« 不気味なP坊の大統領選運動開始 | トップページ | 滝川とEnergy Building »

2012年5月22日 (火)

BINUSに注目

00dsc04269

00dsc04272

00dsc04277

00dsc04265


90年代は1ケ所しかキャンパスを持たなかったBinusが今は5ケ所以上のキャンパスを抱える大大学になっているのを知った。TelkomがCSRとして行っているTesca 賞の記事がWarta Ekonomiに出ていたが、堂々の3位に入賞している。これは大学の総支出に占めるIT関連費用の比率、コンピュータ設置台数、ファイルのデジタル化比率、ホームペイジアクセス数などでTIK度を競うものである。1位はUI 、2位はGunadarma 3位 Univ. Bina NUSANTARA(BINUS)、4 位Gajah Madah、5位 ITB….である。90年代はアカデミーであったが、特にコンピュータ、Accountingではリードしていた。日本語熱も高く日本祭りなどもニュースに流れる。
Kebun Juruk(Kemanggisan)辺りに大きなキャンパスを3ケ所、高校や文化会館など多くを構えていた。

|

« 不気味なP坊の大統領選運動開始 | トップページ | 滝川とEnergy Building »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

話題とまったく関係ないことですが
1番目の写真に見える大きな庇は何の役にも立っていない飾りですが
多くの場合は、日射よけ+雨吹き込み防止でよくできたしろものです。
若いころに初めてこれを見てショックを受けた思い出があります。日本式の庇にくらべて何と軽やかなことか。
窓などなくても庇さえあれば十分なのですから。
以来、その土地その土地にあった建物を設計するよう心がけております。
ジャカルタの新しい建物では残念ながら心に届くものはないです。コケ脅しのみてくれだけが多いですね。

投稿: よし | 2012年5月25日 (金) 15時14分

そうですね、そういえばこの庇は安っぽいですね。
それでもjawa作りの家とか涼しそうでいいです。

投稿: jakartan | 2012年5月26日 (土) 13時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BINUSに注目:

« 不気味なP坊の大統領選運動開始 | トップページ | 滝川とEnergy Building »