« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月の投稿

2012年6月28日 (木)

日本占領時のオランダ人の収容

00cidengkanal_tanah_bang


ボゴールのCideung河がジャカルタのCideng運河(写真)に流れてくるこの地域Cidengに日本占領時オランダ人抑留所があった。
「ジャワで抑留されたオランダ女性の記録」(ネル・ファン・デ・グラーク
渡瀬勝・内海愛子訳)に出てくるが現在と繋がる記載が一切ないため何処かは解らない。西側にはBanjir Kanalがあるので、多分この間でのタナバンの近くとと思われる。この本での彼女の収容所生活の跡を辿って見る。
オランダが敗北に署名した1942年3月9日から東インド在住のオランダ人の苦渋が始まった。兵士は捕虜収容所に、民間男子17歳以上60歳未満)は制限居住区、婦女子は未だ自由が有り民間の住宅に住み得たが1942年10月には婦女子も抑留され彼女はバンドンのカレーズ収容所に移された。病と飢えで苦しんだが約2年、軍政監部の管理下の時代は未だましだったが軍の管理に移った44年にはジャカルタの悪名高いチデン抑留所に移され、ここでは一万人位がほり込まれ毎日死者が続出した。ここの半年後運よくジャティネガラの聖フインセンティウス病院抑留所に移ることが出来たがここでも毎日でる死者の為の棺の花を作りながら終戦を迎える事が出来た。
彼女は26歳、夫は軍人であったが、ビルマの鉄道建設に従事させられながらも生きながらえた。占領時には既に子供3人おり、42年6月の4人目の幼児を連れた全員生還であった。夫と再会出来た後の46年には5人目を設けている。
日本軍占領前にインドネシアに住んでいたオランダ人はジャワ・マドゥラに17.2万人、それ以外に3.5万人住んでおり、軍で捕虜になったものは6.6万人(英豪米人含めると8.23万人)、軍抑留所に8.2万人が収容されたそうだ。ジャカルタの抑留所はグロゴール、クラマット等10ケ所あった。ジャワ軍抑留者の抑留中の死者の数字があるが、それによると9%強が死亡している。赤痢の蔓延の中の糞尿の処理など慙愧の念に堪えず、哀悼をささげたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月27日 (水)

DermagaからSunda Kelapaへ

Alwi Shahabさんの「Dermagaからスンダクラパへ」と言う変な題の記事に出会った。Dermagaとは港・ドッグとか言う意味であるが何故今山岳地のボゴールに港?と言う訳である。
ボゴールの農科大学(IPB)のキャンパスはDermagaと言われるそうだが地元の人もその謂れは知らない。多分その近くに流れるCihideung河のUdik橋の下がパクアン・パジャジャラン時代に港として機能したのであろう。
と言っても本当の港ではなく、当時は船も通わせる位の河で今のCideng(Cihideungが語源)を通ってスンダクラパに行けたのであろう。
00bogor_rach_img


記事にJohannes Rachの絵の事が書いてあったので探して見たら手元にあった。題は判読して ”Her Gesigt van Indramago Paale Boonen Buyten Zorg…” とか、1772年に時の総督Van der Parraが視察に来た時の絵である。奥の建物の向こうに4本マストにオランダ国旗を掲げた船がかすかに想像できる。

この絵がDermagaの謂れの故である。2列縦隊の槍の兵士の間に傘を差し出された総督夫妻が見える。荷物を運ぶsado馬車や倉庫もいくつもある。
この地方で中国人が胡椒やカルダモン・スパイスを生産していたと言う。地名に秘める悠久の歴史である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月26日 (火)

セレブの思い出 Puput Novel

Angeina Sondakh、Prisia Nasutionとセレブの話が続いたのでブログのカテゴリーを分けた。昔はこれでも結構セレブ達との邂逅があった。その中で中々思い出せない人がいた。PusとかPuだけを覚えてゐたので色々サーチを掛けたが結構似た名前が出てきた
Dewi Puspa 、Netta Puspita、Lolla Pitaloka、Titiek Puspa、Puput Melatiがあり、ここで思い出したのが Puput Novelだった。
多分ボロブドールホテルだったと思うがディナーレセプションがあり出演の彼女にボールペンを貸すことがあった。サインをねだったのならサインが残っているはずだが無いのでいきさつは忘れたが 一人で帰ろうとした時にホテルのロビーまで追い掛けて来て、忘れ物だとボールペンを届けてくれた、それだけであるが、それがインドネシアを好きになった一つの縁であった事は間違いない。そのパーティが何だった思い出せないがある将軍の金集めだった気がする。
Puput_mama


彼女は1975年生まれだからもう37歳、YouTubeで聞いた彼女のヒット曲はMamaだけだろうか、探している内に良い唄に行きあたったがこれを唄う機会は中々ないだろうと心細い。
*Andaikan Kau datang kembali同名の素人がカラオケしていたのであろうか 或いはプロのRuth Sahanayaの歌かもしれない。
趣変わって日本へ、
*Jupiter:平原綾香
*花は咲く:NHK 東日本災害復興支援ソング
どうもつぶやきに近くなってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月25日 (月)

