« 次はパプアか | トップページ | 神社のGerbang »

2011年10月24日 (月)

目覚ましいジャカルタの発展

DKT市の2012年の予算が上程されたようで、その中で小生のブログに関する事項、道路・建物関連で予算がついた案件をピックアップしてみた。

Pluit – Tanjung Priok 間のバスウェー:Bus Rapid Transit (BRT) 渋滞必死
Pulogadung – Bekasi迄のバスウェー:東に拡大
Kalideres – Tangerang 迄のバスウェイー:西に拡大
モノレール橋脚の2階建てバスウェーへの改造:やっぱり、あまり議論もなく?
Kampung Melayu – Tana00pa05002500dsc02924

hbangのLifted Road 同Antasari to Blok Mの継続:現在写真の通り
Lebak Bulus – Jl Fatmawati間地下鉄用道路整備 地下鉄着手
Lebak Bulus Stadiumの地下鉄ターミナル化
Mangga Dua and Gunung Sahari の鉄道フライオーバー
Pulogebang Bus Terminal
Daan Mogot Flat Construction及び Pluit Flat construction,」
Angke Kapuk Forest Zoneマングローブ植林地
Jakarta Parliament Building and City Hall Building .:えっ
Betawi Cultural Center の建設:未だ必要?
Betawi Cultural Village の建設
Islamic Center 建設:また
Kota Tuaプロジェクト
Muara Angke港整備及びプラウ・スリブ用フェリー購入
東洪水運河の土地収用:まだ済んでない所があったのだ。
MarundaとSurilang Reservoirsの土地収用
Mookervart,Sekretaris、Sunter、Pesanggrahan, Angke Hulu河の浚渫、堤防民家の移転
Jayakarta Pangeran Cemetery Zoneの開放Jakarta Ismail Marzukiの整備
小生、また写真に撮りに行くところが増えた。

|

« 次はパプアか | トップページ | 神社のGerbang »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

毎日楽しみに拝見しています。

モノレールの橋脚を連続立体交差道路に転用するという話がでていますが、土木の技師から見たらとんでもない話。
あの程度の橋脚では道路と自動車の荷重に耐えられません。
モノレールの車両自体はモーター駆動のため軽いので小さな橋桁と小さな橋脚で耐えられますが、そのままで自動車を走らせようとするのは無理です。橋脚を補強することも考えられますが、構造的に困難です。

リンクのようにTrunojoyoの立体交差はだいぶ出来上がっています。
三国峠あたりは紅葉が始まっていました。

投稿: 度欲おぢさん | 2011年10月31日 (月) 10時08分

そうなんです。
ニュースの後予算まで付けたので驚きましたが助けが出るまでの延命咲くでしょうか

投稿: jakartan | 2011年10月31日 (月) 23時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18815/42658439

この記事へのトラックバック一覧です: 目覚ましいジャカルタの発展:

« 次はパプアか | トップページ | 神社のGerbang »