« Year-end Gift 出稼ぎ女中に死刑赦免 | トップページ | 最後のスディルマン美化事業 »

2011年12月31日 (土)

インドネシア来年を占う今年の10大ニュース

いつの間にか2011年も最後の日を迎えていた。私が選ぶ2011年のインドネシア重大ニュースは以下の通りである。
*東日本地震・津波、タイ全土大洪水等災害での生産調整
*EU経済崩壊、中東政権崩壊の影響ジワリ
*経済大国への道進む(2020年世界10位)
*外国企業進出嫌悪感(金融業界、輸入規制、外貨集中、販売のみの進出、保税国内出荷制限)
*パプア緊張高まる
*体質変化は尚時間(汚職、人間開発、競争力、テロ)
*外国投資ラッシュで工業団地、中堅社員不足
*サービス産業の進出(楽天、JCB、リクルート、リース、生保、物流、税理士・弁護士、道路)
*中産階級さらに進む 最賃1.5百万時代へ
*政治の季節入り(パロー国民民主、トミー共和党、スリ独立国民 、バクリー、ハッタ) 
2012年につながるいいニュースはすくないが、中庸・マイペースで進むだけだ。

|

« Year-end Gift 出稼ぎ女中に死刑赦免 | トップページ | 最後のスディルマン美化事業 »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インドネシア来年を占う今年の10大ニュース:

« Year-end Gift 出稼ぎ女中に死刑赦免 | トップページ | 最後のスディルマン美化事業 »