インドネシア最優秀女優 PRISIA

00prisia_natution_c_r

00prisia_natution


タブロイド BINTANGの中ほどに目を引くセレブがいたのでアップした。名前はPRISIA NASUTION、誕生日が1 Juni 1984で6月生まれだからインタビューを受けたのかもしれないが、もう28歳である。正しくはPrisia Wulandari NasutionでPiaと呼ばれる。昨年家庭でgojang-ganjing(決裂)があって裁判所で離婚をしたこともあって、最近元気がないようだ。
00sangpenariteaserposter1


女優の仕事は昨年、映画 Sang Penari(踊り子)で最優秀女優賞を取ったのであるが新しい仕事が来てない。
この映画は昨年11月にリリースされ3月ごろだったか2011年インドネシア映画祭で4つの賞、最優秀映画、最優秀監(Ifa Isfansyah)、助演女優賞(Dewi Irawan)及びこの女優賞を貰っている。彼女はモデルやイベントの司会などもやってきたが同じ年TVドラマシリーズLaskar Pelangiにも出ているのでこの年が最高の年であったのであろう。More powr to you!, Good luck to you!, Go for it !
最優秀女優としては日本ではHakimが超有名(70-80年代に6回)であるが、このBintangの他の記事に出ていたDian Sastrowardoyoも2004年に取っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月24日 (日)

二重橋と富士山は日本の誇り

00dsc04860

二重橋は何故2重橋と言うかと言う雑学がある。あの二重橋だよ おっかさんではないがあの頃戦前生まれの子供がお母さんを連れていった所に掛かる橋の事であるが、あれは正門石橋(正門大手橋)といい、実は奥に掛かっているもう一つの橋が二重橋なのである。 
江戸時代、堀の水面よりかなり高いためまず土台の橋を掛けて、2階建ての橋にした所から二重橋と言われるようになったそうで、今は木から鉄に代わり、手前の橋と対で正門鉄橋と呼ばれるそうだ。
小生、齢ここに至るまで来てない事はない筈だが今日はバッキンガム宮殿の衛兵宜しく立っている所までやってきた。生憎太陽光は逆光だったのでソニーではいい写真は撮れなかった。

00800pxseimon_ishibashi


ちょっと前に発見した二重橋の風景写真(この写真はファイルはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承 3.0 非移植ライセンスのもとに利用を許諾されています)の素晴らしさに圧倒され、小生もこれを何時か世界への発信に応援してやろうと思っていたので茲にアップした。
00img_0009_2


今日は特に中国人の観光訪問者がたくさん来ていた。昔侵略した帝国主義が担いだ天皇家を拝みに来る彼らの心の大きさに物も言えないが悪い気はしない。小生も天安門広場、故宮、天壇公園或いは万里の頂上には行ったがオリンピック公園や科学技術館には行かない。
むかし、一行と別れ一人市内観光した時の写真である。おのぼりさんの連れの一人が写真に付き合ってくれたこともあった。
中国人は富士山にもよく行ってくれる。不二の語源は実はインドネシア語のPuji(賞賛・驚嘆)と言う説もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月23日 (土)

カハール・ムザキルは国家英雄か

6月22日はパンチャシラを歌い上げたジャカルタ憲章が生まれた日でその時の独立準備調査会BPUPKIの憲法小委員会のメンバー9人が憲章に署名した日である。
このメンバーの中にAbdul Kahar Mudzakkirと言う人がいる。ダルル・イスラムで騒がしたAbdul Kahar Muzzakarとは名前が似て同一人と思ったが別人である。彼の経歴・事績からも国家英雄たりえるが、調べても名前が無い。Muzzakarと間違われたのであろうか。
彼は1907年ジョグジャ生まれ、叔父H. Masyhudiはムハマディア創設の一人であり、祖父 Kyai Hasan BashariはイスラムのGuruであり又ディポネゴロ戦争時の司令官の一人であると言う家系である。1924年にはハジに上り、25年エジプトに移りAl-Azhar大学等に留学、パレスチナでの活動を含み12年間滞在した。その間の彼の真摯な活動でインドネシアに対する同情心が高まり、後1946年11月18日エジプトはインドネシア独立を最初に承認する事になる。
1933年にはオランダでのインドネシア協会のネットワークを形成するPerhimpunan Indonesia Raya設立に参加、Indonesia Raya 紙を発行した。
1938年帰国、ムハマディアの活動に入り1953年には役員(Pengurus)に就任、亡くなるまでその席にあった。日本占領政府には協力させられ又準備委員会委員に選任された。独立後は宗教副大臣に甘んじることもあったがむしろ1945年7月8日に設立したイスラム高等学校(STI)に注力しSTIは1947年イスラム大学UIIとなった。1960年までUIIの学長を務めその後は学部長に退いてJogjaで惜しまれて亡くなった。
pendiri bangsa (founding fathers) と言われる一人であるが、イスラム教育に献身し、あまり知られていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月22日 (金)

