« ガルーダはターミナルIへ | トップページ | Bank Jabarは今 »

2012年4月 3日 (火)

Bellezza自体がホテル

002012_0329_164008dsc03568


プルマタ・ヒジャウのThe Bellezza Shopping Arcadeの近くにFulleton Hotelがある様なので見に行ってみたがグルグル回っても結局探しだすことは出来なかった。この名前を見たのは地図上であるが、新しい地図にはないので計画が先行したのだろうと見当を付けた。所がThe Bellezza自体がサービスホテルであり、ホテル案内にはThe Bellezza Suites Jakartaという名前で出てくるので、100室のホテルオープンは漕ぎ着けたがシンガポールのFullertonとはブランド交渉でうまくいかなかったのであろうと推定した。
00dsc03150


シンガポールのホテルは綴りが一寸違うがフラトン・ホテルと呼ばれ、その歴史は次の様である。

「初代海峡植民地総督であるロバート・フラトンに因んでフラトンビルディングと名付けられ、1928年6月27日に完成した。フラトンビルは上海にあった建築会社キース&ドウズウェルにより設計され、当時としては大規模な建築とドーリア式の円柱などに特徴のあるパラディアン様式の建物として、シンガポールの代表的な存在となり、中央郵便局やいくつかの政府機関などが入居した。第二次世界大戦時における日本軍侵攻時(シンガポールの戦いを参照)に、当時の総督シェントン・トーマスがマレー駐在イギリス軍司令官中将アーサー・パーシバルと降伏について話し合った建物として、シンガポールの歴史にその名を残している。フラトンビルは1996年まで中央郵便局として使われたが、再開発によりホテルとして甦った。」
00singapore_jun08_9

従いホテル開業は2001年と遅いが高級ホテルである。ラッフルズ・スクエアー駅からマリーナにでると直ぐである昨年シンガポールに行った時の写真はマリーナ沿いに右手隅に牛車水の像があるが、1昨年はマリーナの観光船からであったが前面にマーライオンが見える。他に中国銀行側の縦の姿もある。
00fullerton
中に入るのは何となくはばかれたので昨年12月のガルーダ機内誌のFullertonホテルのレセプション写真を掲げてみよう。 この解説でBellezzeと同じ100室なることを発見した。 尚Bellezzaはイタリア語で美しいと言う意味である。

|

« ガルーダはターミナルIへ | トップページ | Bank Jabarは今 »

ジャカルタ(人)の暇つぶし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Bellezza自体がホテル:

« ガルーダはターミナルIへ | トップページ | Bank Jabarは今 »