« ジャカルタ コンビニオープンは慎重に | トップページ | UNO家の思い出 »

2012年2月19日 (日)

スハルトの子供達は今

00img


空港のターミナルのマガジンショップで買ったタブロイドはC&R(Check & Recheck)と言い表の表紙を飾っているのはバンバン・トリハトモジョとマヤンサリで タイトルは「チェンダナの家族として迎えられるマヤンサリ」である。
Mayansariは1990年代の歌手で小生も“Tiada Lagi”や“Harus Malam ini”位は唄える。
二人の仲は古く バンバンが最初の妻Halimah Agustina Kamilと生活していた時代の1999年頃らしく ゴルカールの活動で知り合い2006年には娘Khirani Siti Hartinahも設けていた。この不倫と離婚は当時かな
りのもので、実際Halimahとの離婚訴訟はついこの間終わったばかりである。
3人はMbak Tututの結婚40年の記念の宴に訪れたのだが、先に来ていた先妻の娘Gendis Siti Hatmanti夫婦は別の部屋で会うことはなく良かったと言っていたそうだ。
Ibu Tien亡きあとはTututがスハルト家を背負った形であるが、その日は長男のSigit Harjojudato夫妻が子供Ari Sigit夫妻等を連れてきた他はTommyは現われず又二人の姉妹Siti Hediati Haryadi(Titiek) とSiti Hutami Endang Adiningsih(Mamiek)は今パリに在住でTitiekの先の夫Prabowoとの一人娘Diditはパリでモデルをやっているそうだ。
Tututは“Ayo makan Yuk、masuk ke dalam”と優しい声でBambangとMayansari親子を招じ入れた。

|

« ジャカルタ コンビニオープンは慎重に | トップページ | UNO家の思い出 »

現代企業・人物フーズフー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スハルトの子供達は今:

« ジャカルタ コンビニオープンは慎重に | トップページ | UNO家の思い出 »