« BPUPKIの英雄たち | トップページ | 国内ドル取引禁止の通貨法 »

2011年8月19日 (金)

Kalilioの歴史

運転手たちのモスクのある道として紹介したスネンラヤ4通りは(  )してKalilioと地図には記載がある。Kaliであるから運河があったのであるが、それは総督モッセル(1735年頃)の時代の話である。ダンデルス宮殿より以前にここに宮殿があったのであるが,ウエルトフレーデンの名前の元になったウエルトフレーデン宮殿でその宮殿用と言うかバンジール防止の為にプジャンボンの辺りのチリウン河から運河を引いたと読んだことがある。その運河は今のGatot Suburoto病院の横のKwini通りを通りこのSenen Raya通りに流れてくる。このSenen Raya 4通りがKalilioであるが、Atta Ibin(At Taibin)モスクの正面は財務省新ビルの裏手に当たる。00p8070107

写真の右手先、並木で見えないがAtta Ibinがあり、左が財務省の裏(本ビルに向かって右)庭である。道の両サイドにびっしりブルーバードタクシーが駐車している。 先にBalai Pustakaがある。
00p8070122


00p8070106


運河はその角地のバライ・プスタカを囲むように左折しグヌン・サハリのチリウン運河に戻るのである。
ここにHotel Allsonがあるが写真のMitra Oasisと一緒のコンプレックスの様である。


|

« BPUPKIの英雄たち | トップページ | 国内ドル取引禁止の通貨法 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Kalilioの歴史:

« BPUPKIの英雄たち | トップページ | 国内ドル取引禁止の通貨法 »