« インドネシア独立宣言の場 | トップページ | レバランを前に »

2012年8月17日 (金)

Sastrowardoyo と Aboyowewono

Dian Sastrowardoyoに惹かれたのはその名前かもしれない。 2004年に最優秀女優賞を取った時のニュースでSastrowardoyoが耳に残ったか或いは彼女の華麗な叔父たちの事績に接したからかもしれない。華麗な親族の二人だけ上げると
Subagio Sastrowardoyoはマデウン出身で1924年生まれ、1995年に没した。詩人、短編作家、バライ・プスタカの理事を務めた

Sunario Sastrowardoyoはマディウンで1902年生まれ1997年に亡くなった。インドネシア協会の役員も務め1953年外相、1956年英国大使を務めた。定年後は1960年IAIN大学(~1970年)やディポネゴロ大学学長に就任してい
る。

名前にひかれた理由の一つに昔ドイツでルームメイトした友人が似た名前とは言えないが確かAboyowewonoと言う名前であったことだろうか。1990代に人探しの広告を打ったが駄目だったのでそのままになったがこのネット時代未だ可能性がるかもしれない。あれば人生が変わるかもしれない。。。

|

« インドネシア独立宣言の場 | トップページ | レバランを前に »

現代企業・人物フーズフー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Sastrowardoyo と Aboyowewono:

« インドネシア独立宣言の場 | トップページ | レバランを前に »