« 怒涛の自動車産業 | トップページ | ジャカルタ コンビニオープンは慎重に »

2012年2月17日 (金)

ultimate solution for traffic jam

怒涛の自動車産業に贈る渋滞解消策

00p3100010


山盛りになり道からあふれかえる様なジャカルタは今世界一の渋滞後進国である。そこであっと驚く渋滞解消対策を教えよう。
1) この写真の渋滞は基本的に高速料金所があるからそこで入ろうとする車で詰り、その尻尾で出る車も出られない:CawangからGlogol迄は高速と一般道の境を無くし片道10車線での一般道化する。
2) Uターンする場所が少なく無駄に反対方向に走っている車が多い:バスウエーの間の境界植樹を無くしどこからでも、どこでもUターンが出来るようにする。すなわちバスウエーの共用へ供出
3) ビルの出はいりで渋滞:全てのビルにそのスペースを供出させ四周を道路にさせると、ビルが並ぶほどに裏道が完成し且つビルに入る車は正面からでなく左折れの道から入るようにする。出る車は裏の道へ
3-1)道が少な過ぎる。 いつまで行っても左折して逃げる道がない。未だあちこちに空き地がある今のうちに土地収用するべきである。その道ネットづくりに3)は有効である。
3-2)一切の警官或いは政府が作ったブロックを無くし自由にする。他の車の負担において成立する特急は生活のルール違反だ。空いている先にある渋滞、渋滞の先にある閑散は常に一定の緩やかであるがスムーズな交通が出来る事を暗示する。
4) 信号の待ち時間が長い:U-ターンが簡単に出来るようになったので右折車用のシグナルを無くす。右折車は直進し300メーターほどでユーターンし信号の所に来たらいつも青で左折出来るようにする。
5) 信号の長さを一定の60km程度の速度を守る車両は常に青になる様(Blue Wave)にセットし思い思いのスピードで走るのを統一する。
6) 追い越し割り込みはブレークでなくアクセルを使うとか技術教育が必要。或いは渋滞を避けようとする技術もない。いつも渋滞が好きではないかと思われるほど運転手達の渋滞を起こす行動に感心する。
7) チップを取る交通整理の少年達や勝手に割り込ませるビルのSatpam等を取り締まる。
7-1) 交通警官を半減し浮いた政府予算で道路を作る。 警官一人一人で勝手に渋滞を作っている。
8) そして何よりもMoralとdisciplineの向上が必要だ。Maaf Silakanの精神で言葉を出して意思表示をする。権利の主張ばかりでは衝突する。
9) その他色々あるがそれは小生の渋滞をスリ抜ける・早避けるノウハウであるので公開はしない。

|

« 怒涛の自動車産業 | トップページ | ジャカルタ コンビニオープンは慎重に »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ultimate solution for traffic jam:

« 怒涛の自動車産業 | トップページ | ジャカルタ コンビニオープンは慎重に »