« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月の投稿

2012年1月30日 (月)

ブンカルノ大学のスカルノ像

デヴィ スカルノ回想記を読むと、ブンカルノ大学にスカルノの大きな像があると言うので行ってみた。雨に煙る日曜日であるが第3裏門があいており、そこの守衛などがおり、聞いて見たがそういうものはないと言われプロクラマシの独立宣言像を教えてくれた。回想記は書き出しが「ラッハマワティは1982年からスカルノ大学を創設しようとしていたがスハルト政府が許可を降ろさず。。。しかし1999年にジャカルタ・チキニにスカルノ大学を設立し、今年11年目になって9メートルのスカルノ大統領の立像が建立され。。。。。」、式典が行われ彼女も駆け付けたとある。この下りはスカルノの子供達の仲違いやハルティニの息子の死亡、カリナとの間が述べられている。
00dsc01853


00p1290002


多分9メートルのスカルノ立像はラッハマワティと関係なく、飛行場に行く手前に立てられたこれもハッタと手をつなぐ(実際はつないでない)二人セットの像であろう。スカルノ大学の第1正門から覗くと誰かの胸像がある。これこそスカルノだと思うものの顔立が少し違うので自信はないが他人であるはずもない。
スカルノの像は一人で立っているのは未だ見かけた事はなく、以前ブログにした路傍のスカルノ像も胸像であった。
追:佐々木教授のブログには確かにデヴィ夫人もスピーチした除幕式がブンカルノ大学であった当時の新聞記事を紹介していたので回想記は正しいが、それが後にスカルノハッタに移動したとしか思えない。今日はここまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月29日 (日)

モールの将来 テストケース

00p1280025_2
00p1280020


Keningan City Mallのあに続く、建設中として紹介したいくつかのモールの中に、余り見慣れぬ名前があった。Pulomas X-Ventureと言う名前で、自らVentureで将来未知数Xと名乗っている。 実は茲はどこだろうかと今度探しに行かねばと思っていたのであるが、何のことはない毎週出掛けるPulomasの競馬場のゴルフ場である。
ここはもう数年、廃墟で放置されていたが数ケ月前からチラホロ建設作業員を見かけるものの、モールとして再建中とは思えなかったからである。今日よく見ると最初工事再開していた右端から、手前のゴルフ場のクラブハウスの横まで内部は広々と整備されつつあり、きっとオープンにこぎつけられるだろう。 ゴルフ場にとっても朗報なので小生も期待したい。2枚目の写真はゴルフ場からの写真でモールの裏側にあたる。このモールはこの競馬場を持つ華僑が建設していると聞いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月27日 (金)

アーバンフードの日本料理 Zenbu

Abzennbu
プラザインドネシアの5階だったか少ししゃれた日本料理店がある。1年前に取材に行ったがその後どうかと気になっていた店であるが、その日は春節でもあるが、多くの人でにぎわっており安心した
料理は日本フュージョンのメニュウで、今までにない食材の取り合わせ例えばマグロ寿司の上にチーズをトロリと乗せたものやサーモン・ベーコン、マグロ・メンタイ、トビコ・トーフやべジタリアン向けの野菜うどんや野菜鉄板焼きなどが、薄味でインドネシア人の舌に合うようモディファイされそして現代風である。後色々工夫もされて、寿司ロール等のニックネーム(パチンコ、バンザイ、トゥッティ・フルッティ)、食材と味をマトリックスで選べる焼きうどん、全てにカロリー表示し、オムライス、ラーメン、どんぶり、うどん、Mozaruと取りそろえている。


00pa050005

現在5店舗に拡大したが2012年には10店舗にする計画である。オーナーはHubert Mantony Youngで1975年11月生まれで、米国コロラドでマーケティングを学んでいた時、日本社会(ジャパン・タウン)に出入りするようになり、日本食品に親しみ、それをきっかけに日本で1年日本語の勉強をし、2000年に帰国、一時サラリーマンをやったが日本で見たコンセプトのレストランがインドネシアには無いことに気付き事業を思いったったそうである。さすがは中国人である。
スノパチ通りにも4店目があるが、昼食時にはこの駐車場が満杯になり若い?おばさん達がワンサカやってくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月26日 (木)

