« 鉱物資源の輸出規制 | トップページ | クラパガディンの教会に学ぶ »

2012年7月22日 (日)

6月は日系製造業の新規進出ゼロ

最近の企業進出のニュースはさみしい限りである。日本企業ニュースとしては進出済みの企業のマーケティング・ニュースのみである。それは又消費材関連企業に限定されることになる。消費と言う生活面からは朗報になるかもしれないが割愛してついでにインドネシア投資環境で悪い面を知っておくのも必要だ。以下

6/4  在ジャカルタ日本大使館の非常勤職員の元邦人女性が補修作業員に殺害さる。
6/12 未精錬鉱物資源の輸出規制:日本政府はWTOに提訴の構え。
6/13 世界主要214都市中ジャカルタの物価高61位に、前年の69位より更に悪化
6/14 今年のイ経済成長率をさらに下方修正6.1%→6.0%:世銀。来年は6.5%
6/14 イ人介護士候補が自動車部品工場で不正労働していた疑いで摘発
6/14 パプアで銃撃事件相次ぐ:分離独立派副委員長が治安当局に射殺
6/15 住宅・自動車・二輪車ローンの頭金規制スタート、二輪車販売に影響大
6/19 MM2100工業団地で金属労連による6千人規模のデモ、アウトソーシング反対
6/26 昨年の麻薬使用者約400万人、総人口の約2.2%相当。

数による圧力デモに屈し工場派遣社員は正社員化、アウトソーシングは完全に不可となる。派遣会社も全滅か

|

« 鉱物資源の輸出規制 | トップページ | クラパガディンの教会に学ぶ »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月は日系製造業の新規進出ゼロ:

« 鉱物資源の輸出規制 | トップページ | クラパガディンの教会に学ぶ »