« チデン抑留所とオランダ・レストランTrivelli | トップページ | 安易なグロスアップには注意を »

2012年7月 5日 (木)

又もタムリン銅像(3)

というタイトルのその(2)を昨年9月に書いた。その時はタムリン通りにタムリンの銅像を立てる計画があり、予算もついているという内容であったがそれがついこの6月に実現した。
00dsc05080


場所はタムリン通りの始まりのモナス寄りのクブンシリ通り入り口である。
小生が未だ日本に居る時の報道で知ったので今日見に行って来た。生憎曇りで車内から撮ったので出来ばえは悪い。その(3)と言う事はその(1)がクナリ地区の元自宅庭に立っている銅像でその(2)はモナスの国立博物館よりの半身胸像である。
完全に数えた訳ではないが ジャカルタにはスカルノが4つ、スデイルマンが3つ、タムリンが3つである。
これらの他の政治家の像はあるか今は思い出せないが、スラバヤには英雄の日に市民をふるい起させた時のスラバヤ初代市長の銅像があったはずだ。

|

« チデン抑留所とオランダ・レストランTrivelli | トップページ | 安易なグロスアップには注意を »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 又もタムリン銅像(3):

« チデン抑留所とオランダ・レストランTrivelli | トップページ | 安易なグロスアップには注意を »