Ambassador Mall前の渋滞

00p1220188_2


Keningang City Mallに行くのにこのKasablanca 通りの渋滞を通らねばならないのでこのMallはあまり人が来ないのではないかとの論調で書いたが、実はこのMall前まで来ると車はすっと少なくなる。それでもAmbassador Mallまでは渋滞なのでやはり足は遠のくであろう。 早めにオープンした滝川レストランなどは従業員が畳ルームだったか寝そべっていた。 
Ambassodor Mallは隣にWTC Mallもあるので人出は多いがなぜそんなところに人は行くのか不思議である。念の為運ちゃんに投げかけてみると、Ambassodor Mallには二つの教会が入居しているそうでそういえば そこを通ったあの日は日曜日ミサの日であった。なぜイスラムの彼がそんなとこまで知っているのか不思議である。
00p1220185_2


そこの通りは高架道路の建設中で今ちょうど上をつないでいる。 つなぐ道路面となる物体は管状なっている。 よく見るとこの中で人が作業しており、ひょっとするとこの中はトンネルとして車も通るのではないかと思ったが、この建設上のコストの疑問は解けなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月25日 (水)

オープンはしたがKeningan City Mall

ジャカルタ市は昨年9月にモールの建設の凍結令をだしたが、、Colliers International のリサーチでは2015年迄まだまだモールの建設は続くようだ。これらの建設は凍結令の出る前に許可を取っているからだ。2012年2013年の建設予定の案件は21案件で半分がジャカルタ、且つ半分が建設中と言う。今年ジャカルタ市場にでるのはトータルで335,000m2あり前年より5.6%の伸びとなる。
00p1220187
00p1220193


昨年年末PodomoroグループはKeningan Cityヲオープンしたが更にKaribataに大型90,000m2を建設中である。このほか建設中はKemang Village、Ciputra World Jakarta、Kota Kassablanka Menteng Square、Pulomas X-'Venture、及びPondok Indah Street Galleryなどがある。凍結した一方、市の都市計画ビューローのヘッドは推進者で、シンガポール、香港を比較に出してまだまだ増えても良いし大きな労働人口の吸収に繋がるとしている。直近オープンしたKeningan Cityを見てきたが、既に1ケ月強立っているが未だ店舗の入居率は低い。前の道路の工事の渋滞が激しく足を遠のかしている。キーテナントのLottemartだけが一人気を吐いている感じである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月24日 (火)

2つ目のPullman Hotel

年初にジャカルタ タムリン通りにPullman ホテルが出来たようなサイトを発見、タムリン通りにホテルなどと、或いはPodomoro Cityにある新ホテルのPullmanの間違いかなと思っていたら、日航ホテルがPullmanになるニュースが先週あった。
00p1220117_2


日航ホテルは契約満了との事で後はアコー・グループが引き継ぐ。 サイトでは営業をやっているような内容であったが、昨日プラザ・インドネシアから見たところ出入りの車も無くひょっとして大改装するのかもしれない。
Pullman Jakarta Indonesia (Opening January 2012)
General manager : Mr Jan Marshall
Address :J1 MH Thamrin No 59
Tel :(+62)21/2301122 (+62)21/2301122
第1と第2どう区別するのだろうか
念の為電話で聞くと、レストランもそのままに営業していた。ホテル日航の商権を大事にしたいのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月21日 (土)

新飛行場OR拡張

00dsc01852


0000dsc01844


2~3ケ月前新飛行場の計画の話があった時、未だ未だ第IIIターミナルの近くに広大な整備地があるのにと批判した所、後でなんとその計画は日本のJICAが提案した計画であったことが解りびっくりした。今日は又拡張の報道の話である。一寸前になるが1月9日、国営飛行場運営会社のANGKASA PURAが拡張を提案している。
この拡張は3本目の滑走路を追加しターミナルIVを建設するもので、総投資は11兆も掛かる。
現在の乗客処理能力22百万が90百万となるそうで問題は土地だそうで830ha必要となる。Karawangの新飛行場はこの代替案となるものである。
今の予想では90百万になるのは2025年なのでそれまでに解決しなければならない。
これはこれで進めるが既に実際処理乗客はキャパの2倍になっておる為,ローコストターミナル、荷物処理システム、ボーディングエリアの拡張、タクシーウェーの拡張、近代化を進めている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月20日 (金)

イムレックの中のスリカヤ

00p1170103


00p1170105


00p1150111


例のスリカヤ、果物の方はやはりSrikayaという綴りが正しいらしい。誰かのアドバイスで果物の専門チェーン TOTALに行ってみてこの果物を見つけたのである。さすがTOTALと言うべきで、彼らの綴りがSrikayaだったので信頼できよう。直径6cm程度の小ぶりで表面はぽっくり見たくビッシリ  つめで覆われている。中身は白く種もビッシリ。 甘いらしい。
後で考えて何で試しに買わなかったのであろうかと自分ながら自分にガッカリする。辞書でdelima=Pomergranate=ザクロも出てきたが後の祭りである。
TOTALも今や店内はイムレックの為の飾り付けで真っ赤である。Carrefourでも探したがそこで見たのは 先日のSerikayaのJamu であった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月19日 (木)

ジャカルタ道路風景2題

Up20p09a_9_img_assist_custom400x267


ジャカルタ名物のBajajの入れ替え作戦が行われようとしている。 今のBajaiはDua-Tagではないだろうが非常にやかましいのでこれをfour-stroke engineで CNG (compressed natural gas)を使用するものに変えるという。今ジャカルタには28,000台ものBajajがあるが、許可を得ているのはその内2,755台で今この許可が無い物を捕獲している。捕獲したあとは部品の再使用を防ぐため完全破砕するという。写真はJP誌からの借用であるが捕獲されたBajajの表情が悲しそうである。
00p5290098


取り換え用の新しいのがどれか自信はないが1年ほど前に新型モデルの発表があり一度写真に撮ったこれかもしれない。CNGは現在oilベースの燃料をGas ベースにする計画で市営のものから始めている。民間自動車もその変換キットを買えば出来るそうでRp15,000,000で売るというが、小生技術面は不知である。かじり見でいえばガソリンに比べ有害ガスが少ないそうだが日本ではハイブリッドの時代ゆえ4万台くらいしかないそうだ。
一方市内の国道クラスの痛みが激しいため3月から主要道路で補修工事が始まる。
Jl. S. Parman, Jl. Gatot Soebroto, Jl. MT Haryono; Cakung-Cilincing ,D.I. Pandjaitan in East Jakarta; Jl. R.E. Martadinata , Jl. TB. Simatupang in South Jakarta , Jl. Mayor Sutoyo the Lingkar Barat and Rawa Buaya elevated roads. と順次行うそうだ。手法は主として現在のtarmac 舗装をコンクリート舗装に強化する。工事は夜行うと言うが一部渋滞への影響も出るだろう。
一番痛みが激しいCikarang高速の緊急用路肩は市の管轄でないので入ってないのが残念だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月17日 (火)

夢スカイ ビアーガーデン

ジャカルタ新聞のチラシでビアーガーデンの広告があったので行ってみた。
00dsc03395


GiantとCentroでは集客力が無いので、近くなのに行く事は稀な市の中心地スマンギ・スクエアーの10階である。ここの10階にこのようなテラスのレストラン街があったとは知らなかった。退役軍人会館ビルがあるのは知っていたがそこのエレベーターを使って Sarbiniホールの上の屋上に出ればそこである。9階も4-5店ありガーデンの階段で繋がっている。
00dsc03421


10階のレストは10店ほど。ビールは350ccで4万ルピアと少々高めで、餌も、も一つだったが、1回目広告の切り抜きで1杯サービスだったので、気の毒な気がして再度行った。固い焼きそばにスとからしを付けるとバカ売れするよと教えてあげたが、からしはなくワサビが出てきた。バスウエーで行くとスマンギ駅の目の前であるがダイレクトにつながる連絡ブリッジがなく大和プルダニアの前の駅でおりねばならない。
00p1150092


オーナーは確か女性である。店内2階も逆方向の展望を楽しめるが、そこから店内を見降ろした先がテラスで10テーブルもある。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年1月16日 (月)

JenggalaとSerikaya

この二つの言葉は12月26日の「これも果物か(と思った)Serikaya」に登場させたがまずJenggalaはその前のブログで森林(Hutan、Rimba)の意味と紹介したが上記のブログでこれは間違いでJariと出ていたと謝ったものだったが、今又不審が払しょくできずArtikataに頼ったらやはりジャングルが正しいようだった。但し今でもXamuX やSederetではJariと出ているがこれは間違い臭い。と言うことで終わりにしたいがむしろJenggalaブランドのバリの食器の方が有名であった。
00p1150108_2


次にSerikayaに移るとこれには二つの意味があり、一つはやはり運ちゃんの言う通り果物で後一つはパンなどに塗って食べるジャムである。Srikayaと綴ることもあるがこちらの方が果物にウエートが掛かりSerikayaはジャムにウエートが掛かる。一昨日探したが果物はシーズンオフなのか見つからなかったがSerikayaは感を働かせブレッド・コーナーに行ったら多くの種類のジャムがあった。
写真で見るとSrikayaとSarikayaがあるがSerikayaはない。二つ三つの言葉で辞書も2つ三つあって色々異なるともう手に負えない。 数字のトリック探しにはなれている経理マンもお手上げだ。こちらは複式がバックにあるから強いだけなのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月13日 (金)

ジャカルタに638メートルのビル計画

Signaturetowerjakartascbd240x300_3


ジャカルタで世界トップ・クラスの高層ビルを立てる計画が報道された。ジャカルタの高層ビル計画と言えばスハルト末期から取りざたされたジャカルタタワー555メートルがあるが、これはいつになっても動かない。今回のはそれを凌駕する事100メートル弱の638メートルでこれは例のドバイの800メートルに次ぐ2位となる。 但しこれの完成は2020年としているので、その頃は世界各地で高層が立つので2020年時点にすると第5位らしい。場所はSCBD スディルマン・セントラル・ブシネス・ディストクトである。当然GrahaグループでTomy Winataさんと言うことになる。111階のこのビルはSignature Towerと名つける現在のインドネシアトップのウィ―スマ46の262メートルの倍となる。その頃の世界のトップクラスハ以kの通り。
• Kingdom Tower, Jeddah dengan tinggi 1.000 meter.
• Burj Khalifa, Dubai dengan tinggi 828 meter
• Ping An Finance Center, Shenzhen dengan tinggi 660 meter
• Seoul Light DMC Tower dengan tinggi 640 meter
• Signature Tower Jakarta dengan tinggi 638 meter
• Shanghai Tower dengan tinggi 632 meter
• Wuhan Greenland Center dengan tinggi 606 meter
• Makkah Royal Clock Tower Hotel dengan tinggi 601 meter
• Goldin Finance, Tianjin dengan tinggi 597 meter
• Lotte World Tower, Seoul dengan tinggi 555 meter

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年1月12日 (木)

ジャカルタの暴風雨被害

ジャカルタに着く1日前の木曜日午後2時、ジャカルタは暴風雨に襲われ全市に渡り相当な被害にあった。暴風雨はたった1時間荒れただけであったが街路樹だけでも105本が倒れ大きなビルボードも倒壊、切断された電線に感電した男が一人亡くなった。市の災害対策庁(BPBD)はクレーン車は3台しかなく従事する人間も100人程度だと嘆いていたが、日曜日に動いた範囲では相当かたずいていた。
00p1110089


むしろ自分のアパートの方がビルボードが倒れコンクリート塀を倒し、今修復していたり、昨日上から見たら隣のバナナ畑が全滅しているのを見かけた。拡大するとよくわかるが、バラックの家の方は被害がないのが不思議と言えば不思議である。気象庁(BMKG)は先に2月中旬まではこのような暴風雨(Badai)を予報していたらしい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月11日 (水)

インドネシア税務の禅問答法令

ブログに書く材料切れではないが、時間を取らされたインドネシアの法律条文をハライセにアップしよう。
外国人或いは外国法人でインドネシア源泉の所得を受領あるいは獲得できたものは外国納税主体として課税されるとした後、 “インドネシアから所得を受領或いは獲得できた“の意味はインドネ シアから所得を受領或いは獲得しないのも含むと言う条文である。
Subjek pajak luar negeri adalah orang pribadi/badan(形容条文省く) yang dapat menerima atau memperoleh penghasilan dari Indonesiaとし続いて
Pengertian "yang dapat menerima atau memperoleh penghasilan dariIndonesia" meliputi pula yang tidak menerima atau memperoleh penghasilan dari Indonesia.
一方で、租税総局は職員に対し最善のサービス(Pelayanan Prima)を行う様に以下のような例示を与えている。
 納税者と直接関係する署員は以下の様に礼儀(Sopan Santun)を重んじ、振る舞いに注意して友好的、責任を以て、注意良く、迅速にサービスを行い、困難を与えない事
 お客に対して心を低くして尊敬の態度を取ること
 職員は清潔な服装と靴で接する
 常に親しく 3S(senyumsapa,salam 微笑み、話し掛け、挨拶)を守る
 胸に職員の名札を付ける
 来所したお客に質問し、話し掛ける(例えばこんにちわ、何かお手伝いしましょうか)
 納税者の話によく耳を傾け、他の行動、例えば電話応対に出たり、飲食を取ったり、ヘッドフォン等で音楽を聞いたりしない事
(以上はほんの一部である)
禅問答で納税者をおちょくらないでモット解りやすく書いてほしいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 9日 (月)

ジュアンダの 都市伝説

00p1080016


Noordwijk通りは今のジュアンダ通りで80年代は日本のカラオケもあったり、サリーナ支店もあったが現在は少しうらぶれてきた。大手で頑張っているのはJiwa SurayaとAstraである。ハヤム・ウルックを曲がる所のホテル・メラティがジュアンダの最初のビルで、最後に近いパッサル・バルー近くにホテル・ロイヤルがありどちらも我々が使える様なホテルではない。(どちらも既にブログにアップしている。)
002009_1004_144912dsc08535

ロイヤルの先に昔、チーズホンヂュか何か出した西洋レストランがあったが探した時は既に屍になっていた。昨日もゴルフに行く途中通り過ぎた時未だ屍のまま健在であった。20年も屍をさらした建物も珍しい。何か不吉な話でもあるのであろうか。今、ここに「Mataram Maju」と言うオフイスビルが建設中であるが、取り壊しはされてない。ここは何故かGAS NEGARAが差し押さえており、ひょっとするとこのまま取り壊されずに続くのかもしれない。 2009年の写真では近くのKostradのトラックが止まっていたが、昨日は隣のパダン料理店Sari Minangのトラックである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 8日 (日)

明治座界隈

日本を1日前の日本日記である。明治座は、明治6年オープン、歌舞伎座でも1886年故一番古い劇場になろうか。00p1050017_2

00p1050021_2

周りは浜町、人形町界隈で少し横町に入ったらあちこちに寺社仏閣がある。本当はそのように大層な名前ではなくビルに囲まれて肩身狭く立っているのが多いのかも知れない。と言うのは、明治座に歩く1km程度の裏路に全くその様な神社に出くわしたからである。立掛けた乾板に日本橋七福神詣とあり弁財天の水天宮を筆頭に7つの神社が名を連ねている。正確には水天宮は別格として他に7つの神社があったのである。水天宮もお寺ではないと思うがこれらは皆神社なのである。この正月の間がどこの神社も1年の内の掻き入れどきなのであろう。ひっきりなしに人々がお参りにくる。仏教のお寺様はどうなっているのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 6日 (金)

明治座140年記念 女たちの忠臣蔵

00


また明治座に行って来た。今回は橋田壽賀子の女たちの忠臣蔵である。最初の発表は東芝日曜劇場1200回記念ドラマで視聴率42.6%も得たそうである。それはもう30年も前の1979年の事であった。大義に生きる男たちの影で泣いた女たちの生きざまである。56日の蟄居お預けの後、全員切腹する男たちには続きはないが、残された妻、母、姉弟、恋人の劇中5人には其々の人生があった。何と二人は後を追う自刀の最後を遂げる。豪華メンバーで全て迫力の演技であった。大人の女の絶叫の泣き声が今も耳に残り、目頭が熱くなる。
パンフは大型版であったのでA4で2回スキャンし合成するのに往生したが、最終画像を縮小した後フォトレタッチで何とか出来た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 5日 (木)

バタビアの黄昏散歩 

約100年前のバタビアの観光ガイドの続きである。00waterlooplein_1900

「バタビアの欧州人が散歩やドライブに行く時間がある。夕日が沈むころ少し涼しくなる5.45 から 6.15の間である。日曜日のウオータルー・プレインでは音楽会がある。ホテルを出てNoordwijkを、北に向かいダムの橋を渡り郵便局そして劇場を超えるとウオーターループレインにでる。ここはダーンデルスが建設を始め1828年に完成した政府ビルがあり、ここで蘭領インドの評議会 Raad van Nederlandsch-Indieも行われ、その壁には60人の総督の写真がはられている。この前庭にはバタビアの建設者Jan Pieterszoon の像がある。
像はHertogswegに向かって手を差し伸べそこに軍司令官の宮殿があり更にWillem’sKerkからKoningaspleinが現れる。
タマリンドの深い樹木の影がこの広い公園を取り巻いて目の前の夕日の金色の輝きに照らされながらランプの火が付くNoordwijkに戻ってくる。ここはバタビアのファッショナブルな上流社会beau-mondeで一流のレストランがありそのオープンエアーのテラスでディナー前のひと時を楽しんでいる。レストランの“Upper Ten”は特に女性が頻繁に利用して、この通りを名声のブールバードとしている。」

Lock Bridgeとあるが現在のメスジッド・イステクラルの所からパッサールバルーに流れるチリウン運河を渡る橋で、ここからポスト通りを切手博物館からジャカルタ芸術劇場を過ぎる所で右折すると現在の財務省本館とイリアンジャヤ開放の塔のあるバンテン広場に出る。そこがWaterloopleinである。
00image_departmen_financi_waterloop


政府ビルは現在の財務省本館でダーンデルスが宮殿として建設を開始したもので、完成後は宮殿とはならず政府の機関が入った。1950年にインドネシアが接収し一時国会としても使われたが主として財務省が使用している。向かって左端の元最高裁判所は現在使用されていない。
軍司令官の宮殿とあるのは現在のパンチャシラ記念館の事でそこにHertog 軍司令官が住んだ為その前の道はHertogswegと呼ばれる。 Willesm’skerkは今のエマニュエル教会である。
軍司令官の邸宅は現在のカシドラルのある所にあった時代もあるがそれはコック将軍で1828年にその土地を売り此方に移ってきたものである。Kock将軍の邸宅の後に現在のカセドラルが立てられた。パンチャシラ記念館に至るまでにクーンの像からバンテン広場の中心に立っていたライオンの像やミチール将軍の像もあったのであるから上のガイドは省略し過ぎである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 4日 (水)

2輪車業界はどこまで伸びる

インドネシアのモーターサイクル販売が未だ燃えている。
2011年は8.2百万台で何と12%アップである。ただこれは2008年のリーマンショックの経済危機が後を引いた反動での大幅増と言うこともある。
この伸び率は特にジャワ外特にジャカルタや西ジャワ以外の地方の伸びが貢献している。ジャカルタ等は既に飽和状態であるが新モデルへの買い替え需要が高くなっている。ジャワ外では特に鉱山部門、プランテーション部門(パーム、ゴム)、漁業部門のブームが域内の購買力アップに繋がっている要因が大きい。
インドネシアは7人に1台の普及率でこれは、近隣諸国の3人に1台に比べるとまだまだ伸びる予想の根拠となっている。保有台数は50百万と言われているがこれだと人口240百万に対し5人弱に1台となるが。。
業界の協議会AISI会長の予想では、今年の販売は二桁伸び率達成で9百万台到達する見ている。
今まで前年より減少したのは2008年のリーマンショック、1999年のアジア通貨危機・インドネシア国家危機であるが2006年2007年も2年減少・停滞している。この年は石油価格高騰が、高金利、インフレ、失業率ピークを招いた年であった。
自動車も燃えており 昨年前年比19%アップの87万台であった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年1月 3日 (火)

新年は日本晴れ

00p1020006

00p1020005

例年、正月は明治神宮に初もうでに行く。今年も見事な青空である。もう何年も新年はいつも青空で珍しくも無くなった南神門付近であるがついカメラを向けたくなる。去年の写真も掲げるが違いは飾りの干支が兔から辰に代わっているだけである。そうしてこの1年日本全国、日本晴れであって欲しい。
今年は2日の午後から行ったが最初の大鳥居を過ぎて直ぐから大群衆となっており、将に牛歩である。この群衆を捌く為に警備員が沢山いたが良く見ると彼らは警視庁機動隊からである。年末の放火事件の為だろうか。明治神宮は3が日で320万の人が初もうでに訪れる。2位は成田、3位は川崎大社だと言う。ジャカルタを比較に出すのもおかしいがアンチョール15万人、タマン・ミニが5万人、31日だけと言っても比較にならない。外人にとってはおかしな風景だろう。
00p1020004


丁度小生が拝んでいる時後ろで外人の声がして、どんな風に拝むかで前の人を覗いている風であったがギュウギュウ詰めの中、2拝2拍手1拝も出来ずなんとなくごまかしてしまった。そう言えば家でも仏様を拝むのにむにゃむにゃが多いことに気が付いた。拝む言葉を失しているがお願いだと勘違いしている。はやりの言葉ではないが生かされていることに感謝する事だ気づき今仏壇にお線香を上げて来た。癒しの香りである。
002010_0101_140126dsc09693


序でに3年前の明治神宮

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 1日 (日)

最後のスディルマン美化事業

00sudirmanbusinesmaret201002


00sudirmanbusinesmaret201001


0020100312_dsc00181

0020100527_dsc01082

正月の初夢でもないが、長い間放置されていたベンヒルの取り壊し跡がきれいなビジネス・センターになっているのを知った。未だ計画の図面だけではあるが、年末にでも鍬入れでも始まったであろうか。
大昔から立っていたベンヒルのビルは小生の何十年の間でも足が向かない所であったが、2年も前に取り壊わされ、つい最近まで整地されたままであった。

仮の名前はSudirman Business Centerであるが、どの開発グループがやっているか明らかでない。ここの左手は大和プルダニア銀行の駐車場で、河を越えての右手は昔の第一勧業銀行である。この河の一寸上流の同じ川岸にモフタール・リアディの高層癌病院MRCCCが建ったばかりである。従い建築許可が取れない筈もないので楽しみにしておこう。
写真は屋上から取り壊しを始めたばかりのビルとその下は整地済みの土地でサンプルナビルが見える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »