« リム・スー・リオンの幽霊屋敷 | トップページ | 厳格となった荷物検査の中の優しさ »

2012年7月26日 (木)

見違えるパッサール・マエスティック

80年代は家族で食糧の買い出しに出掛け、90年代はゴルフのあと友人と出掛け、2000年以降足も遠のいていたパサール・マエスティックであるが、00dsc05118

00dsc05126

00dsc05122


6月のニュースでショッピング・モールが出来たと聞き7月のある日見学に出掛けた。パッサールは全体の周辺部分に店が連なりその前を道がぐるりと一周するがその真ん中をこの新築のビルがドンと位置する形である。ビルの周りは昔の通りの店の並びで客は少ないのに渋滞している。ビルは3階~4階建てで未だ全部入居出来てないが、衣料の小さな店が目について地下にも店があるようだが1階だけをグルっと回って終わりである。このモールの名前は写真からPasar Jaya Mayestikとなっているのでここはジャカルタ市の地方企業Pasar Jayaがやっている事が解る。オープンの式にはファウジ市長も来賓され祝辞を述べていたが 折角きれいなビルが建ったので汚くしない様特にSayur-Mayur屋に野菜の切りくずで汚さない様注意していた。
市場の真ん中だけがきれいになっただけで、ここで食事できるような店は少ない。ブルシセハットの緑レストランだけかもしれない。

|

« リム・スー・リオンの幽霊屋敷 | トップページ | 厳格となった荷物検査の中の優しさ »

ジャカルタ(人)の暇つぶし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見違えるパッサール・マエスティック:

« リム・スー・リオンの幽霊屋敷 | トップページ | 厳格となった荷物検査の中の優しさ »