« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月の投稿

2012年9月29日 (土)

ミエ学園は今

00p9220197


ずいぶん前にミエ学園が創立されたニュースを記憶しているのであるがふと思い立って訪ねて見た。色々インターネットを当たったが思いのほかヒットしないなか、日本国大使館のホームペイジの中の日系人団体リストに福祉友の会が紹介されそのe-メイルywp@mie-gakuen.comとその住所があった。
福祉友の会は戦後インドネシアに残留した日本人によって1979年に設立され、日系社会への福祉活動、奨学金給付、インドネシア・日本との友好親善の促進等活動を行っているヤヤサンであるが現在は3世の世代となっている。
ミエ学園は小倉ミエさんと言う方がその浄財を福祉友の会に寄託しその財源で日本語学園を作ったものであった。確か1994年頃で、小倉ミエさんは日本占領中海軍施設で勤務していたが、多くのインドネシア人に助けられ帰国が出来たお礼の拠金だったとかとか聞いている。 我々日常業務の中では何かお手伝いでもと思っての訪問であったが行った日は偶々事務所は閉まっていて、情報も無く帰ってきた。念の為電話してみたが、もう学園は閉鎖したと言う様な事であった。
後日談(12年11月):知り合いの方からの情報で下のコメント欄のとおり閉鎖はしていないとお教えいただいたので修正しておきます。
17年8月:ミエ学園と福祉友の会については上坂冬子女史による「南の祖国に生きて」(1997年)という著作に詳しい。又現在でも、学園も友の会も3世の方々が頑張って引き継いでおられることを知ることが出来る。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年9月26日 (水)

クバヨラン・バルのナマズ

00p9200151


00p9200153


00p9200149


クバヨランバルのウナギと言う題でブログしたがあれはクバヨラン・ラマ間違いであったので直しておいたが、ウナギも間違いと言えば間違いである。路上で売っていたナマズが細かったのでウナギと断じたが、又も運ちゃんによると時にはウナギも並べられるそうだから今となっては写真判定するしかない。今年の日本でのウナギの品薄で値段も2-3倍するようになり、殆どが輸入品で輸出国3番手位にインドネシアが顔を出していた。インドネシアも将来の宝を無くさない様シラスの輸出禁止としたそうだ。
グランド・ウイジャヤの南側を散歩していたらこんな陸の奥にも生きている魚を売っている魚屋があり、異常な気がした。その前は朝夕時でも開けるのか市場の屋台が太陽にさらされていたが、この辺りもダルマワンサと
と言う高級住宅地の一角なのである。ここより南がCipeteである。ウナギはbelutと言いナマズのLeleの値段の数倍である。LeleはGorengで供するようであるが、インドネシア人もLeleの育ちが汚いと言って食べない人もいるようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月25日 (火)

JAK-JapanとJKT-48

JAK-Japanが始まった。23日から30日まで、後はモナスで神輿担ぎである。モナスを開放させたのはこの日本祭りが最初で今年4回目で、昔感心したことがある。ジャカルタ州政府や大使館が共催、JJC ジャカルタ新聞が後援し尚多くの企業が応援している。実行委員長は昨年までの黒田さんに代わりシナールマスの小林さんとなったが、彼が未だいるとは驚いた。たしか1991年ごろだったと思う同世代である。
00p9220228

00p9220219

00p9220231


それと関係あるかは知らないがJKT-48も活躍中である。JKT-48の常設劇場があるスディルマンのFXモール付近は大渋滞で、劇場に行くとインドネシアの青少年が写真帳片手に公演待ちでごった返している。 プロダクションの方も来イして、レストラン鳥元でお会いした。移籍したのは高城と仲川さんである。そう言えば鳥元の大将もJKT-48の現地コーディネーター(自称?)だそうだから、公演内容など聞きたければ聞いて見ると良い。
最後の写真が鳥元にあるポスターである。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年9月23日 (日)

8連装で処理出来る高速料金所

00dsc04984

00dsc05131

ガトットスブロトの飛行場方面への高速道路入口はいつも込んでいたが最近それを感ずることがなくなった。 料金ポストが8連装のものが出来たとか運ちゃんが言うし見た目にも長い料金所なのでチケットを切るポストが4つずつ並んでいるのであろうと思っていた。昨日確かめにわざわざ飛行場方面に出掛けて見た。入ってみると確かに長いので一度の4台くらい処理できそうであるが、実際は料金ポストは片側2個しかない。一つよりましではあるが良いアイデアだったのに少しがっかりもした。 一度にそれだけ処理して入れても高速道路そのものが込んでいるので意味が無いことになったのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月22日 (土)

