« インドネシア来年を占う今年の10大ニュース | トップページ | 新年は日本晴れ »

2012年1月 1日 (日)

最後のスディルマン美化事業

00sudirmanbusinesmaret201002


00sudirmanbusinesmaret201001


0020100312_dsc00181

0020100527_dsc01082

正月の初夢でもないが、長い間放置されていたベンヒルの取り壊し跡がきれいなビジネス・センターになっているのを知った。未だ計画の図面だけではあるが、年末にでも鍬入れでも始まったであろうか。
大昔から立っていたベンヒルのビルは小生の何十年の間でも足が向かない所であったが、2年も前に取り壊わされ、つい最近まで整地されたままであった。

仮の名前はSudirman Business Centerであるが、どの開発グループがやっているか明らかでない。ここの左手は大和プルダニア銀行の駐車場で、河を越えての右手は昔の第一勧業銀行である。この河の一寸上流の同じ川岸にモフタール・リアディの高層癌病院MRCCCが建ったばかりである。従い建築許可が取れない筈もないので楽しみにしておこう。
写真は屋上から取り壊しを始めたばかりのビルとその下は整地済みの土地でサンプルナビルが見える。

|

« インドネシア来年を占う今年の10大ニュース | トップページ | 新年は日本晴れ »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最後のスディルマン美化事業:

« インドネシア来年を占う今年の10大ニュース | トップページ | 新年は日本晴れ »