« インドネシア成長2題 | トップページ | ムストポ大学の海軍中将 »

2012年2月 6日 (月)

帰国の日のスカルノ・ハッタ・ターミナル

日本に戻る日のガルダは8割程度の搭乗率、いつもの33C に陣取る。日本映画は1本のみKANJI 2(東宝)。 食事サービス等すべて33C が最後となる。普通はパーサーが後ろ側からサービスアシストするのであるが。。日本食はおも湯に丸切り人参と芋がごろごろ入っている戦時色濃いもので、おかずは大学芋に人参と大根の細切り酢の物では一寸手が出ず。
00p2050026


00p2050028


スカルノハッタのデュティーフリーショップにLotteが進出、この店の一つ置いた先にもあった。
ずっとDゲート方向に行くといつも寄るマガジンショップがあるが、インドネシアには日本の週刊誌的なものはなく経済等固いものかおしゃれものばかりで買うものはないのでタブロイド版でごまかした。
日本に戻る前の日にパソコンのCデスクが満杯となり稼働しなくなった。デスク整理中にお気に入りの中身が全部喪失した。 このVisaの富士通パソコンは本当に出来そこないで苦労させられる。

|

« インドネシア成長2題 | トップページ | ムストポ大学の海軍中将 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 帰国の日のスカルノ・ハッタ・ターミナル:

« インドネシア成長2題 | トップページ | ムストポ大学の海軍中将 »