日本テレビの電波塔

00p6100047

汐留に行った時高いビル群の間に設けられたステージで女性シンガーの演出が行われた。
後で調べたら井出綾香 とRake Crystal Kayであった。綾香は小生ゆかりの宮崎県串間出身である。クリスタルケイはアフリカ系米人と在日朝鮮3世の混血で日本で活躍しているが国籍も日本かどうかは知らない。ケイの歌は多くのコマーシャルや映画などとタイアップされ、その数が50以上もあると言うので驚きだ。写真はケイの方かな。
00p6100048_2


この横が日本TVの新本社でこのステージ自体NTVがやっているのであろうが、観客動員は少なくもったいない感じであった。この本社ビルはビル自体がアンテナかなと思ったが日本テレビのアンテナは東京タワーであり、各社の中で最後に東京タワーを利用する事としたTV局である。 東京タワーの全てのTV放送設備は、予備を除いてすべてスカイタワーに移動する予定の筈である。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年6月20日 (水)

TVアンテナ密集地

昨日のRCTIのKebun Jurukのアンテナ塔は2008年8月に大変な事故を経験している。この塔は275mあるがそのリノベーションンの時ゴンドラが切れて137mから落下したのである。この事故で5人が死亡したが、同じくKelapa DuaのTV7の塔建設では2006年1月塔が倒壊して2人が死亡している。
00dsc04400


この西のジョグロ地区は少し高地になっているのか多くの放送リレー用の塔が建っている。多分最大は320m(?)もあるTVRIの塔であろう。 数えても5~6塔たっている。道が細く自動車も多い故、塔が高すぎてその高さを示す写真は中々撮れない。 これだけ高くても全国をカバーするなんてことは出来ず、全国各地に立てて行かないとならない。300pxdsc_0735


Bandung地区では高地のLembangにTVアンテナ塔が密集して立っている。 レンバンの写真はWikipediaから。塔を何と言うか戸惑うがインドネシア語でもStasiun Relai TVとかMenara Pemancar televisiとか言わないと行きあたらない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月18日 (月)

RCTI 対 Indosiar

My Brog 「RCTIの巨大TVタワー」で、これも間違いのまま長い間放置していたが これはRCTIのものではなくIndosiarが保有しているもので有ることが解った。 (タイトルは事後的に修正した)
00dsc00248

00dsc04292

00dsc04286


Jl. Panjangがメラク高速に近付く所にそびえる巨大なテレビアンテナタワーの事である。Jl Panjangのそのタワーの横裏辺りにもあとひとつ、少し低めのタワーがありそれがRCTIのものである。Jl.Panjangから高速にぶつかるところで左に曲がり(直接曲がれずUターンしたりして)高速に添って数十メートルも走るとそこにRCTIのビル(Jl. Arjuna Selatan?)がありその裏にRCTIのタワーがIndosiarのタワーの横に立っていたのを見て長い間不審に思っていたものでこの間タクシーの運転手に聞いた所、違う事が解った。 この運転手はこの地区Kebun Juruk出身で、Binusの3キャンパスも彼が案内したものである。
地図を見てもそこにIndosiarの名前も無くIndosiarのビルも無かったのが間違い推定のもとである。
そこでやっとIndosiar Television Towerで説明に行きあたったが、これはなんと395mもありインドネシア最高の高さでその当時は世界でも第8位の高さを誇っていた。3チャンネルは使用出来る設計になっているがIndosiarだけで使用しているようだ。
Indosiarは視聴率で第5位で、Lie Halim氏が社長をやっているので先週亡くなったリムスーリョン(発音?)のサリムグループが保有しているといえるがSalimグループは第2位のSCTVのマイノリティ株を保有しており一時合併ないしCo-Workを計画していたがどうなったか 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月17日 (日)

あのバンバン、税務収賄でガサ入レ

証券投資会社PT Bakti Investama のオーナーHarry Tanuesudibjoが遂に収賄の嫌疑が露見し汚職撲滅委員会KPKに召喚され出頭した。 同伴した弁護士も大統領候補にもなった月星党党首Yusril Ihza Mahendraである。スハルトの辞任時の憲法解釈で擁護した時から政界に出てきた憲法学者でもある。 
00002010jan30obama_veteran_thamri_2

00pb270013_2


Harry TanueはBhakti Investama と言うよりMNCグループオーナー或いはRCTI、Global TV、TPIなどインドネシア最大のTVグループのオーナーである。
嫌疑はBhakti Investamaの34億ルピアの税還付金を促進する為に税務署員を収賄したと言うものである。 何故そうなったのか知らないがこの収賄現場は会社側のJamesがTebetのレストランで税務署員のTommyに現金280milが入った封筒を渡している時に抑えられたと言う事で先週、KPKの20人のチームがKebun JerukのMNCビルの会社をガサ入れしており、二人も収監された。JamesはTanueとIndovisionの共同設立者となっているようだが会社の役員として或いはタックスコンサルタントとしてTanueの子分のようだ。一方のTommyは同じく会社の税務コンサルも務め毎月10milの給料を貰っている。 
自分の名前もバンバンであるがあのバンバンの代理とも言われた男に官憲の手が何処まで迫るか興味をそそる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月16日 (土)

