« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月の投稿

2012年3月29日 (木)

The Bellezza

002012_0327_215127p3270007


002012_0327_215026p3270005


Y 君が住むPermata Intan(Hijau)地区は高級住宅地である。そこにいくつもの高級アパートとショッピングモールがある。代表的にはITC Grand Mall或いはBellezaで、そこには日本寿司店も店を出しており、刺身セットは20万と安くはない。ここに行く道筋は中々思い出せない。パクブオノの外側を走る、ポンドクインダーを結ぶアルテリ Teuku Nyak Ariefを北に向かい陸橋を超えて道がLetgen Soeponoになるあたりである。或いはSimplukからも行けるが、K君などどうも馴染みはないようで辿りつくのに時間がかかった。このアルテリは昨日は大渋滞、ずっと先で事故でも起こしているのであろう。インドネシア人はじっと耐えながら目的地を目指すが小生は横にあった道に逃げるとそこはガラガラであった。この地区にはシンガポールの高級ホテルFナントカもあったので今度は昼に見に行ってみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月28日 (水)

GIIC 工業団地はどこ

00p3240021

00p3240024

00p3240029

00p3240045

KIIC工業団地と見がおう名前であるので気になっていたので、先週見に行くことにした。Greenland International Industrial CenterでKIICはKarawang International Industrial Cityだっとと思う。
ジャカルタのCawang/Halimから起算してCikanpekに向かって37kmで高速道路を下りるとまっすぐこの工業団地があるDeltamas地区に入る。 工業団地は双日とシナールマスの共同事業で開発しているもので総面積が1,200ha、第1期 450haは昨年完売しており、第2期は施行中で2013年から販売となるが相当予約で抑えられているのではないだろうか。必要な場合は聞いて見るが良い:TEL021-8997-1188
商業事務所・RUKO、住宅販売もあるが、賃貸工場はない。 
この地区は工業団地が繋がってあり、GIICは東のKIICと西のLippo Cikarangの間にある。 この辺りからタンジュン・プリオク港に繋がる物流高速道路も計画されている。
このDeltamasは総面積3,000haであまりに広大でうろうろしている内に肝心のGIIC自体を見ることなく帰ってしまった。土曜日の日中、人影もなく延々たる地平線に照りつける太陽は記録的暑さであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月27日 (火)

Kali Malangはどこへ

Galaxi Cityから帰りは又高速を使うのは脳が無いのでKali Malangを通る事にした。
Kali Malangは同名の運河沿いの道で正式にはJl.NoerというがBekasi からジャカルタ迄は20km、運河自体は上流のJatiluhur人造湖から流れ出て70km以上はある。
00dsc03461

00dsc03463

Bekasiで見る運河は水量が殆ど道路と同じレベルであふれそうである。ジャカルタ迄の途中で高速道路が建設途中で放棄されていた。
この運河は少し古い地図で見るとCawangまで来て突然切れている。 丁度Cipinang刑務所の南当たりであるが目を凝らすと北に向かう小さなKali Cipinangに繋がっているようである。新しい地図ではこの運河は東洪水運河(BKT)が引き受けるが本流は更に北に向かいKali Sunterとなる。運ちゃんに聞くとこのCawangの水門には昔よく死体が流れてきたと言う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月25日 (日)

住宅地開発 Galaxi City

又TVのリモートが勝手に動きNHKが見れなくなり、ローカルのTVを見ていると連日住宅地の宣伝にお目にかかった。昨日はチカンぺック方面の高速ジャンクション、Cikunir地区のGrand Galaxi Cityである。 Agung Sedayu グループが開発する60haの住宅地である。
00p3240066


行ってみるとそこは相当前に開発された住宅地でKelapa Gading地区までは整備されてないが、20年程も昔からあったと思われる。Galaxiの地名も既にあり、そこの外側に開発中であった。
00dsc03452


地区をいろんなイメージで統一したClusterでマッピングしており、電気ケーブル類は地下敷設で 側溝GOTもネット化されている。値段は90m2で言えば6-8億、金利ゼロで家賃並み、5年も払えば所有できる手ごろさである。ここに居る限りは素晴らしい生活も楽しめようがジャカルタ通勤は無理だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月22日 (木)

ワヤン・オラン バラタ劇場

1900年初めのバタビア時代の映画はGambar Idoepと言うが、タナバンや スネン、或いはグロドックに映画館があったらしい。タナバンはRialt座、グロドックはOrion座で
00p8070115


スネンは今のWayang Orang Baratha バラタ劇場である。バラタ劇場はスネンラヤのKalilio大通りに面しているが何時も通る時は閉まっているものの、素晴らしいパフォーマンスを見せてくれるらしい。ヒンドゥ伝来の神話ハーバーラタとラーマヤナの題材からの、舞踊劇であるがあのクリット(皮)製や人形でなく実際の男女が織りなす劇はスペクタクルを増す。
本場ソロでは毎週定期的に上演されているようであるが、ジャカルタのこの劇場はどうであろうか。電話7064-2535では毎週土曜の夜は何か出し物があるようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月21日 (水)

インドネシア映画の日

3月30日はインドネシア映画の日(Hari Film Nasional)ある。62年前のこの日、1950年の事となるが インドネシアの映画の父と言われるUsmar Ismailが”Darah & Doa”と言うインドネシア最初の映画を作った日である。オランダ時代は一部の中国人とオランダ人のみが映画作りをやってきたが日本時代は日本軍政宣伝の映画作りを日本軍が力を入れたおかげで技術はインドネシア人に移転していたと言われる時代を超えて、独立戦争に勝利した年に初めてインドネシア人の手による映画が出来たのである。
Usmarのこの映画はLong March of Siliwangi言う副題が付いていた。そうして同時にUsmar は Perfini(Perusahaan Film Nasional Indonesia)と言う映画会社を設立したのである。
世界の映画の始まりは1895年頃フランス人のルミエール兄弟が作った無声映画が初めてであるが早くも1900年にはオランダ人がここインドネシアにも持ち込んでいる。又インドネシアで最初に作られたのは、オランダ人による “Loetoeng Kasaroeng”と言う映画で1926年であった。彼らG. Kruger と L.HeuveldorfはJava Film Companyバンドンに作り翌年には”Euis Atjih”もヒットさせた。1928年になると上海から来たWong兄弟が“Lily van Java”を制作した。多分このころはUsmarはオランダの映画会社で働いていたのであろう。
そして1938年にはあの有名なTerang Bulanが作られるのであるが、こちらはAlbert Balink 監督とシナリオは Saeroenが作ったので、純粋なインドネシアとは言えないようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月19日 (月)

再度 BPKP 対 BPK

先週ニュースに出たBPKPに対比される政府の機関がBPK 会計検査院である。00_bpk_gatot_subroto_4


BPKPが政府諸機関の内部監査を担当するのに対しBPKは外部監査機関である。外部監査機関とは諸行政機関から独立した機関でBPKは国会に報告責任がある。州の監査の場合はDPRD(地方代表議会)に報告する。
BPKの委員は、国会により指名され、大統領により任命される。BPKの建物は何時ものように通るガトットスブロト通りのスリッピー寄りに立っているがそれと気づく人は少ないようだ。監査人の数は550人でBPKPの10分の1程度で、省庁の数や地方自治体の数を考えると全部をこなすのは不可能で選択的にやるしかないようだ。
00_bpkp_dsc00455


どちらのビルも中央を離れた所に立っているのだなと妙に感心したがこの間、町の中心コタにもBPKPがあったのを見つけ驚いた。此方は都合三つのビルがあったと言うわけである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月14日 (水)

Simpruk の家2題

昨日住所の番号NO.16 なんとなく探していたと言うのは此方の住居のアドレスであった。00p3110011


これもC&Rタブロイドの受け売りであるが先日の故スハルト大統領の長女シティ夫婦のパーティに現れたBambangさんとMayansariさんの新居である。住所はSimpruk Golf(16-36)、200億の豪邸と迄書かれていたが、この16は地図にもないくらいでメスジドの裏の小さな道を入って行く隠れ家みたいで今以て信じられない。信じるとせば家の前に男どもがたむろしていた事くらいである。00p3110013


ついでに小生が昔メスにして住んでいた家に回ったが昔のまま古びたまま立っていた。裏には25メートルのぷーるがあり2階の吹き抜けから青色に生えるハイビスカスヲ見ながら憩っていたものだ。風呂場が3ケ所もあったので3人で入ったが今は彼らは少し遠い。取った写真を見てくれる人はいない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月12日 (月)

マルタ・ティラールの風格

Jalan Patra KuninganにMartha Tilaarの創師の家があると言うので行ってみた。
00dsc03434


Hotel Gran Melia Jakartaの裏辺りで、プルタミナの社宅とか持ちの住宅が並んでいる一角でなんとなくNo.16 を探してきょろきょろしているその前にこの住宅はあった。バリ風の大きな門が二つ、バリの神の石像があり、バリの神殿を思わせるが中はジャワ風でもある。ジャワのセラミックの像“Loro Blonyo” (夫婦の像)もジャワの大画家Sudjojonoの大画も飾ってある。
00p3110006


マルタ・ティラールはムスティカ・ラトゥと並んでインドネシアを代表するコスメ・ブランド或いは美容・スパを展開しており、マルタ・ティラールはズバリ総師の名前である。彼女は今74歳、4人の子供達も巣立って、今夫婦二人で生活しているようで、裏庭のプールサイドでMayonggo Setoと言うジャワ・エクササイズで健康を保っている。彼女は1970年に夫と共に米国留学から戻りコスメ・ビジネスをスタートさせ、現在は38のサロン、12の美容スクール、小売アウトレットはカウントレスで6,000人の従業員を抱えるようになっている。この文章にSylviana Hamdaniさんのレポートから借用した部分もあるが、インドネシア人の金持ちの、豊かで暖かい自然がはぐくんだ文化の中の生活風景は一言二言で描写出来るものでなく、行ってみて憩ってみるしか解らない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 9日 (金)

アリシャバナの係累

前から思っていたのであるが、コタの昔ののAlsip  Negara(古文書館)にTamaria アリシャバナと言う人がいてキットあの大文豪スタン・タクディル・アリシャバナの一族でないかとおもったのが切っ掛けである。
この間タンマラカを調べているときに彼自身独立の英雄であるが他にも多くの独立の英雄を輩出したミナンカバウ出身の名簿があり、この中にアリシャバナも入っていたので彼はミナンカバウ人だと思ったが、物の本にはジャワのラ―デンとも関係があるようである。彼自身については書生ブログ「スタン・タクディル・アリシャバナの一生」をご覧ください。
00img_alisjahbana


ミナンカバウ人のリストの中に更に目を引くのはこの間のBKPMシリーズの商業大臣ギタ氏で掲げた閣僚の中の国務相(国家開発計画担当)のアルミダ•アリシャバナ氏があったのである。そうしてこの人が親族の一人であることを突き止めたのである。

タクディル・アリシャバナは離婚したとか複数の妻を持った訳ではないが、先立たれた関係で3人の妻がいる。その子供の数は9人(3人+2人+4人)で最初の奥さんの子供Sofyan氏と2番目の奥さんの子供 Mirta Alisjahbana 或いはSofyan氏の奥様のPia Alishjahbanaが雑誌 Femina  を創刊した(ブログを参照)そして最後の奥さんの子供がTamariaである。最初の奥さんのIskandaraの義理の娘がAlmida Alisjahbana女史でユドヨノ時代の国務大臣(国家開発計画担当)で、父MochtarKusumaatmajaも1973年の大臣である。彼女は現在でも国連経済社会委員会の秘書長で、パジャジャラン大学の教授でもある。Iskandara氏はITB大学の教授で"Father of Palapa Domestic Satellite Communication System."と言われた人らしい。最初の娘さんはSamiati Alisjahbana女史は詩人で作家であるが36歳でハワイでお亡くなりになっている。
子供が9人もいてそれぞれが夫婦で顔を出すと訳が解らなくなる。まこの特異の名前はキット係累があるのであろうと思っておれはいいかもしれない。
(無責任御容赦乞う)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年3月 8日 (木)

女性のミニが悪い

00img_00091

ファウジーボウォも市長になってしまうと駄目になる。又市長選に出るのか、人気取りの言動が多い。昨日はレープの原因にレープされる女性も責任があるなどとぬかしていた。それは女性のミニスカートで男がいきり立つかららしい。どうしてイスラムの人はそう簡単になるのであろうか
 一度山にでもこもって見るとよい。 だけど昔はもっと自由があったのではないだろうか。軍の女性兵士は皆ミニスカートであった。この際ミディもミニも同じである。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年3月 7日 (水)

3月のGaruda サービスはお手の物

今月も又Garudaを褒めねばならない。小生だけかもしれないが3月中に往復するチケットを購入する人は、ビジネスクラスにアップグレード出来るサービスがある。
00p3060005
00p3060006
それも往復でである。しかし今回のガルーダは何故かビジネスクラスは9名のみで準備された席の1/4である。
フライトは快適、うとうとしたくらいで到着も早い感じである。機長は時間通り到着に成功したが、到着してからの空港を出るまでに40分もかかった。確かにインドネシアの出入国者はウナギ登りと言う事、或いは現在はスカルノハッタ空港の処理能力は2千万強であるが、実際の人数は2倍の4.4千万と言うのは実感出来る。 ボーディングブリッジが足りないため我が飛行機はTerminal 3の方に駐機したようだ。確か第3の滑走路は未だのはずであるのでその滑走路の筈はないが。。 従って時間がかかったのはひとへに到着してからの飛行機のTaxiであったのである。しかし駐機するやビジネスクラスはイノーバか何かに分乗、イミグレの直ぐ側に付けたので、ボーディングブリッジより早かったかもしれない。又ビジネスクラスは荷物の扱いがプライオリティタッグで特別コーナーで受け取れるとか、よくここまでサービスが出来るようになったものだと隔世の感がある。
写真は前菜、その後メインとデザートと3回のセットが出る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 5日 (月)

Apa Hotel M ?

最近はホテルらしくないホテル名がいやに目に付く。 ここはHotel Mでなく M Hotelの方が正しいと思う。これらのグループの名前はHotelが後ろに来る筈である。 小生は言い訳したくなるが、Apa Hotelはその歴史(グループは1971年、ホテル事業は1980年)に比べなんと30年も知らないでいた。 成田に行く途中(八千代緑が丘)でこの名前を見てApa?と思ったのはつい最近である。 Apaと言うのは創業者元谷ご夫妻の名付けでAlways Pleasant Amenityだそうだから意味はある。
00p1150115


00p1150112

Mの方の意味はブロックMのMと思われる。Blok-MのCarrefourの前、昔の舞子や麻布の前でもあるコーナーに、この1月オープンしたホテルである。 (Melawai VI 7235724 mhoteljakarta.com 081286691023)
Apa HotelはApa Hotel チェーンと言えるがMは従い1ケ所である。 Apa  Hotelは2012-3年予定も入れて100店もあり毎月1店のペースで伸びている。ビジネスホテルではトップだと思ったが店舗数ではルートインは196店舗、東横インは156店もあると言う。さすがは日本である。
M Hotelのグランドオープンは未だかもしれないが、Rp35万でいいよとWahyu ウイチャクソノ マネージャー氏は言った。
Hotelの名前でHotelが前なのか後ろなのか実際は後ろが多いが感覚ではHotel Californiaが頭を占める。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 4日 (日)

「インドネシア企業経営」 最近の目次

いつの間にか3ケ月も経過していたのか 2月号含め3ケ月分の目次は以下の通り。
インドネシアの経済、会計・税務、諸手続き等の法令の紹介など下記の目次の通り。詳しくはメールアドレスrisa@indomalco.com又は k2433@ae.auone-net.jp或いはwww.indonesialink.net/indomalco/に照会下さい。
2月号
  1 ) インドネシアの 今月の税務法令アップデート 7 2
  2 ) インドネシアの 今月の経済法令アップデート   6 9
  3 ) インドネシアの 会計原則 152(関連当事者についての開示 2) 3 15
  4 ) インドネシアの 租税条約に基づく情報交換による調査 3 18
  5 ) インドネシアの 自由貿易地域・自由貿易港の物品搬出入 4 21
  6 ) インドネシアの 海外借り入れ外貨の引き出し報告 2 25
  7 ) インドネシアの 生産目的の自社使用の付加価値税 3 27
  8 ) インドネシアの 新保税地区規定の補足 3 30
  9 ) インドネシアの 労働協約の作成と登録  4 33
  10 ) インドネシアの 税務申告納付のための書式一覧 2 37
  11 ) インドネシアの 輸入規制関連規定の変遷 アップデート 4 39
  12 ) インドネシアの ビジネスの支障になる法令 2 43
  13 ) インドネシアの 輸出目的の輸入原材料にかかる関税免除 5 45
  14 ) インドネシアの 今月の労働関連トピックス 2 50
  15 ) インドネシアの 真珠の輸入規制 2 52
   
2. 今月の政治・経済情報  
  1 ) 2012年1月度 下旬 政治・経済トピックス メール配信 2 54
  2 ) 2012年2月度 上・中旬 政治・経済トピックス メール配信 5 56
  3 ) 2011年GDP速報、物価・貿易2012年2月発表 メール配信 3 61
   
3. 暮らしの随筆・その他  
  1 ) 橋本政彦 「明日の街角74~沖縄の旅で」  2 64
  2 ) 拓海広志 「小笠原の母島にて・南の島の星降る夜に」 2 66
  3 ) 広沢勉 「インドネシアの熱帯植物」 2 68
   
4.今月の金融・経済関連データ  
  1 ) 今月の月次経済指標 2010-2011トレンド メール配信 2 70
  2 ) 今月の会計・税務用換算レート メール配信 1 72
  3 ) 今月の為替株式金利の動き メール配信 1 73
1月号
  1 ) インドネシアの 今月の税務法令アップデート 5 2
  2 ) インドネシアの 今月の経済法令アップデート   8 7
  3 ) インドネシアの 会計原則 151 (関連当事者についての開示) 4 15
  4 ) インドネシアの 所得税年次申告書の受領審査の方法 5 19
  5 ) インドネシアの 外貨の国内還流促進政策 3 24
  6 ) インドネシアの 2012年の投資政策 3 27
  7 ) インドネシアの タックス・ホリディ その2 企業の進捗報告等 2 30
  8 ) インドネシアの 中古資本財の輸入規定アップデート 6 32
  9 ) インドネシアの 就業規則の策定と承認 3 38
  10 ) インドネシアの 国内納税主体と外国納税主体 5 41
  11 ) インドネシアの タイヤ輸入の船積み前検査義務 2 46
  12 ) インドネシアの 今月の労働関連トピックス 2 48
  13 ) インドネシアの 2011年のインドネシア経済を振り返って 1 50
  14 ) インドネシアの 2012年インドネシア経済の展望と課題 4 51
  15 ) インドネシアの 経済指標 2002-2012 3 55
   
2. 今月の政治・経済情報  
  1 ) 2011年12月度 下旬 政治・経済トピックス メール配信 3 58
  2 ) 2012年1月度 上・中旬 政治・経済トピックス メール配信 5 61
  3 ) 物価・貿易2012年1月発表 メール配信 1 66
   
3. 暮らしの随筆・その他  
  1 ) 橋本政彦 「明日の街角73~辰年の思い―スマートな社会」  2 67
  2 ) 拓海広志 「理学は、実業の諸問題を解決出来るか?」 3 69
  3 ) 広沢勉 「インドネシア 私の半世紀」 2 72
   
12月号
  1 ) インドネシアの 今月の税務法令アップデート 4 2
  2 ) インドネシアの 今月の経済法令アップデート   7 6
  3 ) インドネシアの 会計原則 150 (無形固定資産 6) 3 13
  4 ) インドネシアの 国外関連者との取引と独立企業間価格の適用 12 16
  5 ) インドネシアの 輸入の通関用語 3 28
  6 ) インドネシアの 2011年最低賃金速報~主な州・県/市 1 31
  7 ) インドネシアの 2011年投資環境トピックス 兼重大ニュース 5 32
  8 ) インドネシアの 賞金・表彰金の課税 2 37
  9 ) インドネシアの 梱包された商品の取扱い 2 39
  10 ) インドネシアの 新アパート法~占有・所有と利用 3 41
  11 ) インドネシアの 今月の労働関連トピックス 2 44
  12 ) インドネシアの サービスに努める租税総局 5 46
  13 ) インドネシアの インドネシアが発給する原産地証明書 広沢勉 2 51
  14 ) インドネシアの 特別道路の指針 2 53
  15 ) インドネシアの 新会社の工業団地の土地購入例 1 55
  16 ) インドネシアの 保管証書制倉庫で保管できる物品 1 56
   
2. 今月の政治・経済情報  
  1 ) 2011年11月度 下旬 政治・経済トピックス メール配信 2 57
  2 ) 2011年12月度 上・中旬 政治・経済トピックス メール配信 5 59
  3 ) 物価・貿易2011年12月発表 メール配信 1 64
   
3. 暮らしの随筆・その他  
  1 ) 橋本政彦 「明日の街角72~知の広場―ネット社会」  2 65
  2 ) 拓海広志 「里海の実現に向けて : 神田優さん」 2 67
  3 ) 西見恭平 「インドネシアのフリーメイソン その2」 4 69
   
4.今月の金融・経済関連データ  
  1 ) 今月の月次経済指標 2010-2011トレンド メール配信 2 73
  2 ) 今月の会計・税務用換算レート メール配信 1 75
  3 ) 今月の為替株式金利の動き メール配信 1 76
      ニュース性のものについてはご希望の方にメール配信もしています。    
表紙写真:中部ジャワ州ソロのマンクヌガラ王宮、裏庭に立つ謁見の間。      


発行:PT. Indomalco Info Center
Plaza Sentral 3rd , Jl.Jend.Sudirman No.47,Jakarta 12930 Indonesia
TEL: (-62-21-)570-9767, 570-9768(直通), Fax:570-9769, 574-1923
Handphone:0816-726585, 0811-996071 E-Mail: risa@indomalco.com 主幹:西見、兼松
ホームペイジ:www.indonesialink.net /indomalco/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 3日 (土)

"kopitiam"はブランド?

00p1220124


"kopitiam"と言うコーヒー・ショップ・チェーンがあるが先日(28日)、このブランド訴訟でインドネシア人のAbdulと言う人がシンガポールのKok Tongと言う人に勝訴した。
彼は1996年にこのブランドを登録したと言うことらしいが、これも中国のブランド侵害と同じ使いもしない登録ではなかったのだろうか。 Kopitiamとは中国語でコーヒーショップと言う意味に過ぎないので既にインドネシアにはIndonesia Kopitiam Association と言う同業組合もあり、彼らは多くの従業員を抱えて貢献しているのに単に一人の為に利する判決に憤慨している。シンガポールでも同じ様な訴訟があったがシンガポールでは登録にはならなかったと言う。
このブログでも取り上げたインドネシアで最も有名な"Kopitiam Oey" のオーナーBondan Winarnoも誰もこの言葉を一人占めするのは許されないとこの同業者組合のスポークスマンとして語っている。
Kopitiam はインターナショナルなCoffee Shopに立ち向かうオプションを与えるもので、自分達の創作ではなくそれはブランドではなく我が料理文化と社会の融合のサインであると強調した。
00p1220122


プラザ・インドネシアにもシンガポール系Kopitiamがあったが、壁に古い時代の風景の白黒写真を本家を主張するようにもったいぶって飾っていてお客でにぎわっていた。
上の写真は拡大すると桃の花の影に Kopitiamの字が見える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 2日 (金)

国家財政監査人が5,500人も 

昨日かジャカルタのビルの12階から飛び降り自殺したニュースを見た。ビルはBKPMならぬBPKPと言う。
毎週土曜にはいつも通るプラムカ通りのビルだと見当付けアルバムを見るとやはりそうであった。
00p5290081
00p5290079


BPKPは国家監査機関の一つで「国家財政・開発監督庁( Badan Pengawasan Keuangan dan Pembangunan)」と言うが、自殺した人はここのSenior AuditorでどうもDepression(うつ病)で、仲間4人と話している内に突然屋根の方に上がり止めるのを聞かず飛び降りたとある。 新聞では職位クラス III-cと出ていたので大卒の課長クラスである。
国家監査機関にはBPK(会計検査院)もあるがこちらは憲法に定められた独立の機関で国会に報告するが、BPKPは所謂省外機関(LPND)で大統領に報告する。言わば前者が外部監査機関であり、後者は内部監査機関である。各省には監察総局(Irjen)がいるがこちらは5人程度で組織的監査は出来ない。BPKPはオランダ時代・独立後の大昔からあるが1983年に財務省から切り離したBPKPの名前になり今や全国33の州事務所を抱え7,600人の所帯である。内監査官が5,500名、殆どがS1で、博士課程以上も600人以上いる。国営企業を含めた国家機関省庁や海外援助プロジェクトの監査、各省の業績評価、Irjenなどの教育の他に監査による汚職の防止摘発なども行うので汚職撲滅委員会(KPK)と似た機能を持つ。
Menbangun Good Governance menuju Clean Governmentの横断幕のあるこのビルの隣はDKIのBPKPであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 1日 (木)

約束された成長 Gitaさん

Gita Wiryawan長官が商業大臣に栄転したあとで、こうなると登竜門の一つになった感があると評したがこれは間違いだ。あそこはプロパーの方はDeputyどまりのようで、Gitaさんは民間から来られた方である。直前はJP morganのIndonesiaのtopであったがユドヨノ政権でBKPM長官へ転出、第二次ユドヨノ内閣のりシャッフルで商業大臣に抜擢されたようで、このりシャッフルの目玉でもあった。内閣の商業大臣は第15位くらいの大臣ランクであるが、Globe Asia誌ではインドネシアのPower 50の何と13位にランクされている。ユスフ・カラ元副大統領が第14位であるから、これはモット行くかもしれない。
ハーバード大学卒でGoldman Sachsなどで働き、投資会社Ancora Capitalを設立した。プルタミナの監査役でもある。 商業大臣では現在の世界不況の中では腕の振りようがないだろうが、インドネシアではCapital会社を持っていると国の成長と共に成長は約束されている。況してや今は大臣である。 写真で見ると背が高い欧米人的明るさを感じさせる。昨日の閣僚リストではどうかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »