« 明治座界隈 | トップページ | インドネシア税務の禅問答法令 »

2012年1月 9日 (月)

ジュアンダの 都市伝説

00p1080016


Noordwijk通りは今のジュアンダ通りで80年代は日本のカラオケもあったり、サリーナ支店もあったが現在は少しうらぶれてきた。大手で頑張っているのはJiwa SurayaとAstraである。ハヤム・ウルックを曲がる所のホテル・メラティがジュアンダの最初のビルで、最後に近いパッサル・バルー近くにホテル・ロイヤルがありどちらも我々が使える様なホテルではない。(どちらも既にブログにアップしている。)
002009_1004_144912dsc08535

ロイヤルの先に昔、チーズホンヂュか何か出した西洋レストランがあったが探した時は既に屍になっていた。昨日もゴルフに行く途中通り過ぎた時未だ屍のまま健在であった。20年も屍をさらした建物も珍しい。何か不吉な話でもあるのであろうか。今、ここに「Mataram Maju」と言うオフイスビルが建設中であるが、取り壊しはされてない。ここは何故かGAS NEGARAが差し押さえており、ひょっとするとこのまま取り壊されずに続くのかもしれない。 2009年の写真では近くのKostradのトラックが止まっていたが、昨日は隣のパダン料理店Sari Minangのトラックである。

|

« 明治座界隈 | トップページ | インドネシア税務の禅問答法令 »

ジャカルタ(人)の暇つぶし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジュアンダの 都市伝説:

« 明治座界隈 | トップページ | インドネシア税務の禅問答法令 »