« 最近の海外よりの対内直接投資の動向 | トップページ | アトマジャヤ大学の図書館 »

2012年9月 5日 (水)

ジャカルタ高層オフイス一覧表

Wikipediaにジャカルタの高層ビルの表があった。この間のEquity Buildingの韓国文化センターで韓国は韓国系のビルを持たないと評した時この表に日系のビルが出ていないことがわかった。未だ書き掛けだったようでかなり漏れがある。このリストはアパート、ホテル、複合施設等も含まれており全体で123件あり、又計画中のものとして24件リストがあったが、リストに計上する基準は不明であるので、漏れた企業は自ら追加記入されては如何であろうか。ちなみに日系についてはここで名誉の為補足しておこう。
Summitmas I & II  1985年&1992年  共に20F
Cakrawala(Skyline)  1974年  18F
Nusantaraはリストにあるが 1967年 30F、117mと高さが明らかでリストアップ出来たようだ。
一方JLL(Jones Lang LaSalle)のリポートはこの高層ビルは2009年で40しかなかったものが2011年には75となって3年間で87%伸びたというもので、JLL調査部長はリストアップの対象をSky Scraperとしており、その定義は無いが一般的には高さが150メートルだとのことであった。
00hsbc_sampoerna_012


150mの高さはSampoerna Strategicの高さである。漏れではないかとちょっと思い致しても、Inti Tower、Landmark、MNC、Mandiri, City Towerときりがない。と言う事でリストは不完全ではあるが150mと言うのも少し高すぎ、矛盾が生じているのかもしれない。
写真はHSBCビルからSanpoernaを望む。その隣のStandard Charteredも漏れている。

|

« 最近の海外よりの対内直接投資の動向 | トップページ | アトマジャヤ大学の図書館 »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャカルタ高層オフイス一覧表:

« 最近の海外よりの対内直接投資の動向 | トップページ | アトマジャヤ大学の図書館 »