomodasi yang bersih, nyaman dengan pelayanan yang ramah,
• Pertunjukan seni budaya yang tinggi nilainya,
• Menikmati makanan daerah yang khas dan lezat,
• Tersedianya cenderamata yang menarik dan mudah dibawa pulang

そういえば観光省の建物はGedung Sapta Pesonaと名付けられている。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年8月 4日 (木)

Angkeのモスクにも便所

先日のMoh.MansjurからTubagas Angkeに入り最近できた陸橋を過ぎ殆どJembatan tigaの通りに出る所を左に折れるGangがある。00dsc02688


その先にMasjid Angke(Masjid Jami Angkeとも)がある。このGangは車は入れないので100メートル程度歩くことになる。 前庭にいくつかのお墓があり、中でもSyekh Ja’farやポンティアナクの王Syarif Hamid Al Qadriがいる。00dsc02691


かれはPerlawannya、1800年代オランダと闘いここに連れてこられたという。死亡年はお墓に1854年と記されている。
00dsc02694


Masjid Angkeは1933年より保護すべき施設に指定されている(インドネシア政府としては1974年であるが)1761年建立のモスクである。このお寺は小さく15mx15mで200m2程度の土地に建てられているがその様式は古式バンタン・イスラムに中国やヒンドゥの影響がある。それはバンテンに嫁いだ中国夫人により建てられたとされている。00dsc02697

地図を見るとStasiun AngkeとJembatan Limaとの丁度真ん中あたりでAl Anwarと表示されていた。 途中何度か所在を聞いたが中には逆方向を教える人が居るほど、何故か知っている人は少なかった。これこそ一番古いメスジッドの一つであるにも拘わらずである。ぐるぐる回ったので小用を足したくなりこのMesjid Angkeに上がり靴を脱ぎ裸足になりびちゃびちゃの中済ませた。優しい人たちであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 3日 (水)

意外やバークレイズ

00p4020061


だいぶ前にバークレイズ銀行のポジションを聞かれた事がある。バークレイズは2009年に地場バンク・アキタを買収し進出してきたもので、バークレイズ自身は世界10指に入る大手中の大手であるが、インドネシアではBPDを除く約100行の内、総資産で95位、利益では一桁大きい数字で断トツの赤字であった。
00hsbc_sampoerna_005


インドネシアの銀行は外国勢の資本が参入し、国内銀行総資産の50.6%は外国銀行が保有し、また国内銀行市場の85%を占める15大銀行の内12行に入っているそうだ。総数でも47行にも上る。中銀は外国資本の銀行株保有を制限する法案を検討中である。個別に見て見ると上位はMandiri以下国営銀行4行が並んだ後、外銀のトップはCIMB、DANAMON、そしてPanin、BII、Permataと様子不明が並び元々の外銀大手は11位のCiti、そのご日本勢はBOTM-UFJが16位、みずほ26位、後28位、41位であるのでバブル時代の昔みたいに威張れない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 1日 (月)

ラマダンに栄光を

そして今日8月1日はラマダン入りである。昨日サリーナデパートに行った時に中の入口に写真の飾りがあった。大きなモールではモット派手なものがあるのであろうが書いてある文字に関心があったので写真にした。00p7310070


Semarakとは聞いて見るとRamaiと言う。にぎやかにRamadhan を祝おうと言うのか、店が賑やかというのか余りピンとは来ない。飾りにラマダン明けのレバランのお祝いのお菓子のKetupatの椰子の葉網のボックスがあった。Ketupatは日本の粽と同じようななじみのある味である。Semarakの意味を辞書で引くと輝きや栄光と言う意味である。此方の方が日本人にはぴったりくる。
00dsc02706


サリーナに行く道すがら日曜なのにあちこちで渋滞、一つはラマダン前のお墓参りと日曜自転車天国(スデルマン・タムリンの歩行者天国)、そして日曜礼拝である。いつものゴルフ場はガラガラだった。2日続けなので打ちぱなしでごまかした。
例のラマダンの享楽の節制についての動きは昨日ある店で急にビールを隠す場面もあったが本物ではなかったようで今日も平気でビールをジョッキで飲んできた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »