« ユネスコ3大世界遺産と教訓 | トップページ | 1111111111にジャカルタ仕事開始 »

2011年11月 9日 (水)

Hang Tuah中学校に思う

先先月、余り行かないクマヨラン・ラマの方に出向いて発見したのがSMP Hang Tuah 2 である。2があるなら1もあろうと探すと1はスラバヤにあった。
この中学は財団Hang Tuahが1973年に設立したもので、海軍と関係があるようだ。校章に碇のマークがあった。Hang Tuahも提督だったのであろうか。
00dsc02858


00dsc02868


ここはクマヨランのマーケットを抜けて直ぐで左に曲がる所で奥に海軍の士官学校SESKOALがあり、その正門を左に回った敷地内にある。その時覗いた校庭では土曜日だったのでクラブ活動であるのか救助活動の訓練をやっていた。中学時代からこうした教育を受けられるのは一歩進んでいると思うが
今日の日本のテレビは
*今時の日本の男は髪は朝起きた格好のままで額に照らした髪のスタイルはM字だと教えていた。
*今時の女の子は何を見ておじさんと感じるかのアンケートをやっていたが下らぬ事をやるものだ。
*TPPも反対を煽り立て、市場を取られる事だけで、ある分野では既に開放した市場に出掛けるのを棚に揚げ昔の、攻めの気概はどこに行ったのであろうか
*大王製紙に続きオリンパスまで、日本の信用、日本への尊敬は韓流に敗北する間に、徐々に禿げて行くのであろうか。恥の文化を取り戻そう。 やはりテレビが恥なしの源である。
写真をアップロードしたら 図らずもHang Tuahシリーズが門シリーズになった。 写真はオリンパスだったと思うが又嫌気がさして今度はJVCを救済することにしたが。。

|

« ユネスコ3大世界遺産と教訓 | トップページ | 1111111111にジャカルタ仕事開始 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Hang Tuah中学校に思う:

« ユネスコ3大世界遺産と教訓 | トップページ | 1111111111にジャカルタ仕事開始 »