« 最後のスディルマン美化事業 | トップページ | 2輪車業界はどこまで伸びる »

2012年1月 3日 (火)

新年は日本晴れ

00p1020006

00p1020005

例年、正月は明治神宮に初もうでに行く。今年も見事な青空である。もう何年も新年はいつも青空で珍しくも無くなった南神門付近であるがついカメラを向けたくなる。去年の写真も掲げるが違いは飾りの干支が兔から辰に代わっているだけである。そうしてこの1年日本全国、日本晴れであって欲しい。
今年は2日の午後から行ったが最初の大鳥居を過ぎて直ぐから大群衆となっており、将に牛歩である。この群衆を捌く為に警備員が沢山いたが良く見ると彼らは警視庁機動隊からである。年末の放火事件の為だろうか。明治神宮は3が日で320万の人が初もうでに訪れる。2位は成田、3位は川崎大社だと言う。ジャカルタを比較に出すのもおかしいがアンチョール15万人、タマン・ミニが5万人、31日だけと言っても比較にならない。外人にとってはおかしな風景だろう。
00p1020004


丁度小生が拝んでいる時後ろで外人の声がして、どんな風に拝むかで前の人を覗いている風であったがギュウギュウ詰めの中、2拝2拍手1拝も出来ずなんとなくごまかしてしまった。そう言えば家でも仏様を拝むのにむにゃむにゃが多いことに気が付いた。拝む言葉を失しているがお願いだと勘違いしている。はやりの言葉ではないが生かされていることに感謝する事だ気づき今仏壇にお線香を上げて来た。癒しの香りである。
002010_0101_140126dsc09693


序でに3年前の明治神宮

|

« 最後のスディルマン美化事業 | トップページ | 2輪車業界はどこまで伸びる »

ジャカルタ人の日本日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新年は日本晴れ:

« 最後のスディルマン美化事業 | トップページ | 2輪車業界はどこまで伸びる »