投資環境3歩進んで、3歩後退

5月の投資環境トッピックスを纏めたが1頁半にもおよび、纏めにならない。又今月も悲喜こもごものトッピックスである。3歩進んで(非課税所得引き上げ・統一時間・物流インフラ計画)3歩後退(輸出課税、輸入規制、イ国船舶使用義務)という事か。
日本の投資進出も新規より圧倒的に拡張関係がふえた。(拡張だけか)
5/2 トヨタ・アストラ・ファイナンシャル・サービス、1兆ルピアの社債発行へ。
5/2 スミ・ラバー、インド大成工業団地でゴルフボール第2工場稼動
5/8 ヤマハ・エレクトロニクス、スピーカーの生産、800万ドル投じて工場新棟建設。
5/9 明治安田生命保険、イ提携先アブリストの出資比率引き上げ5%→23%。
5/13 日野、1億ドル投資計画、年内3.5万台、15年までに5万台に引き上げ計画。
5/16 インドネシア日本通運、ミトラカラワン工業団地内に国内3箇所目の新倉庫。
5/18 近鉄ワールド・エクスプレス、スマラン(中ジャワ)に国内3箇所名の営業所。
5/21 西日本高速道路、国営ジャサ・マルガに社員2人派遣して逆研修、25日まで
5/22 ユニチャーム・インドネシア、KIIC(西ジャワ)内に物流拠点完成。
5/24 日揮、カラワンで低品位炭が原料の液体燃料のデモ・プラントの運転開始。
5/25 トヨタ自動車、2015年めどにイ向け開発車の現地生産へ。
5/25 ニチアス・ロックウール、チカンペック工業団地工場開設、年産能力1万トン
5/26 ダイハツ車のディーラー網、地方で拡充計画。現在の販売店舗数181

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月15日 (金)

父の日のスマラン駅

6月の第3日曜日は父の日らしい。5月の第2日曜日の母の日に対抗して作られたようだが今年は6月17日に当たる。 今日は何の日でこれと言った歴史も無い日が多い中この日はインドネシア歴史では8件も出来事がある。
00semarang_station
その一つがインドネシア初めての鉄道開設である。
当時のオランダの民間鉄道会社NISはスマランにあり、この写真のTambaksari駅がインドネシア最初の鉄道駅であるが、現在は倉庫などがある地帯の様だ。もう何も残ってない筈だ。
インドネシアの鉄道の初期の話は弊ブログ「スマランの駅舎」にかいたはずであるが 雑誌Globe誌にこの写真が載っていたので拝借し記事にした。
スマランの駅舎はgoogleで出ないので下に記録した。
「1864年6月17日は、Van Beele総督が東インド、ジャワでの最初の鉄道建設の鍬入れを行った日である。この鉄道は民間のオランダ領東インド鉄道会社Nederlandsch-Indische Spoorweg Maatschappij(NIS)が建設したもので、1867年スマランとタングン間でオープンした。日本では新橋―横浜間を汽笛一声発車したのは1872年である。
この路線では利益は上がらず、会社は植民政府に対しジョグジャまでの166km建設の支援を要請し、1873年に全線スマランージョグジャーソロが繋がった。建設コストは軌条の標準ゲージ1435mmに決定した為大きくなったものでその後の建設では例えばNIS社は1873年バタビアー・ブイテンゾルグ間では1,067mmを採用した。
ブイテンゾルグは現在のボゴールでボゴール駅舎は1881年建設とある。又バタビア・コタ駅はBEOS(Bataviasche Ooster Spoorweg Maatschapij)とも昔は呼称されたが、最初の建設は1870年、現在の駅舎はガイセルズ設計の1926年完成である。」
写真はPT.KAIの提供でこの建物は1941年に取り壊され再建され、現在Semarang Gudangとして有名だとしている。スマランの古い駅と言えばTawang駅のはずであるが、これに触れてないGlobeは失格である。
小生は次回の訪スマの楽しみに残しておこう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月14日 (木)

どうした美人議員 Angelina

嘗てのMiss Indonesiaが汚職撲滅委員会KPKに捕捉されている。昔このブログAngieの誕生日 12月28日として持ち上げた美人であるので最近の話も書かねばならない。
彼女はの正式な名前はAngelina Patricia Pingkan Sondakh、民主党の副幹事長である。
この間同じく民主党の元TreasurerであったNazaruddinが有罪とされた。SEAゲームの宿舎建設汚職解明が未だ続いているようで彼の部下のMs Mindo RosalinaとBrackberryで共謀した廉であるが、当時Brackberryは持ってなかったと主張する彼女に、Brackberryを持つ彼女の写真を撮った写真家が写真を提出したので不利になっている。 Nazaruddinは尚余罪もあり、本件に関してはAngelinaと通じ民主党党首やスポーツ大臣もからむ話に発展する鍵を握っているようだ。 大統領選挙を2014年に控えYudoyono派とか民主党系列は現在でも不利な立場に追い込まれている。
00280412nasional1


写真はTubasmedia.comカらであるが、やはリ若い時のが良い。彼女は2001年のミスインドネシアで、1977年生まれで有るので24歳のときである。
生まれから高校までは豪州、NSWであり、故郷Menadoに帰ってはいろんな賞を総ざらいしたようだ。その後民主党に入り2004年には既に議員に選ばれていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月13日 (水)

昭和15年のまま 和気清麻呂

00p6070023

00p6070025

00p6070026


皇居東御苑は大手門から入ると平川門から出ることになる。平川門から入り大手門から出る回り方もある。平川門を出て又大手門の方にお濠を回ると直ぐちょっとした広場がありそこに銅像が立っていた。
難しい解説銅板も近くにあったが誰のものかその場では解らずネットを頼ることにした。これは何と小生の先祖の和気清麻呂であった。家の近くに門識が和気という名の家があるが、小生の先祖と言うのは母が何を根拠か知らないが幼少の頃聞かせられていただけの話である。
和気の清麻呂は天皇の地位を狙う道鏡のたくらみを砕いた天皇家の忠臣として戦前迄偶像化された臣下である。道鏡が言う神託が真実かどうか大分の宇佐八幡で祈りたくらみを見破る事に成功する。この宇佐の八幡には中学時代に一宿一飯の恩義を得たことがある。
この像はGHQも意識して残したのか、この銅板は紀元2600年の記念として昭和15年に立てられたもので有ることを銅板自ら示している。小生の生まれた年であり、又親密感に浸れた。
皇居周りの話を訪ねていたら 度欲おぢさんのサイトhttp://masanori1919.web.fc2.com/index.htm
で膨大な東京の懐かしい写真集に行き当たった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年6月12日 (火)

ジャカルタは祭りの花盛り

6月22日は485年前にジャヤカルタとしてジャカルタが生まれた日で、今年もそれを記念して色々なフェスティヴァルが行われた。ジャカルタにいない小生に取って全部おわってしまったようなものではあるが、まだ間に合うものもある。来年の為にMemo に取っておこう。
1) Jakarta Great Sale 6/1~7/10 全てのMallが参加
2) Jakarta Dance Festival 6/9-6/10 Cikini、日仏独アジア11ケ国が参加 コンテンポラリー
3) Fun Bike 6/10 KBTにて 1万台のバイクの車列
4) Palang Pintu Festival 6/9-10 Kemang
5) Betawi Cultural Festival、6/9-6/10 Srengseng Food Festival
6) Passar Baroe Festival 6/9-6/10
7) Monas Festival Monas 6/9-6/10 今年はフランスのサーカス他パフォマンス
00jakarnaval_2012_10


8) Jakarnaval 6/10 ジャカルタ・カーニバル 25の飾電車、56のパフォーパンスグループ行進 タムリン通り
9) Jakarta Fair Kemayoran 6/14-7/15
10) Smiling Jakarta Ancol 6/22 Admission free
遅れて日本の縁日祭がブロックMで6/30-7/1行われる。急ぎジャカルタに向かう小生は7/1は間に合うかもしれない。ジャカルタ音頭のジャカルタ・ライフ・ドット・コムhttp://jktlife.com にどうぞ
写真はジャカルタカーニバルで優勝した花電車、Beritajakartaより。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月11日 (月)

地方銀行も頑張るインドネシアへ

最近日本の地方銀行のインドネシア進出が急ピッチであった。進出と言っても現地銀行にすがる業務提携である。今年上半期のみであるが以下の他にも見落としがあるかも知れない。

6/7 岡崎信用金庫、BNI銀と業務提携
4/25 千葉銀、CIMBニアガ銀と業務提携。
4/6  京都銀行、国営BNI銀と業務協力へ。
4/9  愛知銀行も国営BNI銀と業務提携。
3/27 八十二銀行、CIMBニアガと業務提携、イ進出の日系企業の支援体制強化へ
1/26 横浜銀行、BII銀、スタンダード・チャータード銀と包括的業務提携、貿易金融

そのほか遅ればせながら4月の進出・拡張事例をあげておこう
4/14 ミツバ、約3.5億円投じてバンテン第2工場拡張へ、自動車/二輪車用部品
4/18 カワサキ・モーター、MM2100に第2工場建設へ、年産8.6から14万台に
4/18 東芝、今年チカランのLED TV工場の年産能力を300万台から500万台に
4/18 シャープ、カラワンに年産能力60万台のエアコン工場建設へ
4/24 JFEエンジニアリング、パトゥハ地熱発電所1号機の蒸気供給設備を受注
4/27 ダイキン工業、合弁設立、資本金16億円、ダイキン側が60%出資

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月10日 (日)

梅雨の前 皇居東御苑へ

00img_0001

00p6070007

00p6070019

00p6070017


未だ行ったことが無い東京の名所があった。何と皇居東御苑である。ここが江戸城の城郭跡であり、大奥跡に立つと感慨一入である。この地図の左手に本丸、二の丸、三の丸、大奥、松の廊下などが記載されている。左手の大芝生が本丸跡で、その北にあるのが大奥である。
ここが江戸城(内濠・皇居とも)の東側で蓮池堀を隔てた西側が宮城がある吹上御苑である。旧西の丸を含んでいる。西の丸は西と言うより西南である。ここに代々の皇居(御所)が三つ~四つある。
東御苑とよ間違い易い東宮御所は赤坂にある。赤坂御用地には、皇太子の東宮御所のほか,秋篠宮邸、今週崩御された三笠宮邸・寬仁(ともひと)親王邸・高円宮邸もある。つまり宮殿は二つの東にはさまれているのである。
開放の有無を問わぬと門の数は北 から、「乾門」、「北桔橋門」、「平川門」、「大手門」、「桔梗門」、 「坂下門」、「皇居正門」(西の丸大手門)、「桜田門」、「半蔵門」、「田安門」、「清水門 」と11もある。
門には既になくなっているが地名で残った馬場先門や和田蔵門があり、都合13、○○丸が5つ、二つの東にはさまれた御所が3つ~4つもあると、余程整理しないといつまでたっても理詰めの小生にはぼんやりしたままであった。
理詰めと言うのは、そのままを受け入れられないので英語の映画はチンプンカンプンだし、ギターはじゃらじゃらで終わると言う事である。
東御苑の目玉は三の丸尚蔵館の皇室ゆかりの文化財の博物館で今は内国勧業博覧会の逸品の展示をやっていた。この館の写真はうっかり忘れてしまったがこじんまりして観賞には丁度良い。代わりに二の丸庭園横の諏訪の茶屋である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 9日 (土)

BINUSの成長

00dsc04414

000dsc04317


探して見ようと思った訳ではないが、この間Alam Suteraを訪れた時車窓に飛び込んできたのがBinusの文字である。BINUSとはこの間ブログしたBina Nusantara大学の新興住宅地にも進出したキャンパスである。ついでであるので後一つクバヨランにもあるキャンパスも写真に収めてきた。これでこの大学のジャカルタにある5つのキャンパスを全部このブログにアップしたことになる。この大学は1974年に開いたコンピューターコースから生まれたもので、1981年にはAkademi Teknik Komputer (ATK)となり1985年からBina Nusantaraと名乗りManagementの大学を目指し、1996年に大学の全てを整えている。創設者Widia Soerjaningsihを中心とした家族経営で大きくなったものであろう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 8日 (金)

インドネシア企業経営」 最近の目次 May'12

いつの間にか又3ケ月も経過していたのか 3月号から5月号までの3ケ月分の目次は以下の通り。
インドネシアの経済、会計・税務、諸手続き等の法令の紹介など下記の目次の通り。詳しくはメールアドレスrisa@indomalco.com又は k2433@ae.auone-net.jp或いはwww.indonesialink.net/indomalco/に照会下さい。

5月号
今月の税務法令アップデート
今月の経済法令アップデート  
会計原則 155 (外国為替レート変動の影響 3)
API規定の改訂
特定納税者の登録及び申告税務署
企業の社会・環境に対する責任
作物製品の輸入規制
外国株主の株の売却益の課税権
外国人が就けない役職
タックスホリディとスペアリング・クレジット
事務所・住宅の賃貸契約
大企業と世界ランキング
税務データ・情報の提供と収集に関する法律
今月の労働関連トピックス
2012年4月度 下旬 政治・経済トピックス
2012年5月度 上・中旬 政治・経済トピックス
2012年第1四半期GDP、物価・貿易12年5月発表

「明日の街角77~東京スカイツリ-、「世界一」は通過点」 
「神戸大学にて(2)」
「太平洋戦争由縁の地を訪ねる」
今月の月次経済指標 2010-2011トレンド
今月の会計・税務用換算レート
ニュース性のものについてはご希望の方にメール配信もしています。

4月号
今月の税務法令アップデート
今月の経済法令アップデート  
会計原則 154 (外国為替レート変動の影響 2)
海外からの加工受注
製造業の完成品輸入の問題
建設分野において外国人労働者が就ける役職
海外への国内サービス提供のPPN課税
輸出一般規定の改訂
2012年州・主な県・市の最低賃金一覧
税法順守テストの技術ガイド 概要
SNIに関わる2012年2-3月の工業大臣規則
社会保障実施機関法 邦訳抜粋 その2
新保税地区規定の2度目の補足
加工食品の登録
今月の労働関連トピックス

「明日の街角76~満開の桜-完全な敗北」 
「神戸大学にて(1)」
「映画『ALWAYS続三丁目の夕日』と時代考証」

3月号
今月の税務法令アップデート
今月の経済法令アップデート  
会計原則 153 (外国為替レート変動の影響 )
Daftar Nominatif経費申告明細
輸出目的の輸入原材料にかかった関税の還付
株式会社の名称申請とその使用方法
社会保障実施機関法 邦訳抜粋 その1
税務調査の間接手法ガイド(例示)
中古資本財輸入ための工業省推薦状 2012
会社解散/清算の法務手続き アップデート
今月の労働関連トピックス
電気料金と付加価値税
関税便宜のための物品輸入改革書の承認手順
新設・金融サービス庁の役割
インドネシア共和国 概略 2011

「明日の街角75~三月、春の思い」 
「熊野学へのラブソング」
「テレビ・ドラマ『南極大陸』と時代考証」

今月の月次経済指標 2010-2011トレンド
今月の会計・税務用換算レート
今月の為替株式金利の動き
ニュース性のものについてはご希望の方にメール配信もしています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 7日 (木)

国軍出世ゲーム

遊びで国軍幹部の出世コースを辿って見る為、登竜門から国防治安統括大臣迄の歴代トップ・司令官のリストを作って見た。とりあえずKOPASSUS陸軍特殊部隊―KOSTRAD 戦略予備軍―陸軍参謀長KSAD―国軍司令官PANGLIMA TNI―国防大臣(HANKAM現在はシビル)-統括大臣 POLHUKAMのトップである。この中で現大統領は統括大臣にのみ顔出しているが、一番順調に上がっってきた経歴をもつのはWiranto将軍である。KOSTRADから5つのポスト全てをこなしてきた。Yudoyono大統領はそうでも、義弟Pramoro Edhie Wibowoは既にKOPASSU―KOSTRADを経てKASAD迄出世しており、今後どうなるかなと注視したくなる。彼はKOSTRAD時代に大将になっているので出世が早い。只前任のToisuttaも同じで共に56歳でKSADになっているので飛び抜けた訳ではない。その点で言えばKSADになった年齢はWirantoが抜群に早い50歳である。PrabowoがWirantoを縮める早さで追ってきたがKOSTRADどまりで挫折した。 何人かの出生年を書いて置くので、後はこのリストで色々遊んでみると良い。
Wiranto 1947
Suyanto 1950
Prabowo 1951
Ani 1952
Santosa 1952
Toisutta 1953
Pra,mono 1955

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 6日 (水)

国防・治安統括大臣府 POLHUKAM

00p7310078


国防省(Kementerian Keamanan)の手前にはその上位機関となる政治・法務・治安部門調整大臣府であるが、ここにはこの機関も入れて三つの省庁がはいってる。
他の二つは婦人児童担当大臣及び国家強靭性委員会事務局である。
つまり

Kementerian Kordinator Bidang Poloitik, Hukum dan Keamanan:Polhukam
Kementerian Pemberdayaan Perempuan dan Perlindungan Anak:PP&PA
Sekjen. Dewan Ketahanan Nasional(Wanhanas)

ともに住所はMerdeka Barat No.15である。

現在のPolhukamのKemenko[調整大臣]はDjoko Suyantoで10年前はSusilo Bambang Yudhoyonoであった。初代は1978年MSH Panggabean、いずれも退役陸軍大将である。
(1978-1983) Maraden Saur Halomoan Panggabean
(1983-1987) Surono Reksodimedjo
(1987-1992) Sudomo
(1992-1997) Soesilo Soedarman
(1997-1999) Feisal Tanjung
(1999-2000) Wiranto
(2000-2000) Soerjadi Soedirdja
(2000-2001+2001-2004) Susilo Bambang Yudhoyono
(2004-2004) Hari Sabarno
(2004-2009) Widodo Adi Sucipto
この中から大統領がでるのであろうか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 5日 (火)

昔UI学生寮のホテル・ヒルトン・チキニで汚職

00pegansaan_timur

ブンカルノ大学の前のバスストップはブンカルノ大学ではないかと先のブログで言ったが、アルバムをめくるとPegangsaan Timurと言う名前が出ている写真があった。このバスストップと左側の壁に字が書かれた建物との間がインドネシア大学のミクロ・バイオ部門及び社会医科部門(Ilum Kedoktoran Komunitas)の正門がある。小さなものである。ここがPegangsaan Timur No.17 であるがその隣がブンカルノ大学である。
00dsc04609


この正門の写真はアップロードの通りであるが裏に16階建ての建物が建設中である。 この建築中の敷地はオランダ植民時代、 医学部と法科大学の学生寮Asmara Mahsiswaだったらしくここから大臣となったSoebroto と Nitisastoroが巣立っていったと言う。その後のいきさつを抜いてこの土地の保有者NNLとUIはこの土地をコマーシャル目的に使用する合弁契約を締結、その一つが今建設中のもので1階がコンベンションセンターだが上はHilton Cikiniと言う261室のホテルである。計画ではこの他サービスアパートと婦人科病院もある。これらの正門は裏のKimia通りであるが、この間行った時は行き止まりになっていたのは、工事中であったからかモしれない。
このプロジェクトに関して会計検査院は国家に410億の損失が発生していると摘発しKPK問題となっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 4日 (月)

トランスジャカルタのバス燃える

空港で手にしたJawa Posという新聞にセンセーショナルな写真が出ていた。00transbusway_bakar


ジャカルタの顔になったバスウエーのバスが火に包まれているのである。 日本ではバスが燃えるなど聞いた事が無いがジャカルタではよくあることではある。多分ベースに整備不良のまま使っている上、熱帯の高温の中を驀進する訳だから有りうることである。ラジエーターが故障したかバッテリー電線に異常が発生したとのみ記事には出ている。このバスルートはBlok-Mからコタをつなぐルート1で、小生も良く乗る。先般は5月12日トリサクティ事件記念日にも乗ったが丁度このホテルインドネシアの手前でデモに巻き込まれ渋滞でバスから飛び降りたばかりである。 火災の日は土曜日の昼過ぎでお客が少なかったため全員救出された。
00akota_2008_mar_057


このバス会社はルート毎にもバスの車種が色々あるがこの写真のバスはきれいな方である。
以前に取った写真のバスと同じで、残念ながら車種のマークが良く分かる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月 3日 (日)

PancasilaとBung KarnoどちらもSrengseng

00p6030012

00menten_mar_15_006

日本に帰る日Depokの方まで出掛けてきた。一昨日がパンチャシラ記念日であったのでパンチャシラに纏わる話題が良かったのであるがブンカルノ大学と国防省の話で本題に行かない所、偶然パンチャシラ大学に行きあたった。パンチャシラ大学はデポネゴロ通りから入り込んだボロブドール通りに有るのは知っていたのであるがそういえばその数倍の大きなキャンパスがここSrengsengにもあったのである。Srengsengと言えば又Kebon Jeruk辺りにもあり、何とはなく特異な名前でそこそこ有名な地名が二つある為混乱したがブンカルノ大学がここに関係していると言うので更に混乱する。写真は上がSrengseng,下がBorobudurのUP
この大学は1966年10月の先代のパンチャシラ大学とブンカルノ大学が合併して出来たものと記されている。勘ぐって見るとブンカルノのG30S関与でそれまでスカルノの創作であったパンチャシラを国家のものとしブンカルノ大学をつぶしたのかもしれない。従い今のブンカルノ大学はラーマワティが再建したことになる。元々のブンカルノ大学はSrengsengにあったようであるので
未だ完全に名誉回復はされてないと断じれる。一方のUPは私立大学から国立大学(PTN)に昇格したようだ。
パンチャシラ大学は7学部(法・経・工・薬・心理・通信・観光)があり本体はこのSrengsengにありBorobudurの方はAulaとして使われているのではないだろうか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 2日 (土)

スカルノ時代の国防大臣

昨日はパンチャシラの日、あちこちで記念行事が行われている。TVはブリタールの行事とジャカルタでの式典の模様を報じていた。先日の国防省の歴史で同省のサイトにはスカルノ時代が欠けていたが、他の資料によるとちゃんとある。それによると;
ハメンクブヲノIXのあと、
53年から Iwa Kusumasematri、その後
Burhanuddin
Ali Sastroamidjojo
Juandaと続き
59年から A.H. Nastion時代を経て
66年 Soehartoになっている。
国軍司令官、国防大臣、調整大臣ともにこなしたのはWiranto将軍だけのようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 1日 (金)

ブンカルノ大学のスカルノ像(2)

00dsc04620_2

と言う同名のブログでチキニ通り(昔はプガンサアン・チムール通り)のブンカルノ大学にスカルノ像を探しに行き、果たせず像は既にスカルノ・ハッタへの飛行場へ行く道の像になったのではと推定したが、昨日しつこく攻めた所実際ブンカルノ大学にちゃんとあったのである。スカルノハッタ飛行場への道の像も右手を高く上げているのが推定の根拠であったが左手は、こちらは本を手挟さんでいる。
この像は2010年の独立記念日にRahmawati Soekarnoの肝いりで、Blitarの彫像家が制作したもので10メートルの高さがある。その年の独立記念日に除幕式をしたことがLiputan6で報じられていたが、除幕式には政敵?Megawatiは現れなかったがSurya Paloh、Eros Djarot、Rizal Ramliなどそうそうたる顔ぶれで、青い着物のDewiさんが光っていたそうだ。
何故ここに至るまでこの像の有りかがわからなかったかは以下の困難があったからである。 
00bunkarno_univ

あのチキニの道にバスストップがあり確かBunkarno大学前だったと思う。その通りにBunkarno 大学の正門があるが、その隣に雰囲気ぴったりの場所、インドネシア大学(FKUI)のMikrobiologi部門があり此方がブンカルノ大学の出口だと思っていたのである。共に中は袋小路みたいで赤い瓦屋根の小さな倉庫風学舎がいくつもあり、最初行った時はUIの方に行き、尋ねたがそんな像はないと言われたのみで隣ではないかと助言もなかったからである。写真は数年前のもの。 2回目に行った時はBunkarno大学は閉まっており、外から覗いたがブンカルノの胸像のみが見えたのでUIでの言葉もあり共に無いと結論したのである。その後Liputan6の報道写真は取っていたので、これで突き詰めて見ようと再度出掛けた所、
00dsc04623_2


Bunkarno大学の正門はチキニ通りのではなくこれをぐるっと回りデポネゴロ通りへ出てチキニ病院の手前のチリウン側に出る手前の小さなキミア通りを左折し丁度裏手ぐらいに回ると更に細い道の奥にBunkarnoのキャンパス正門があり、そしてそこにスカルノの像も立っていたのである。 写真はキャンパスから入口の道の方を写したもの。
このKimia通りは行き止まりで戻るにはサレンバのUIに行くデポネゴロ通りにもどり、サレンバのUIから更にクラマットを北上し左のラーデンサレーに道を取ると最初のチキニ通りに出てくる。まあ不便なところではあるが、キャンパスでは多くの女学生の頬笑みをみる事が出来た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »