« イムレックの中のスリカヤ | トップページ | 2つ目のPullman Hotel »

2012年1月21日 (土)

新飛行場OR拡張

00dsc01852


0000dsc01844


2~3ケ月前新飛行場の計画の話があった時、未だ未だ第IIIターミナルの近くに広大な整備地があるのにと批判した所、後でなんとその計画は日本のJICAが提案した計画であったことが解りびっくりした。今日は又拡張の報道の話である。一寸前になるが1月9日、国営飛行場運営会社のANGKASA PURAが拡張を提案している。
この拡張は3本目の滑走路を追加しターミナルIVを建設するもので、総投資は11兆も掛かる。
現在の乗客処理能力22百万が90百万となるそうで問題は土地だそうで830ha必要となる。Karawangの新飛行場はこの代替案となるものである。
今の予想では90百万になるのは2025年なのでそれまでに解決しなければならない。
これはこれで進めるが既に実際処理乗客はキャパの2倍になっておる為,ローコストターミナル、荷物処理システム、ボーディングエリアの拡張、タクシーウェーの拡張、近代化を進めている。

|

« イムレックの中のスリカヤ | トップページ | 2つ目のPullman Hotel »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新飛行場OR拡張:

« イムレックの中のスリカヤ | トップページ | 2つ目のPullman Hotel »