« そんなにも大きな宗教団体HKBP | トップページ | ニコライ堂の鐘 »

2012年4月27日 (金)

Franky Wijaya

又 Globe誌にFranky Wijayaの紹介(Mar.2012)があった。彼は現在KADINのアグリ・林漁業・畜産部門の副会頭そしており、気候変動で後進国が軒並み食糧生産に下落している状況下インドネシアのアグリビジネスが世界に貢献すると言う壮大な構想を持っている。
例えば米については現在生産は2.7/haで35百万トンであるが、これを6トン/ha迄引き上げたいとするもので、パームで施行している土地保有の農民と産業界とのパートナーシップ(Plazma)である。
小生の先の紹介記事は「Eka Tjipta Franky Teguh Wijaya」と言うものであったがFrankyはインドネシア大富豪の常に1-3位に顔を出す父親Eka Tjiptaの 5番目位の子息である。多くの妻を持ち、子供たちに色々経験させるためグループ企業に数名を複数で交差する如く配置し頻繁に変更のある役職からはっきりしない部分もあるがグループの幹部は本妻の子供達の以下を推定できる。
Teguh Ganda 1944年生まれ 紙パルプ部門 APP Peking Univ
Indra 1952年 Multiarrtha等金融、保険、証券部門 Nanyang Univ.
Muchtar 1954年 不動産部門 Concordia Univ.(加)
Jafar 1956年 Investment(BUND)、Sinarmas Land カリフォルニア大学バークレー
Franky 1958年 パームオイル部門 青山学院大学
00sinar_mas


Frankyはグループの金の生る木を担当しておりグループを引きついでいるのではないかと思われる。
パームのグループトップはシンガポール上場のGAR(Golden Agri Resource) で年間売上$6milm利益13億ドルでその下にインドネシアのSMART TBKを保有、且つ中国オペレーション(精製など)を行っているもので生産中パーム・プランテーションは455,700haで2.5百万トンの生産、製品はFilmaなどがある。(営業報告から) かれはGAR,SMARTの会長で且つSinarMas Landの会長、Duta Pertiwi及びBumi Serpong の副会長でもある。タムリンのシナールマスの高いほうのビルの34階か高いフロアーで仕事している。

|

« そんなにも大きな宗教団体HKBP | トップページ | ニコライ堂の鐘 »

現代企業・人物フーズフー」カテゴリの記事

コメント

Hi, really like the appearance of ones website. Can you mind saying what theme youre making use of? I’m not used to this and i am hoping to have mine looking anywhere close to cool as yours. Many thanks.
HTTP://www.KneeNeckBackPain.com/

投稿: Leone Siciliani | 2012年5月24日 (木) 17時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Franky Wijaya:

« そんなにも大きな宗教団体HKBP | トップページ | ニコライ堂の鐘 »