POLDAの13分署

POLDAは州に当たるDKIの地方警察であるが、この下に13の分署がある。00polda_metro_selatan_nov_08_033_2

00p9200170


いつも目にするのは、何時だったか友人がBMで車の盗難にあい届けたことのあるJakarta Selatanの警察署である。このクラスの警察署はPOLRESと略称されここは正式にはResort Metropolitan Jakarta Selatanである。他にPolres Metro Jakarta Pusat, 以下Poresを省略する。Metro Jakarta Utara, Jakarta Barat, Jakarta Timur, Tangerang Kota, Kota Bekasi Kota, Kota Depok, Kota Tangerang, Kota Bekasi, Kota Bandara Soekarno-Hatta, Pelabuhan Tanjung Priok Kepulauan Seribuであるが、Selatan以外は思い出せない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月18日 (火)

アンチョール ゴルフはエコパークに

00p9150213

00p9150218

昔よく行ったゴルフ場を、何年も行かないまま忘れていた事、そして2ケ月毎に頻繁にジャカルタを訪れているにも関わらずキャッチ出来なかったそのゴルフ場の消滅ニュースに衝撃を受けアンチョール(Taman Impian Jaya Ancol)のゴルフ場を訪ねて見た。このゴルフ場Padang Golf Clubは、もうかれこれ1年強も前にオーシャン・エコパークと言うEdutainmentの施設に生まれ代わっていたのだ。
感心しないWeb Siteなので生まれ代わったエコパークをうまく説明は出来ないが、この様なコンセプトの奔りはロスアンジェルスのEdendale,らしい。 小生なども何年にも行かなくなったゴルフ場だけに、やはり赤字に苦しんでのアンチョールのオーナーPT Pembangiunan Jaya Ancolのアイデアだったのであろうが、訪れた日は閑散として入場料の値段看板がむなしくその理由を訴えてゐた。
設備は小生には理解不能なOutbound、Paintball、Ecoboatやその他 Deer Island、Bird Island、Learning Farm、Jogging Track、Jalur Sepeda、Adventure Tourなどかなり高い値段を英語で表示してあったが、解らないまま後にした。それにしても30万ルピアもあれば(高いな)家族で1日遊べる仕組みになっているようだが年間14百万入場人数の胸算用は狂ったのではないかとゴルフびいきの小生には思える見学であった。
次に予定されているイベントはFlora Fest 2012で9月23日から10月14日まで行われる。詳しくはPT. Pembangunan Jaya Ancol Tbk., Departemen Corporate Plan; sdri Sofia Cakti/ Nicke Putri di nomor (921) 6454567まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月15日 (土)

クバヨランラマ市場のウナギ

00p9080262

新装なったPasar Majestikから程ない所にPasar Kebayoran lamaがある。このような伝統市場はあちこちにあり、今や街の渋滞の根源となっている。嫌がる運ちゃんを叱咤してクバヨランラマに行ってもらった。大分前にそちらに向かう陸橋が出来たのでKL市場は 橋のたもとの外れに位置する事になり大きくUターンして戻ってこなければならない。そしてその陸橋がまたぐ線路を超える所が渋滞の原因であるが両脇にに屋台の店を張り出した間を通るので通り抜けるのに相当掛かる。
00p9080272

その代わりゆっくり見学できるのであるがその一つにウナギがあった。桶に何十匹も入ってゴニョゴニョ動いている。
これがあのウナギなのか疑問がわいた。最近インドネシアのいウナギ養殖の話を良く聞くので、ウナギと思ったがそういえばインドネシアには似た物があることを思い出した。よくウナギの絵を書いてLeleとか言う魚を料理する屋台があるあれである。あれはウナギというよりナマズかもしれない。再度真相を探らねばならなくなった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月14日 (金)

まぼろしのBelmont

002012_0329_164008dsc03568


このBROGでもう取り上げたBellagioとBellezza複合モールであるが、これはGapura Prima グループが手掛けたものであるが後一つBermontなるものがあって、これで三つのBがつくおしゃれモールとなる訳であったが、いい加減な地図だったので2度も探しまわって諦めた。
00aa_jakartabelmontresident1


どうもこちらは建築中のようで、Gapura Primaに聞くと所在地はJl..Lapangan Bola Meruya Hilir (5890-3588)であった。 下の写真がそれとは思えないがGapuraのBermontの広告にあったものである。
BellezzaはPermata Hijauにあり、BellagioはMega Kuninganにある。どちらも高級住宅地である。複合と言うのはBellagioの場合 5 in 1とも称し、5とはアパート、ホテル、オフイス、ショッピング、事務所(Perkantoranが二重に記載あり)である。
Gapura Primaは創師 GS Margonoで、Perdana Gapuraprima Tbk, PTとして上場、この他にApartmen the Eastern(Bekasi)、CBD Serpong、BandungTrade Center、Bekasi Trade CenterBukit Cimanggu City (Bogor), Metro Cilegon (Cilegon), Anyer Palazzo (Anyer), Taman Raya Cilegon (Cilegon), and Taman Raya Citayam (Bogor). Bukit Cimanggu City (Bogor), Metro Cilegon (Cilegon), Anyer Palazzo (Anyer), Taman Raya Cilegon (Cilegon), Taman Raya Citayam (Bogor).を持ち、これらを子会社 Sumber Daya Nusantara等に持たせた持ち株会社である。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月12日 (水)

POLDA、昔KOMDAKの高層ビル

00p9050128

00dsc02240

00006


最近初めて気付いたのだが、いつの間にかジャカルタ警察本部に高いビルが出来ていた。スディルマンからの入る赤門はいつも目にしていたが、ガトット・スブロト通りからの入る方は余り気がつかずに通り過ぎるからである。手元にある2010年3月の写真には何故かビルの姿がない。(対角線右の死角にある)
このビルはちゃんと高層ビル一覧にもリストアップされ、それによると24階建の105メートル、2010年築である。最上階にPOLICEと大きく表示している。
ここは昔からKOMDAKと略称して呼ばれ、ジャカルタ居住の外国人はここに居住登録し、証明書STMを貰わねばならないので、よく知られているが、エージェント任せで本人が出頭したことは無い。KOMDAKと言うのはKomandan Daeraha Kepolisian の略で以前の単なる
Kantor Besar Police Jakarta が1965年から変わったものでその間いくつかの変遷を経て、既に1980年に現在のKepolisian Daerah POLDAになっていた。Poldaの後ろに付くのは州名でありジャカルタの場合Metro Jaya 或いはMetropolitan Jayaと言っている。このMetro Jayaを付け出したのはAli Sadikin市長である。それにしてもそんな昔の1980年にKOMDAKがPOLDAに変更になっていた事を知って、永くKOMDAKと言う名前で呼んでいた小生は狐に抓まれたような気がした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月11日 (火)

景気はそろそろ陰りか小休止?

8月の投資環境トピックスはそろそろ陰りか小休止?
世界不況で輸出は減、資本財で輸入は増、工業生産 やっと6%台、マンション年内にピーク迎えるとも予測。日本総研もイ景気過熱リスク小と分析
だけどニュースはいっぱい。

8/1  輸出上期は前年同期比1.76%減の968億ドル、輸入同期は15.35%増の964億ドル。
8/3  アストラ・いすゞ、カラワン工場建設計画、投資1兆ルピア、トラック生産。
8/8  民主党の資金バックの女性実業家が中スラウェシの農園開発めぐる汚職断定
8/9  上場小売18社の上期純益、前年同期比56.37%増の1.10兆ルピア
8/11  Q2の首都圏工業団地価格、1,940,654ルピア/平米に上昇:前年同期比99%上昇
8/11  首都のモノレール建設再び、国営企業相が意向。
8/13  7月自動車販売102,512台、頭金規制問題にもかかわらず単月最高記録更新
8/13  7月の二輪車販売は579,077台、1-7月は前年同期比10.5%減の4,291,431台
8/14  セントラル・オメガ・リソーシーズ、年産能力20万トンのニッケル精錬所建設へ。
8/15  ユニプレス(丸紅系)、自動車部品工 場開設へ
8/16  ジャカルタ高級住宅価格上昇率、Q2は前年同期比19.2%、アジア域内9都市中最大
8/16  丸紅、二輪金融メガ・セントラル・ファイナンス株30%取得へ、20億円。
8/21 来年の投資予想、今年見込みよりさらに30%程度拡大の390兆ルピア:BKPM長官。
8/24 イ中が共同で西カリマンタンにてアルミナ生産へ、投資額11億ドル
8/26 マドゥラ島でシーア派が襲撃され少なくとも2人死亡。兄弟で宗教対立
8/26 バリでダイビングしていた邦人女性が行方不明に。
8/27 ダイムラー、イでベンツSUV組立へ。
8/28 デンソー、イで第3工場建設計画、投資2億ドル、部品輸入量縮小へ。
8/28 大日本印刷、カラワン工場拡張中、投資30億円、包装生産能力2割増へ。
8/28 日本訪れるイ人観光客に数次ビザの発給開始へ。
8/28 バンドンでもMRT開発計画、パンへガルと中国国営機械輸出入社が契約
8/29 スラバヤでもMRT建設計画、来年入札と運輸省。
8/29 日イ第1回素材・資源産業官民対話、未加工鉱物資源の輸出禁止について協議
8/29 ジャカルタ日本人学校の、生徒数14年ぶりに1千人超える。
8/30 ソロで3回目の警察銃撃事件、テロ画策していたとしてイスラム過激派逮捕
8/30 イ統一時間の導入計画、来年に延期と経済調整相筋。
8/30 国営ペリンドII、北ジャカルタ・カリバル港着工コンテナターミナル3ヶ所建設
8/30 ガルーダ航空、2015年までに航空機保有数を194機に増やす、現在は92機運航。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月10日 (月)

Tarakanita BaritoとRadio Dalam

00p9090140

00p9090142


00p9090146


先月19日のブログタラカニタは秘書の名門学校のおさらいで昨日再度見に行って来た。TarakanitaはRadio通りでなくBarito通りであることが判った。昔日本人が誰もお世話になったHero Baritoは今取り壊され何か立つ予定の様だがそのHero Barito通りの向かい側がTarakanita中学校で、その道をWijaya方面に向かっての右側に幼稚園と小学校があった。 高校はここでなくWijayaの鳥元の裏手を下った所の様だ。
00p9090136

Radio Dalamの謂れは、昔ここにRRIの本社があったからだと言う事も解った。
RRIの訓練センターの近くに関係あるのか知らないがアンテナ塔が見え運ちゃんが指差すので写真にとった。昨日のタクシーの運ちゃんは休まれたMy 運ちゃんよりよく知っていたので以上のおさらいとなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 9日 (日)

Radio Dalamの謂れ

「00P9020179.jpg」をダウンロード
00p9020179


Barito 通りと A.Dahlan通りとの間にRadio通りが有り0から03迄の番号が付されているが、ここはこの間のTarakanita学校の裏である。Dahlan 通りはここからRadio Dalamと名前を変えてPondok Indahに向かう。Radioの名前があるから何か基地局などがあるのかなと思うがその様なものはない。かすかにAnteneと言う道路名がある所にRRIの研究センターがあった。正確には住所Radio Dalam No.4、RRI研究開発・教育訓練センターである。RRI続きで地名の謂れを訪ねて見たが今回はこの程度であった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月 6日 (木)

アトマジャヤ大学の図書館

00p7270059


会社の傍にある大学がアトマジャヤ大学なることは知っていたが、経理が出来る娘は居ないかなと思いつつ、余りかわいい子は居ないようだったので今日まで中に入ったことは無かった。ここはカトリック系の大学でインドネシアでは一番古い私立大学である。古いと言うことは名門であり、人気調査によると、3番手位になる。学部は8学部、そのS1 の後のMagister に2つを持つ。Pluitにもキャンパスがあり、そちらは医学部と病院を持っている。
海外の大学とは多く提携しており、米はイリノイ大学、豪州はNSW大学、クイーンズランド大学、ドイツは3大学、オランダも3大学、日本は神田国際大学(?)、だが韓国は5大学と提携している。
一度入って見ると自由に歩けるし蔵書85,000冊の図書館は一般に開放しているそうだから学生時代に戻りたい人は憩って見るのもいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 5日 (水)

ジャカルタ高層オフイス一覧表

Wikipediaにジャカルタの高層ビルの表があった。この間のEquity Buildingの韓国文化センターで韓国は韓国系のビルを持たないと評した時この表に日系のビルが出ていないことがわかった。未だ書き掛けだったようでかなり漏れがある。このリストはアパート、ホテル、複合施設等も含まれており全体で123件あり、又計画中のものとして24件リストがあったが、リストに計上する基準は不明であるので、漏れた企業は自ら追加記入されては如何であろうか。ちなみに日系についてはここで名誉の為補足しておこう。
Summitmas I & II  1985年&1992年  共に20F
Cakrawala(Skyline)  1974年  18F
Nusantaraはリストにあるが 1967年 30F、117mと高さが明らかでリストアップ出来たようだ。
一方JLL(Jones Lang LaSalle)のリポートはこの高層ビルは2009年で40しかなかったものが2011年には75となって3年間で87%伸びたというもので、JLL調査部長はリストアップの対象をSky Scraperとしており、その定義は無いが一般的には高さが150メートルだとのことであった。
00hsbc_sampoerna_012


150mの高さはSampoerna Strategicの高さである。漏れではないかとちょっと思い致しても、Inti Tower、Landmark、MNC、Mandiri, City Towerときりがない。と言う事でリストは不完全ではあるが150mと言うのも少し高すぎ、矛盾が生じているのかもしれない。
写真はHSBCビルからSanpoernaを望む。その隣のStandard Charteredも漏れている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 3日 (月)

最近の海外よりの対内直接投資の動向

昨日のJakarta Postの報道によると新しいBKPM長官Chatib Basri がBAPENNASでのスピーチを報道していたが大きな数字が並んでいたので整理してみた。スピーチの主旨は最近の大口投資の波に対して、受け入れのサービスを高めたいと言う事でトレースシステム等を上げているが、これらは何ら新味のあるものではない。
簡単にいえば、自ら不透明にしてきた環境を、いかにも新たに改善したという口ぶりなのだ。
ともあれ最近の大口投資がどんなものかリストを掲げて見よう
• 韓国Honam Petrochemical Corp. ペトロケミ・プラント$5,000mil(50億ドル:
• 中国国立開発投資会社SDIC、セメント・プラント      $3,000mil
• イタリア Pirelli タイヤ・プラント $126 mil
• フランスL’Oreal 化粧品プラント $125mil
• 日本 日本触媒diaper factory $300 mil
• UAE/Indo MEC/Nalco アルミ精錬             $3,000mil
• 日系Bhimasena Power 発電                 $3,700mil
• 中国 Huadian Engineering Corp 発電            $1,600 mil
他合計は206億ドルとなる。
インドネシアの予算からのターゲットは国内投資も入れて今年はRp 283.5 trillion で来年はRp 390 trillionである。(今年内外併せ約315億ドル)
本年1-6月の実績は148.1 trillion,内海外投資はRp 107.6(約120億ドル)で前年比30.4 percent の増加である。この中或いはこの下半期に上記の大口投資が入っているのであろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 1日 (土)

9月のガル-ダ

00p9010156


00p9010154

9月のGAジャカルタ便は夏休みも終わって少し安くなったと言っても未だ124千円もする。これは21日以上滞在のエコノミーで30日前予約とか言うものであるが、モット正確にお伝えしようと思ったがGarudaのホームペイジは愛そがなく、色々探しまわったが時間のロスなのでやめることにした。 夏休みは終わっても実際は多くの人が未だ遊んでいるようで9月1日のフライトは搭乗率99.9%である。普通はクルー用にあけてある最後の列33番の座席まで右から左ビッシリである。機内通関で係官が回ってきた最後の33番目は1時間以上かかっており、隣に座った日本の半ズボンの若者はイミグレカードの書き方が解らず、ブランクのまま出すのは良いが何とVisaの領収書が無く、機内通関が出来ず何の為高いガルーダに乗っているのだろうと言うことになる。
普通はcheck-In時にカウンターの人がVisaを確認するので、Visa忘れは無い筈のなのだが、、入出国カードの記入をして上げながら彼の旅程を聞くと20人の団体のサーフイングの一員だった。
これが満席の一つの理由でもあるが、ことほど左様に9月になっても、土曜日でも、最近はオリンピックでアスリートスタイルが闊歩し過ぎの、多くの人が未だ遊んでいると言う事を知って良い気はしなかった。
写真は荷物受取風景、余り遅いのでGold Card用特別サービス受取カウンターを冷やかしていたらその内ちゃんとそこに小生の荷物が届けられたのには驚いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »