« インドネシア映画の日 | トップページ | 住宅地開発 Galaxi City »

2012年3月22日 (木)

ワヤン・オラン バラタ劇場

1900年初めのバタビア時代の映画はGambar Idoepと言うが、タナバンや スネン、或いはグロドックに映画館があったらしい。タナバンはRialt座、グロドックはOrion座で
00p8070115


スネンは今のWayang Orang Baratha バラタ劇場である。バラタ劇場はスネンラヤのKalilio大通りに面しているが何時も通る時は閉まっているものの、素晴らしいパフォーマンスを見せてくれるらしい。ヒンドゥ伝来の神話ハーバーラタとラーマヤナの題材からの、舞踊劇であるがあのクリット(皮)製や人形でなく実際の男女が織りなす劇はスペクタクルを増す。
本場ソロでは毎週定期的に上演されているようであるが、ジャカルタのこの劇場はどうであろうか。電話7064-2535では毎週土曜の夜は何か出し物があるようだ。

|

« インドネシア映画の日 | トップページ | 住宅地開発 Galaxi City »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワヤン・オラン バラタ劇場:

« インドネシア映画の日 | トップページ | 住宅地開発 Galaxi City »