« RRIとVoice of Indonesia | トップページ | 赤いレイ掛けて »

2012年8月26日 (日)

Jakarta Tallest Building

00wisam_nov_30_08_009


最近ジャカルタの不動産業者JLLがジャカルタの高層ビルが2015年までに150になると予想していた記事があったが別の資料を見ると、現在120ケ所程あり、予定の物を数えても150になるのは確実である。 JLLのリポートでは現在の数値が違うが、記事では2009年から40増えて現在75となっており、2015年に倍増の150となり更にその後5年の2020年には100増えて250となるとしているが、この背景には経済の好況下企業のオフイス需要増大や大企業化或いは国際的投資家がインドネシアに戻って来て居る事とがある。 現在オフイス需要はひっ迫しているものの、バブルも気になる。
そうなるとジャカルタは灰色のコンクリと動かぬ車の死の街となってしまう。この読みは2020年完成計画の638メートルのSignature Towerが何時着工するかである。これはMy Brog 「ジャカルタに638メートルのビル計画」で紹介したが、それまでは通称Wisma46がジャカルタトップを続けるだろう。Wisma 46を超える計画もいくつかあるが、これらは動かないと見ての判断である。

|

« RRIとVoice of Indonesia | トップページ | 赤いレイ掛けて »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Jakarta Tallest Building:

« RRIとVoice of Indonesia | トップページ | 赤いレイ掛けて »