« Ambassador Mall前の渋滞 | トップページ | モールの将来 テストケース »

2012年1月27日 (金)

アーバンフードの日本料理 Zenbu

Abzennbu
プラザインドネシアの5階だったか少ししゃれた日本料理店がある。1年前に取材に行ったがその後どうかと気になっていた店であるが、その日は春節でもあるが、多くの人でにぎわっており安心した
料理は日本フュージョンのメニュウで、今までにない食材の取り合わせ例えばマグロ寿司の上にチーズをトロリと乗せたものやサーモン・ベーコン、マグロ・メンタイ、トビコ・トーフやべジタリアン向けの野菜うどんや野菜鉄板焼きなどが、薄味でインドネシア人の舌に合うようモディファイされそして現代風である。後色々工夫もされて、寿司ロール等のニックネーム(パチンコ、バンザイ、トゥッティ・フルッティ)、食材と味をマトリックスで選べる焼きうどん、全てにカロリー表示し、オムライス、ラーメン、どんぶり、うどん、Mozaruと取りそろえている。


00pa050005

現在5店舗に拡大したが2012年には10店舗にする計画である。オーナーはHubert Mantony Youngで1975年11月生まれで、米国コロラドでマーケティングを学んでいた時、日本社会(ジャパン・タウン)に出入りするようになり、日本食品に親しみ、それをきっかけに日本で1年日本語の勉強をし、2000年に帰国、一時サラリーマンをやったが日本で見たコンセプトのレストランがインドネシアには無いことに気付き事業を思いったったそうである。さすがは中国人である。
スノパチ通りにも4店目があるが、昼食時にはこの駐車場が満杯になり若い?おばさん達がワンサカやってくる。

|

« Ambassador Mall前の渋滞 | トップページ | モールの将来 テストケース »

ジャカルタ(人)の暇つぶし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アーバンフードの日本料理 Zenbu:

« Ambassador Mall前の渋滞 | トップページ | モールの将来 テストケース »