« 聖フインセンティウス抑留病院はここか | トップページ | 又もタムリン銅像(3) »

2012年7月 4日 (水)

チデン抑留所とオランダ・レストランTrivelli

あの悪名高かった日本占領時のチデン抑留所の場所も遂に発見。地名はJl. Tanah Bang 2の108番地あたりである。
00dsc05020

行ってみると道路はかなり広くそれでいて閑静な住宅地になっており、周りにはもうビル群にも占められ思い起こすよすがも無い。目印となったのはオランダ時代をしのんだレストランだったが、そのレストランも店を閉め移転していた。未だ間が無いと見え門柱に張り紙がありJl Persatuan Guru No.7であり、それはここから直ぐ近くだと解りそちらに向かう事にした。
00dsc05024

00dsc05032

レストランはなかなか趣きがあり、内部は個室もいくつもあり 店内壁じゅうにポスターや写真或いは骨董品、昔の家具類がびっしり。
これは良い所に出会えたと思ったら ビールもワインもないノンアルコールの店でがっかりである。リスターフェルも供されるが前もって予約が必要との事、昔風のドリンクに喉を潤したが
持ち込みが良いかは聞かなかったので電話するとよい。店名:Huize Trivelli (62)21-3865803である。

|

« 聖フインセンティウス抑留病院はここか | トップページ | 又もタムリン銅像(3) »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チデン抑留所とオランダ・レストランTrivelli:

« 聖フインセンティウス抑留病院はここか | トップページ | 又もタムリン銅像(3) »