« クラパガディンの教会に学ぶ | トップページ | 見違えるパッサール・マエスティック »

2012年7月24日 (火)

リム・スー・リオンの幽霊屋敷

00p7210231

00p7210236


6月10日にインドネシアの嘗ての大富豪tycoon Liem Sioe Liongがシンガポールで97歳の人生を終えたニュースが流れてあのクマヨランに行く時目にする建物が嘗ての彼の住宅であったことを知り驚いた。1998年のジャカルタ動乱の時標的にされ黒こげの幽霊屋敷に変わってしまって今はそのまま放置されている。今、前の道は渋滞の車でヤッサモッサしているので大富豪の住む場所ではない。
裏にでも何かあるかと先の線路伝いに歩いて見たがなにもなくすごすご帰ってきたが、本当はグヌングサハリを北から下って来て今のゴールデンブティックホテルの手間から左折する道Genung Sahari VIが正門に繋がる道らしくそこにホワイトハウスと言われる住宅が有り、3男のAnthony Salimが毎日ビジネスから帰ってくる。リムスーリオン・スドノサリムが1970年代に初めて持った自宅不動産であるのでグループを継ぐアンソニーは真面目に受け継いでいる。

|

« クラパガディンの教会に学ぶ | トップページ | 見違えるパッサール・マエスティック »

現代企業・人物フーズフー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リム・スー・リオンの幽霊屋敷:

« クラパガディンの教会に学ぶ | トップページ | 見違えるパッサール・マエスティック »