« 国防省の歴史 | トップページ | ウイラント将軍の青年団 »

2012年5月30日 (水)

住んでみたい Alam Sutera

00dsc04417

00dsc04423

00dsc04420

アラーム・スートラに行って来た。タンゲランに近くJakarta-Merak高速で行けばジャカルタ郊外通勤住宅地になるが、Kebun Juruk、Joglo、Cipeteを通ったので、かなり遠く感ぜられた。マヌンガルグループが開発中の700haの広大な地区で現在の中心モールはLiving Worldである。生活の全てを満たし、胃袋を満たすHome living & Eat-tertainmentをうたい文句にしている。ホームセンターのACE、ファーニチュアーのInforma、スーパーHero、おもちゃのToys Kingdom、黄昏時を演じたレストラン街のLiving Worldがキーになっており、日本料理ではさすが滝川が出ていた。 開発しながら営業する中国スタイルで、もう既に驚くほど人は集まっていた。
モールは後一つ出来る筈でMall@Alam Sutera、そのあたりも職住近接型の地区を建設中で20数階建てのオフイスタワー、Silkwood Residence、Convention Center、Hotel、教育と医療施設も完備している。
Alam Suteraは上場しており小生のランキングではインドネシア9位とした。
今見る資料では売上 765,213,000,000、Market Cap 7,681,133,811,840である。アグンポドモロクラスの5位位には行く。
会長はMarzuki Usman、株主はPT Selaras Cipta Manunggal及びPT. Manunggal Prime Developerである。

|

« 国防省の歴史 | トップページ | ウイラント将軍の青年団 »

現代企業・人物フーズフー」カテゴリの記事

コメント

最近西外環が空港高速からメラク高速までつながりましたので、SoettaからAlam Suteraまで40分以内で行けますのでいいですね。
でも、首都圏になんでこんなに大きな空き地があるんだろうと不思議に思っています。

投稿: 度欲おぢさん | 2012年5月30日 (水) 21時47分

そうなんです。高速に繋がる辺りに開発前の広々とした荒涼地がありました。
KarawangのDelta Masでもそうでしたが水平線に民家が点在するそこまでなにも無い広大な土地でしたが、
そう言えばBekasi Karawang辺りには瓦焼き小屋がありましたが最近見かけなくなりました。 皆、農地でもなんでも早くから手放してしまうのかなと思った次第ですが。。ま一つ不思議です。

投稿: jakartan | 2012年5月30日 (水) 23時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 住んでみたい Alam Sutera:

« 国防省の歴史 | トップページ | ウイラント将軍の青年団 »